『樹海村』(21)の神尾楓珠と山田杏奈が再び共演する映画『彼女が好きなものは』(秋公開)の追加キャストが解禁。今井翼、磯村勇斗、三浦透子、渡辺大知、山口紗弥加といった個性豊かな実力派俳たちの出演が明らかとなった。

本作は、ゲイであることを隠しながら生活する男子高校生の安藤純(神尾)とBL好きの同級生、三浦紗枝(山田)との恋愛を通じ、世間にはびこる“ふつう”という価値観とのギャップに向き合う男女の姿を描く物語。原作は浅原ナオトの小説「彼⼥が好きなものはホモであって僕ではない」。「腐⼥⼦、うっかりゲイに告る。」のタイトルでドラマ化もされ反響を呼んだ話題作だ。純の幼馴染みの高岡亮平を前田旺志郎、クラスのリーダー的存在の小野雄介を三浦獠太、紗枝の親友、今宮くるみを池田朱那が演じる。

このたび解禁となったのは、純と紗枝の脇を固めるキャストたち。純の恋人、佐々木誠役にはNHK大河ドラマ「麒麟がくる」の出演やミュージカル「ゴヤ -GOYA-」で主演を務めるなど俳優として飛躍を遂げる今井。結婚をして家庭を持ちながらもゲイであることを隠して生きる男性で、自分の性的指向やアイデンティティに悩む純にかつての自分を重ねるように優しく見守り寄り添う役どころだ。今井は「現場では、神尾くん演じる純を優しく包み込む気持ちを持って挑みました」と撮影を振り返っている。

磯村が演じるファーレンハイトは、純がSNS上のみで繋がっている友人。純が本心を打ち明けられる唯一の存在で、二人の間にはかけがえのない絆が芽生えていく。また、紗枝のBL好き仲間で腐女子の先輩、佐倉奈緒を三浦、奈緒の彼氏である近藤隼人を渡辺、シングルマザーとして純を女手一つで育てる母親の安藤みづきを山口が演じる。

“ふつう”を願いながら、“ふつう”になれない現実。“自分らしさ”の意味を考えながら、複雑で繊細な人間模様、彼らが選ぶ生き方をスクリーンで見届けたい。

<キャストコメント>

●今井翼(佐々木誠役)

「今回は、妻子を持ちながら同性を愛する役を演じさせていただきました。現場では、神尾くん演じる純を優しく包み込む気持ちを持って挑みました。思春期に抱える悩みはとても繊細で、自分の現在地に不安を抱えたことは、誰しもが経験したと思います。今作は、それらを透き通るように美しく描いた作品です。様々なことが社会に認知される時代を迎える中、より『自分らしく生きる』ことの意味を世代問わず、感じていただきたいです」

文/タナカシノブ