岡田准一主演のアクション映画第2弾『ザ・ファブル 殺さない殺し屋』(6月18日公開)の公開直前︕プレミアイベントが、ユナイテッド・シネマ豊洲で5月26日に無観客にて開催された。新型コロナウイルス感染拡⼤の状況を受け、6⽉に公開が延期となった本作。撮影の中断も乗り越えたことについて岡田は「いまの時代にエンターテインメントを届けると、自分たちに語りかけながら、おもしろい作品にチャレンジしました」と真摯な表情で挨拶をした。

岡田が演じるのは、どんな相⼿も6秒以内に仕留めるという伝説の殺し屋ファブル。今回は、過去の事件でファブルに因縁を持つ宇津帆(堤真⼀)が、彼の命を狙おうとする。イベントには岡⽥准⼀、⽊村⽂乃、堤真⼀、安藤政信、⼭本美⽉、江⼝カン監督が登壇。平手友梨奈は体調不良のため欠席した。

本作で主演と、アクションの制作や指導を務めるファイトコレオグラファーとしても参加した岡田は「やっぱり熱って電線するので、その熱を現場で作らないといけなくて。アクションは安心安全で、危ないことをやらないのは大事ですが、(やらないと言っていた)カメラマンさんが空中で吊られながら撮影をしたりして、信頼しあいながら、おもしろいものを目指していけたのは良かったなと思います」と手応えを口にした。

また、岡田は「スタッフと準備期間から打ち合わせをして作ったので、アクションはみんなの力です。文乃さんもめちゃくちゃ練習してくれたし」と木村をねぎらう。

本格的なアクションに初挑戦した木村は「気合を入れて、3か月くらい前から練習を始めたんですが、岡田さんは1個の課題をクリアすると、また新しい課題をくれるので、どんどん自分の首をしめちゃって」と苦笑いしつつ「でも、『アクションもお芝居なんだよ。対話なんだよ。ただの殴る蹴るじゃないよ』と岡田さんが初めて教えてくださった。すごい経験をさせてもらいました」と岡田を心からリスペクト。

木村と激しいアクションをかわした安藤も「僕はいままでいろんな映画でアクションをやってきたけど、岡田に会ってから、自分がアクションをやってきたなんておこがましいくらいに思って。全然よいしょしてるわけじゃなくて、岡田はマジですごいなと思った。最初は『なんで指導なんてされなきゃいけないんだ』と思ったけど、岡田の動きや、アクションの考え方や哲学を目の前で見て、すぐに『弟子にしてください。道場に通いたいです!』と伝えました」と岡田に感服したとか。

岡田とは「SP」シリーズなどで何度も共演してきた堤は、岡田について「岡田くんとは久しぶりに会うことが多いけど、どんどん身体が変わっていくんです。映画の撮影中は、胸板がすごかった」と感心したが、岡田は「でも、いまはなにも撮影してないんで」と恐縮しながら笑った。

最後に岡田は「エンターテインメントの大事さを求める想いは、緊急事態宣言を経験してありますし、そこで僕たちが闘っている意義とか、どうやって届けられるかと、すごくいっぱい考えた作品です」と語ったあと「前作を遥かに凌ぐ作品に仕上がったと思います」としっかりと作品をアピールしてイベントを締めくくった。

取材・文/山崎伸子