2019年4月期から2クールにわたって放送され、毎週二転三転するストーリーで話題沸騰。SNSを中心に考察が白熱し、Twitterの世界トレンド1位を5度も獲得したテレビドラマ「あなたの番です」。その劇場版となる『あなたの番です 劇場版』が12月より公開。このたび本作のストーリーが明らかになり、あわせてドラマ版に登場した“住民たち”がこぞってカムバックすることが発表された。

原田知世演じる菜奈と、田中圭演じる翔太。2人が“キウンクエ蔵前”に引越したあの日、もし住民会に出席したのが菜奈ではなく翔太だったら?そして交換殺人ゲームが始まらなかったとしたら?というパラレルワールドを舞台に展開する本作。平穏な日々を送っていた菜奈と翔太は、引越して2年後に晴れて結婚。住民会を通じて仲良くなったマンションの住民たちを招待して、船上ウエディングパーティーを開催することに。しかし、出港したクルーズ船の中で連続殺人事件が発生してしまう…。

ドラマ版に続いてW主演を務める原田と田中を筆頭に、ドラマ最終回に連続殺人事件の黒幕だったことが判明した黒島沙和役の西野七瀬、黒島と同じ大学の大学院生で黒島と恋仲になる“どーやん”こと二階堂忍役の横浜流星など、マンションの住民をはじめとした個性豊かな登場人物たちのほとんどが続投。発表された出演キャストには、尾野さん(奈緒)やシンイーちゃん(金澤美穂)はもちろん、刑事の水城(皆川猿時)と神谷(浅香航大)、そして何故か内山達生(大和田悠平)の名前も…。

“交換殺人ゲームが始まらなかった”世界で、一体住民たちになにが起こるのか。また、交換殺人ゲームがなければキウンクエ蔵前にやってこなかったであろう、二階堂や南雅和(田中哲司)、管理人の蓬田(前原滉)はどのようなかたちで登場を果たすのか。ドラマ版とは異なる新たなミステリーの幕開けに、期待は高まるばかり!


<キャストコメント>

●西野七瀬(黒島沙和役)

「『あなたの番です』が映画化すると聞いて、『どうやるの!?』と驚きました。ドラマの続きだと、私が演じる黒島は捕まっていて、あんまり出番がない感じなのかな…?と、今回の舞台がパラレルワールドだと知るまでは思っていました。撮影現場では、久しぶりに共演者の皆さんにもお会いでき、和気あいあいとしていて、とてもおもしろかったです。ドラマの時もあったのですが、本番中、笑いそうになるシーンを皆で我慢している感じが、一致団結していて、とても懐かしくなりました。今回は、舞台が船で、実際のデッキで撮影する所と、グリーンバックで撮影するところがありました。そのグリーンバックが、私が今まで見たことないほど巨大なセットで、どういうふうに合成され完成しているのか私自身楽しみなので、皆さんにも公開を楽しみにお待ちいただけたらうれしいです」

●横浜流星(二階堂忍役)

「ドラマの際には、自分が出演した作品のなかで一番かもしれないほど、沢山の方から『見たよ』と連絡をいただきました。多くの方から愛して頂ける作品に出演することが出来、とてもうれしく思っています。今回『あな番』の映画化は、まさかのパラレルワールドという切り口に驚きました。ただ、台本読んだ際、ドラマファンの方に楽しんでいただける内容なのはもちろん、ドラマを見ていなかった人にも楽しんでいただけるような、凄くおもしろい内容になっているなと、感じました。ドラマの際に多くの反響をいただきました、僕が演じる二階堂のアクションシーンですが、ドラマ台本のト書きでは、『二階堂忍のアクション』とは書いていなく、『横浜流星による7回は見たくなるアクション』と書いてあり、驚いたことが懐かしいです。映画のアクションは…どうでしょうね。このパラレルワールドの二階堂忍は、“弱くてへなちょこな奴”なのか、ドラマの時以上の、“アクション映画張りアクションを披露”するのか、そこを含めて楽しみにしていただければと思います!」

文/久保田 和馬