アムロ・レイとシャア・アズナブルの最後の戦いを描いた『機動戦士ガンダム 逆襲のシャア』(88)の映画公開から33年。その続編とも言える『機動戦士ガンダム 閃光のハサウェイ』が本日、いよいよ劇場公開となった。

同作のベースとなったのは、『逆襲のシャア』公開翌年から発表された富野由悠季による同名小説。『逆襲のシャア』にも登場したブライト・ノアの息子、ハサウェイ・ノアが反地球連邦政府運動マフティーのリーダーとして、アムロやシャアから受け継いだ理想や意志をどういう形で、どのように行動に移していくべきか悩む姿が描かれる。

ここでは、マフティー台頭に至る宇宙世紀の歴史を、各作品で描かれた戦争&紛争に焦点を当ててプレイバック。公開直前のざっくり振り返りに活用しよう!

■U.C.0079 一年戦争

「機動戦士ガンダム」(79〜80)で描かれた一年戦争。地球連邦からの独立を目指し、サイド3のジオン公国が宣戦布告。多くの人命が失われたコロニー落とし、MSの投入によって戦争の形が大きく変化した。

■U.C.0083 デラーズ紛争

「機動戦士ガンダム0083 STARDUST MEMORY」(91〜92)で描かれたデラーズ紛争。ジオンの残党デラーズ・フリートが地球連邦に宣戦布告。核兵器を搭載したガンダム試作2号機の存在、新たなコロニー落としが実行され衝撃を与えた。

■U.C.0087 グリプス戦役

「機動戦士Zガンダム」(85〜86)で描かれたグリプス戦役。ジオン残党の掃討が目的の地球連邦軍ティターンズが過激化。それに反発する組織エゥーゴと対立。ジオン残党アクシズを交え、三つ巴の戦争状態に入った。当時ハサウェイは7歳だった。

■U.C.0088 第一次ネオ・ジオン戦争

「機動戦士ガンダムZZ」(86〜87)で描かれた第一次ネオ・ジオン戦争。アクシズが「ネオ・ジオン」と名を改め、ザビ家再興を宣言。だがハマーン・カーン(声:榊原良子)の傀儡政権に反発する勢力の内乱により自滅の道を辿る。当時ハサウェイは13歳だった。

■U.C.0093 第二次ネオ・ジオン戦争

『機動戦士ガンダム 逆襲のシャア』(88)で描かれた第二次ネオ・ジオン戦争。新生ネオ・ジオン総帥のシャアが、全人類を地球から移民させる〈地球寒冷化作戦〉を立案。それを阻止すべく動き出したアムロとの最後の戦いになった。

■U.C.0105 マフティーの動乱

そして『機動戦士ガンダム 閃光のハサウェイ』で描かれるのは、マフティーによる動乱。強制的に民間人を宇宙へと連行する非人道的な政策「人狩り」を行う地球連邦政府。マフティーは連邦政府高官を暗殺するという苛烈な行為で抵抗を開始する。ハサウェイは現在25歳。

劇中の時間にして実に26年。宇宙世紀の人類は数々の戦争・紛争を体験してきた。その大きな歴史のうねりの中で、いかに人々は傷つき、希望を見出してきたのか。そして、『閃光のハサウェイ』で描かれる人類の運命とは?その答えは、ぜひ映画館で目撃してもらいたい!

文/編集部