2021年秋公開予定のソニー・ピクチャーズ エンタテインメントによる映画製作プロジェクト『DIVOC-12』。本プロジェクトの中核として映画制作を牽引する監督の一人、上田慎一郎監督チームのキャスト情報、さらに各作品のタイトルが解禁となった。

『DIVOC-12』は、ソニーグループが立ち上げた「新型コロナウイルス・ソニーグローバル支援基金」の支援活動の一環として、コロナ禍で映像制作活動において大きな影響を受けているクリエイターたちを支援する映画製作プロジェクト。本プロジェクトの中核となり映画制作を牽引するのは、『新聞記者』(19)の藤井道人監督、『カメラを止めるな!』(18)の上田監督、そして『幼な子われらに生まれ』(17)の三島有紀子監督。日本映画界を代表する監督たちそれぞれの元に、一般公募より選ばれた新人監督含めた9名が集い、共に映画制作を行う。

解禁となったのは、まず上田監督の作品『ユメミの半生』の主演に、出演作『ミュジコフィリア』(秋公開)、『桜のような僕の恋人』(22年配信)も控える松本穂香。松本は「今だからこそ、純粋に楽しめる映画をお届け出来れば嬉しいなと思っています」と意気込みを語っている。共演はNHK連続テレビ小説「半分、青い。」の小関裕太。小関は「約10分というこの短い世界の中に凝縮された様々な想いが、誰かの明日に繋がりますように」と作品への想いを語っている。

また、ふくだみゆき監督による『魔女のニーナ』の主演を『一度死んでみた』(20)やドラマ「知ってるワイフ」に出演した安藤ニコが務め、共演は、YouTubeチャンネル「HIMAWARIちゃんねる」で260万人以上の登録者数を誇る家族YouTuberのおーちゃんが決定した。安藤は「観終わった後に思わず鼻歌を歌ったり、踊って帰りたくなる様なとても明るくて楽しい作品になっていると思います」、おーちゃんは「とっても楽しくて感動する映画です」と作品をアピールした。

中元雄監督の『死霊軍団 怒りのDIY』の主演は「今日から俺は!!」をはじめドラマ、映画、舞台、CMで活躍、アクションのできる女優としての立ち位置も確立している清野菜名。「仮面ライダーゼロワン」で主演を務め、ドラマ出演が続いている高橋文哉が共演する。清野は「ブルース・リーをこよなく愛す中元監督作品を楽しみにしていてください!」と呼びかけ、高橋は「撮影現場では、主演の清野さん、スタッフの皆様が明るく振る舞ってくださり、すごくリラックスして楽しくお芝居させて頂きました」と撮影を振り返った。

さらに、一般公募から選ばれたエバンズ未夜子監督による『あこがれマガジン』では『ビューティフルドリーマー』(20)に主演し、映画監督、執筆家としても才能を発揮する小川紗良と、雑誌「non-no」の専属モデルのほか、女優としての活躍の横田真悠がW主演。小川は「私自身もどんな仕上がりになっているか想像がつかないので、楽しみです」と本作の出来に期待の様子。横田は1年半ぶりの小川との共演を振り返り「安心感がありましたし、とってもワクワクしながら取り組むことができました」とコメントを寄せている。

“感触”をテーマに掲げる上田監督チームが、コロナ禍で人と触れ合いぬくもりを感じる機会が減った今、映画を通じ私達に何を伝えてくれるのか。残る藤井監督チームのキャスト&タイトル解禁など、『DIVOC-12』の続報にも期待が高まる。

<スタッフ・キャストコメント>

●松本穂香(『ユメミの半生』主演)

「今も大変な状況が続くなか、行き場のない思いに、やるせなさを感じている方も多いと思います。そんな状況下、このようなプロジェクトに参加させて頂いたことで、いまの自分の気持ちを見つめ直すキッカケにもなりました。今だからこそ、純粋に楽しめる映画をお届け出来れば嬉しいなと思っています」

●小関裕太(『ユメミの半生』出演)

「このプロジェクトにお声掛けいただき、そしてその一員になることができ非常に嬉しいです。映画はその時代時代に、作られる意味を持って生まれているんだと思いながらいつも撮影に挑んでます。僕が今回参加させていただいた『ユメミの半生』は、観終わった後に夢や希望がもらえる作品。この時代、今僕自身が映画に欲しているテーマでした。約10分というこの短い世界の中に凝縮された様々な想いが、誰かの明日に繋がりますように」

●安藤ニコ(『魔女のニーナ』主演)

「観終わった後に思わず鼻歌を歌ったり、踊って帰りたくなる様なとても明るくて楽しい作品になっていると思います。短い撮影期間だったにも関わらず、おーちゃんやスタッフさんと撮影の合間に話したり遊んだりと明るい現場でした。泊まりがけの撮影だった為、ふくだ監督と作品やお芝居についてお話させて頂く時間も多く、貴重な経験をさせて頂きました。二人の少女の愛らしい友情と、成長する姿に是非注目して頂きたいです」

●おーちゃん(『魔女のニーナ』出演)

「初めて映画に出ました。とっても緊張したけど、ニコちゃんとたくさんお話し出来たしふくだ監督も優しくて、演技が上手に出来るようにいっぱい教えてくれて楽しかったです。ありがとうございます。また映画に出たいです。いろんな人にこの映画を見て欲しいです。とっても楽しくて感動する映画です。ぜひ見てください」

●清野菜名(『死霊軍団 怒りのDIY』主演)

「昨年から作品の中止や延期によって悔しい思いをした方々が沢山いらした事と思います。私もその中の一人です。そんな中でも必死に日本映画界を盛り上げようと全力で前を向いている皆さんの熱い思いに胸を打たれ、この度『DIVOC-12』に参加させていただきました。短い撮影期間ではありましたが、私にとってこの二日間はかけがえの無い宝物です。時間を忘れるほど無我夢中で撮影をしました。ブルース・リーをこよなく愛す中元監督作品を楽しみにしていてください!」

●高橋文哉(『死霊軍団 怒りのDIY』出演)

「こんにちは、高橋文哉です!『DIVOC-12』上田慎一郎監督チームの中元組に参加させて頂きました。撮影現場では、主演の清野さん、スタッフの皆様が明るく振る舞ってくださり、すごくリラックスして楽しくお芝居させて頂きました。このようなご時世の中で、皆様に笑顔をお届けできる作品となっていると思いますので、是非ご覧下さい!」

●小川紗良(『あこがれマガジン』主演)

「19歳にしてプロのスタッフに囲まれて映画を作れることに羨ましさを感じつつ、どこか学生時代を思い出すような懐かしさもある現場でした。エバンズ監督の思い描く不思議な世界観を、不思議で片付けずに、どうにか理解しようとみんなで歩み寄りながら作っていました。私自身もどんな仕上がりになっているか想像がつかないので、楽しみです」

●横田真悠(『あこがれマガジン』主演)

「エバンズ組に参加させて頂きました横田真悠です。小川紗良ちゃんと1年半ぶりの共演ということで、安心感がありましたし、とってもワクワクしながら取り組むことができました。衣装やメイクがレトロに仕上がっているので、懐かしいと感じる方もいらっしゃると思いますし、同世代の方にはどこかエモさを感じてもらえるような作品になっているので、そこに注目していただけると嬉しいです!」

文/タナカシノブ