菅田将暉とSEKAI NO OWARIのボーカルFukaseが共演する映画『キャラクター』の初日舞台挨拶が6月11日にTOHOシネマズ六本木ヒルズで開催され、菅田とFukaseをはじめ、高畑充希、中村獅童、小栗旬、永井聡監督が登壇。初めての演技で殺人鬼役に挑戦したFukaseが「監督から『いまの気持ち悪くなかったから、もう1回』と何度も言われました」と気持ち悪さが足りず、NGになったことを告白。小栗が菅田に「汁将暉」と命名するなど、笑顔いっぱいの舞台挨拶となった。

浦沢直樹作品を数多く手掛けてきたストーリー共同制作者の長崎尚志が、10年の歳月をかけて練り上げた企画を実写映画化した本作。菅田が、一家殺人事件の現場に遭遇して犯人を目撃してしまう漫画家の主人公、山城。SEKAI NO OWARIのボーカル、Fukaseが、山城と出会い運命を狂わす天才的な殺人鬼、両角(もろずみ)役を演じた。

菅田は「高校時代、僕にとってFukaseさんが初めて買ったCDのアーティストで、憧れの一人」と明かしつつ、「劇中の山城にとっても両角は、どこか無個性な自分とは真逆にいる、アイデンティティの塊の人。惹かれていくという関係性をFukaseさんと演じられたことが、すごくうれしい」としみじみ。「圧倒されました」とFukaseの演技を絶賛していた。

静かな狂気を漂わせる両角について、司会が「本当に気持ち悪かったです」と感想を語るひと幕も。Fukaseは「本当にありがとうございます」と大きな笑顔を見せた。「監督から『いまの気持ち悪くなかったから、もう1回』と何度も言われました。『いまのは感じがよすぎたよ。もう少し気持ち悪くいけるよ』って。だからそれは(気持ち悪いという言葉)褒め言葉です」と楽しそうに語っていた。

またSEKAI NO OWARIのメンバーの全員が公開初日に観てくれたそうで、Fukaseは「Saoriからは『これを演じながら、『silent』というラブソングを書いていたのが、マジでサイコパス』と言われました」と反応を語り、周囲を笑わせていた。

またこの日は、映画のタイトルにちなみ「実は私は○○キャラ」というお題に答えることに。Fukaseは「ひょうきんキャラ」とフリップを掲げ、「“暗くて寡黙”というイメージを持たれる。別におもしろいというわけではないですが、ずっとふざけています」と自己分析。菅田は悩みながらも「汁キャラ」と回答。「この10年ぐらい、汗、鼻水、涙をすごいかいてきた。そんな(役)のばっかりだなと思って。あと超汗っかきです」と語る。すると小栗は「汁将暉」といじりながら命名し、菅田は「やめなさいよ!うれしそうに!」と大笑いで待ったをかけていた。

取材・文/成田おり枝