嵐“初”のライブフィルム 『ARASHI Anniversary Tour 5×20 FILM “Record of Memories”』が、6月12日(土)夜、現在開催中の第24回上海国際映画祭(6月11日〜20日) Dolby Vision部門でワールドプレミアとして世界初上映された。本篇上映前には観客にサプライズで、メンバーを代表して松本潤のメッセージ映像を上映。映像内で松本は、新型コロナウイルスの世界的感染拡大を受け、 昨年中止になった中国でのライブについても中国語を交えながら触れ、「今回、映画という形にはなりますが、僕たちを待って下さっていたファンの皆さんへ、少しでも恩返しができたらと思っています」と本作を届けられる喜びを吐露。思わぬサプライズ映像に、会場では興奮して泣きだすファンも見受けられた。

嵐20周年を記念して、2018年11月から2019年12月まで1年以上に渡り、計50公演を開催。1ツアーとして、日本史上最大の累計237万5千人の動員を記録した「ARASHI Anniversary Tour 5×20」のツアー中、1日限りで開催したシューティング・ライブの様子を、堤幸彦監督ら錚々たるスタッフが撮影したライブフィルムとなる本作。嵐が5人だから見られた景色、観客が5人と一緒に見た景色を、125台のカメラで記録している。

世界初上映となるワールドプレミアの会場では、プレミアムチケットを手に入れた現地の観客200人が、会場となったマカライン・シネマ・ワールド(映画館)のドルビーシネマ環境で、本作を最高の音響、映像でいち早く体感。撮影が行われた東京ドームさながらの熱狂の渦に包まれた。

上映前のロビーでは、ファンが持参した嵐のグッズを掲げ、映画祭の看板の前で記念写真を撮ったり、交流したり、一緒に歌を歌ったりするなど、再び嵐に会えることを夢のようだと喜んだ。なかには、映画撮影が行われた2019年12月23日のライブを日本まで観に行ったというファンも。ファンは女性だけに限らず、男性も複数名、駆けつけていた。

上映中は観客が持参したうちわやサイリウムを振ったり、スクリーンに向かって声援が飛び交うなど、熱狂的な状態に。特にライブ会場での嵐ファンがスクリーンに映しだされる度に、劇場内は大盛り上がり。上映終了後は、感動のあまりに言葉が出ない観客が多く、涙で立ち上がれない人もいた。映画を観終わったファンは「嵐を大きな映画館で観られる機会をくれてありがとう!」「日本のライブにも行ったが、当時に一瞬で戻った」「5人が輝いていることに感謝。また機会があれば5人に会いたい」「北京のライブが中止になって、まさか上海で観られるとは思わなかった」「世界中の多くの映画館で上映されてほしい」「嵐は人生のなかの光で、常に励ましてくれた。また会いたい」と熱くコメント。ワールドプレミアは感動に包まれて終了した。

この日以外にもDolby Vision部門では全4日間で4回上映され、Gala部門では6月17日(木)にキャパ1300席の大会場で上映される。両部門同時上映は、上海国際映画祭史上初の快挙。なお、全5回分のチケット約2000枚は、発売直後に即完売し、プレミアムチケットとなった。


■松本潤からのメッセージ
上海国際映画祭へお越しの皆さま、こんにちは。松本潤です!
この度、「ARASHI Anniversary Tour 5×20 FILM “Record of Memories”」という僕たちの新しいコンサート映画が、世界ではじめて、ここ上海国際映画祭にて、ワールドプレミア上映となります。僕たち嵐は、2020年に中国でコンサートをする予定だった のですが、新型コロナウイルスの世界的な感染の影響を受けて、中止することになりました。非常に残念に思っています。そこ で今回、映画という形にはなりますが、この“Record of Memories”の上映をもって、僕たちを待って下さっていたファンの皆さんへ、少しでも恩返しができたらと思っています。この作品は、実際のコンサート会場にいるような生の臨場感が再現されています。僕たち嵐と、同じ空間で、同じ時間を共有しているかのような最高の映像体験が出来る特別なライブ映画になっていま す。今から思い切り、楽しんでいただけたら嬉しいです!
それでは、お楽しみください!ありがとう。


文/成田おり枝