古田新太と松坂桃李が共演する『空白』(9月23日公開)より4分超のメイキング映像が到着。緊張と緩和の入り混じる撮影現場の様子や古田のインタビューで構成され、映画の概要が垣間見られる。

『空白』は、第43回日本アカデミー賞で三冠を獲得した『新聞記者』(19)、実際の殺人事件に着想を得た『MOTHER マザー』(20)などを手掛けたスターサンズ&河村光庸が企画し、『ヒメアノ〜ル』(16)、『愛しのアイリーン』(18)などの吉田恵輔が監督を務めるサスペンス。

中学生の花音(伊東蒼)は、スーパーで万引きしようとしたところで店長の青柳直人(松坂)に見つかり、追いかけられた末に車に轢かれて命を落としてしまう。突然一人娘の花音を失った添田充(古田)は、青柳をはじめ周囲の人間を精神的に追い詰めていく。

今回解禁された映像には、被害者側である自分が加害者になるまでに他人を追い詰める添田役の古田の迫真の演技が切り取られている。メインロケ地である愛知県蒲郡市で撮影が開始される様子や、古田が作品について語るインタビューなど、本作を知る上で重要な映像が多く挿入された充実の内容に。また、古田や松坂に加え、田畑智子、藤原季節、趣里らキャスト陣がぶつかりあう様子も映し出され、作品への期待が高まる。

映像内の撮影当時の古田のインタビューでは「真相を暴くサスペンスではない」のがこの映画の見どころだと語られている。現代の罪と偽り、そして赦しを描きだす『空白』。結末にはどのような感動が待ち受けているのか?公開を楽しみに待ちたい。

※吉田恵輔監督の「吉」は「土」に「口」が正式表記

文/鈴木レイヤ