「DVD&動画配信でーた」と連動した連載「南沙良、ミニシアターを巡る 彗星のごとく現れる予期せぬトキメキに自由を奪われたいっ」。第12回は岩波ホールさん(後編)。支配人の岩波律子さんとの対談の模様をお届けします!
■「世界の人々の状況や気持ちを、映画を通して考える劇場でありたい」

南「ロビーの壁一面に貼ってあった歴代公開作品のチラシパネル、すごかったです!」

岩波「人気スポットなんですよ。来日した外国の監督さんにも『僕の国の作品だ!』って喜ばれます」

南「歴史が古いんですね。つくりがレトロですごくおしゃれです」

岩波「ここはもともと、私の祖父で岩波書店創業者の岩波茂雄の土地なんです。神保町の交差点で、すごく立地がいいでしょう。戦後、ここに地下鉄が3本も通るから、文化施設をつくってほしいと千代田区から父の雄二郎(岩波書店二代目社長)に要望もあって、1968年に建てたのです。当初はお芝居や演奏会もやる多目的ホールだったんですが、1974年からは映画に一本化しました。創立時から通っているお客様もいらっしゃいます」

南「先代の総支配人が、とても著名な映画人だとお聞きしました」

岩波「私の母の妹、髙野悦子ね。東宝に勤めてたんですけど、女性が映画をつくるのが難しい時代でした。そこで両親に、『嫁入り資金はいらないから、フランスの高等映画学院に留学させてくれ』って土下座したんですって(笑)」

南「その時代の海外留学、しかも女性。前代未聞ですね」

岩波「彼女が帰国した後でここのこけら落としがあり、父から手伝ってくれと言われて引き受けて以降、ずっと。たぶん髙野は日本初の女性劇場支配人です」

南「当時の岩波さんは?」

岩波「高校生でした。叔母の髙野に連れられて、溝口健二作品で知られる大女優の田中絹代さんと、近所のお寿司屋さんに行ったこともあります。私、田中さんから『お嬢様ッ、お嬢様ッ』なんて呼ばれてね。女子校の校長先生から叱られてるみたいで、緊張しました(笑)」

南「すごい話ですね…。当初髙野さんは、どういう方針で映画をセレクトしていたんですか?」

岩波「当時の日本映画はピークを過ぎて陰りつつあったんですが、海外では評価が高かったんです。それを知った髙野は、新作のロードショーではなく、日本映画の特集上映から始めました。また、当時の映画会社は男性社員ばかりで、女性向きの映画も男性が選んでいましたが、髙野は女性視点で選ぶことの重要性を主張して実践したんです。先駆者でしたね」

南「現在はアジア、アフリカ、中東など、世界中の映画を上映していますよね。いま(取材時点)はブータンの映画が上映中です」

岩波「いい映画だけど、なかなか日本に広まらない世界の作品を選ぶようにしています。世界の人々の状況や気持ちを、映画を通して考える場所でありたいんですよ」

南「岩波さんが二代目の支配人になった経緯は?」

岩波「私も若い頃にフランスに留学してたんです。あるとき髙野が『カンヌ映画祭に行くから、あんたも来ない?』って」

南「軽いですね(笑)」

岩波「会場周辺をうろちょろしてただけなんですけどね。そうしたら髙野が『あんた帰国したらどうするの?特に決めてないなら岩波ホールに来ない?』って。それが27、8歳の時。そのまま居着いて、髙野が歳を取ったんで私が支配人を引き継ぎました。髙野も亡くなっちゃって、気が付いたら私だけが残って最長老ですよ。名前も岩波だし、仕方ないかな(笑)」

取材・文/稲田豊史