中国で大ヒットした人気シリーズの第3弾となる『唐人街探偵 東京MISSION』(公開中)。本作は東京を舞台に、日本、中国、タイの探偵が協力しながら、難事件に挑むコメディあり、ミステリーあり、アクションありの全ジャンルメガ盛りの超絶エンターテインメント。日本から妻夫木聡、長澤まさみ、浅野忠信、三浦友和、染谷将太、鈴木保奈美らが参加している。渋谷、新宿、秋葉原、レインボーブリッジといった東京の名所でのロケが行われた本作の撮影裏話を、プロデューサーの鎌田雄介、プロダクション・マネージャーの福井一夫、東京ロケーションボックスの松本忠に伺った。

■「“できないこと”を“できる”にするためにはどうしたらいいのかを常に考えた」(鎌田)

――本日の取材場所は、劇中にも登場する浜離宮恩賜庭園内の「中島の御茶屋」です。どのようなリクエストがあり、この場所を撮影地として選んだのでしょうか?

福井一夫(以下、福井)「『(中国の制作スタッフから)バックに高層ビルが並ぶ日本庭園で撮影したい』という希望がありました。浜離宮恩賜庭園の情景を非常に気に入ったらしいのですが、都立の庭園なので、許可取りにはとても苦労しましたね」

松本忠(以下、松本)「開園の前後でしか撮影ができない場所でしたので、朝6時過ぎくらいから撮影して9時までに撤収。夜は閉園後の17時以降に撮影して21時に撤収という限られた時間での撮影でした」

福井「日本に3台くらいしかない45フィート(約13.7m)のクレーンを使用したのですが、搬入には苦労しました。通ってはいけない場所もたくさんあるので、経路を選びながら運びました。エンジンも付いていないので人力で押して定位置まで持っていくのは大変でした」

鎌田雄介(以下、鎌田)「本来はドローンを飛ばしての撮影を希望していたのですが、当時はちょうど、この界隈をドローンが飛んでニュースになったばかりで…。場所柄、ドローンを飛ばすのにも適していないということで、クレーンを使用することになりました」

福井「このサイズのクレーンは、日本ではミュージックビデオのPVや野外フェスで使われることが多く、私自身、撮影では一度だけ使ったことあるかなというくらい。(日本で)映画の撮影で使用されるのは珍しいものなんです」

鎌田「クレーンを使うこと自体も大変でしたが、夜の撮影ではさらに手間がかかりました。照明器具を立てて良い場所が限られていたため、『照明が立てられないなら、紐をつけて支えればいい』という考えでバルーンライトを使用しました。本作の撮影ですごく印象的だったのは、チームワークがすごく良くて、“できないこと”を“できる”にするためにはどうしたらいいのかを常に考えたことです。アイデアもたくさん出たし、中国の制作スタッフたちの対応がすごく早いことには驚きましたね」

■「彼らは知らないからこそ『撮りたい!』と主張し、諦めない」(福井)

――浜離宮恩賜庭園での撮影許可を取るにあたり、どのような苦労がありましたか?

鎌田「これまで、映画やドラマの撮影で使用したことのない場所だったので、松本さんには本当に頑張っていただきました」

松本「(冒頭で)福井さんも説明された通り、浜離宮恩賜庭園は都庁内の建設局が管理しているので、何度も相談に伺い、公園協会を通じて撮影許可をいただきました。庭園は文化財ですし、特に中島の御茶屋の撮影は、とにかく“書類を作り、説明に行く”の繰り返しでしたね。文字通り、東京ロケーションボックスのスタッフ総出で対応しました」

鎌田「中島の御茶屋はテラスで撮影したのですが、室内はセットを組みました。文化財なので、木戸を外すだけでもとにかく大変で。中が見えないようにカバーをかけて撮影すれば楽なのですが、そこは映像へのこだわりもあり、手間やお金がかかっても一番良いと思う方法を選びました」

福井「一度許可を取ったら、申請した通りのスケジュールで実行しなければいけません。変更はきかないので、“実際にやってみたら難しかった”と思うことも、内容を変えることなくやらなければいけない」

鎌田「良い意味で、こういった日本の都合を知らないスタッフたちでした(笑)。『ここで撮りたい!』という気持ちだけでリクエストしてきますからね」

福井「日本の情勢を知っている私たちからすれば『撮れないよ』と諦めてしまいそうな場所でも、彼らは知らないからこそ『撮りたい!』と主張し、諦めない。ここでしか撮れないし、ここで撮りたいという気持ちがストレートでしたね」

鎌田「それがだんだん、私たちのテンションを良い意味で上げてくれている気がしました。大変なことをやっているけれど、やらされているという気持ちは一度も湧きませんでした。発想は突拍子もないし、無茶も言うけれど、おもしろいから頑張ってみようという気持ちになりました」

■「映画の内容や撮影のイメージを伝えた想いが届いた」(松本)

――「こんなところでも撮影できるんだ」という発見がありそうですね。

福井「『諦めなかったらできるんだ』と思いました。秋葉原の中央通りを封鎖しての撮影などもその一つです」

松本「早朝の3時間しか撮影できないという制限があるなかで、撮影を予定していた2日間の前日に台風が来てしまったんです。振替はできないので実行するしかない。台風の通過後は風もなく天気はすごく良かったんですが、JRも私鉄も撮影初日の午前中まで運休を決めてしまっていました」

福井「もともと500人集める予定だったのが、結局は300人になりました。コスプレイヤーの方たちは準備に2〜3時間はかかるため、当初は終電で集合してもらい、休憩所で休んでから準備に取り掛かってもらうつもりでした。しかし、電車が動かないので移動が難しい。そこで、スタッフが利用するマイクロバスを10台走らせて、最寄り駅まではなんとか来ていただき、そこでみなさんをピックアップする方法で乗り切りました。スタッフはさらに早い時間から動いていたので、体力的にもかなり大変でした」

鎌田「秋葉原も、ものすごく時間をかけてやっと許可が下りた場所です。『以前のような秋葉原らしい歩行者天国を取り戻したい』という気持ちも高まっていましたし、映画に登場することで少しでもその応援ができればという考えもありました。そんな私たちの想いも汲み取ってくださり、警察の方も、地元の方もとても協力的でした」

松本「官民一体となった安全な街づくりを目指す協議会『アキバ21』という組織があります。そこに鎌田さんと一緒に足を運び、映画の内容や撮影のイメージを伝えた想いが届いたという感じです」

――(本編の映像は)秋葉原での撮影でなければ出ない空気感でした。

鎌田「そうなんです。撮影しやすい場所ならほかにいくらでもあります。でも、あのシーンは秋葉原でないと意味がないんです」

松本「いま振り返ると台風が来ただけで、撮影は事故もなく無事に終えることができました。初日は台風の影響で電車が運休していて人が少なかったこともあり、逆にラッキーだったとも思っています」

福井「最後のカットも8時59分にカメラを回し始めて…。二度目はないという状況でしたが、きちんと時間内に収まりましたしね」

■「今後も良い関係性を築きたい気持ちがあった」(鎌田)

――時間をきちんと守って、日本ルールに則っての撮影ができていたんですね。

鎌田「福井さんが中国のカメラマンとの信頼関係を築き、僕はチェン・スーチェン監督とこまめに話をしていました。言語も文化も違うけれど、これは遊びじゃなくて仕事だから、関係性がとても大事。その関係性を作るためには、コミュニケーションが必須です。だからこそ、お互いの『こうしてほしい』というリクエストを受け入れ、実現するという姿勢でいました。撮りたいカットを自分たちのやり方でやる、極端に言えば“強行突破”的な撮影もやろうと思えばできたはず。でもそれをやらなかったのは、今回だけでなく、今後も良い関係性を築きたいという気持ちがあったのだと思っています」

福井「良い関係性を保って撮影ができたのは本当に良かったと思います。海外での撮影はどの国でも、後日談として良くない話を耳にすることも少なくはないので」

――要望に応えるからルールを守ってくれた…とても良い関係性であることが伝わってきます。

鎌田「信頼関係ができていたからこそ、叶えてあげたいという気持ちにもなる。どんどん作業が楽しくなってくる相乗効果がありました」

福井「優秀な翻訳アプリのおかげで、通訳の方を介さずに、感覚的なことをダイレクトに伝えられたことも大きかったです。絶対に守ってほしいことを、口が酸っぱくなるほど相手に伝えられたので(笑)」

■「監督が求めている速さで走らせるためには、許可取りもアフターケアが重要」(福井)

――秋葉原に新宿、渋谷、レインボーブリッジと海外の方が興味を持ちそうな東京の名所がたくさん登場します。

松本「レインボーブリッジは上が首都高速、下には一般道路が走っていて、一般道路の両脇に歩道があるのですが、車道での規制はしない(撮影機材を車道に設置しない)ことを条件に、歩道のみでの撮影許可を東京都港湾局からもらいました」

鎌田「(浜離宮恩賜庭園の時と同じく)レインボーブリッジでの撮影もクレーンを運ぶのは人力でしたね」

福井「サイズが遊歩道の幅ギリギリのクレーンを、橋の中央までみんなで運びました。さらに、日本には1台もないかもしれない『ALEXA 65』というカメラを、中国から3台も持ち込んできていました。日本であのカメラを使って撮影したのは初めてだと思います」

鎌田「そのカメラをドローンで飛ばしたいというリクエストがありました。でも、日本で使ったことがないカメラであれば、乗せられるドローンもないわけで(笑)。ドローン製造の本場、深圳から見たこともないほど巨大なドローンを特注して持ってきていましたね」

福井「人を持ち上げちゃうぐらいのパワーがあるドローンです。ただ、結局『ALEXA 65』は搭載できなかったので、『ALEXA mini』を乗せて飛ばしました」

鎌田「また、陸ではドローンを飛ばせないので、レインボーブリッジの小脇から東京湾上に向かって飛ばして撮影しました」

――陸も海も満足な撮影ができたという印象です。

福井「川もあります。浅草橋での水上バイクのシーンです。水路で船を走らせるシーンなら日本でも撮影することはありますが、今回チェン・スーチェン監督が求めている速さで走らせるためには、許可取りもアフターケアが重要でした」

鎌田「川でいえば半分は中央区、半分は台東区、水路は隅田川と神田川も入ってくるので、管轄がバラバラなんです。さらに、はるか上流の人にも話を通す必要があったりして(笑)」

――画的に良いところを選ぶと、自然と不都合なこともついてくる感じですね。

鎌田「大変なことやハプニングもあったけれど、いま、こうやって取材を受けて笑い話にできていることがうれしいし、関わったスタッフはみんな誇りを持っていいと思います。『これだけのことをやり切ったんだ』と。日本でも、そして、東京でもこういうことができるという実績になったと思います」

■「『これぞ日本!』という映像がたくさん登場します」(松本)

――日本の映画製作にも良い刺激を与えてくれそうですね。では、たくさんの苦労を重ねて出来上がった作品のおすすめポイントをお願いします!

鎌田「映像の向こう側にはみんなの汗と涙があるというのを感じ取ってもらえる、そんな画力が強いものが出来上がりました。やって良かったと自信を持って言える作品です。ぜひ、楽しんでください」

福井「日本映画でできなかったことを中国映画に超えられてしまったことは、ちょっぴり悔しい思いもありますが、長年諦めてしまっていたことが感化されました。これだけの規模の作品を、次につながる形で撮影できたことを心からうれしく思います。日本映画が影響を受けて変わるきっかけになることも期待しています」

松本「『これぞ日本!』という映像がたくさん登場します。この映画が日本のPRとなり、『日本で撮影したい』という海外からの声が増えるような、誘致につながると考えています。私たちも大きなスクリーンで楽しみたいと思います」

取材・文/タナカシノブ