『時をかける少女』(06)や『未来のミライ』(18)など、夏休みシーズンに“ワクワク”を届けてきた細田守監督の最新作『竜とそばかすの姫』が、いよいよ7月16日(金)に公開される。心に傷を抱える女子高生が、現実世界と仮想世界<U>を通じて、周りの人々と関わりながら成長していく物語。「ずっと創りたいと思っていた映画です」と細田監督が意気込む今作の、メイキング映像「Making of 竜とそばかすの姫」が現在配信中だ。公開前にこれだけ充実したメイキング映像が見られるのは異例と言えよう。今回は、全10回となる配信から前半(#1~5)のハイライトをご紹介!

物語の舞台は自然豊かな高知の田舎町。幼い頃に母を事故で亡くして以来、父と2人で暮らしている17 歳のすず(声:中村佳穂)は、ある日、親友に誘われて、全世界から50億人以上が集うインターネット上の仮想世界<U(ユー)>に参加する。その世界で彼女は、「As(アズ)」と呼ばれる自身の分身を作り、「ベル」という名前でまったく別の人生を生きることに。母の死がきっかけで大好きな歌を歌えなくなっていたすずだったが、ベルの姿では自然と歌うことができた。すると、その歌声は瞬く間に<U>の世界で話題となり、ついに大規模コンサートが開かれることに。しかし、突如そこに乱暴で傲慢な謎の存在「竜」が現われ…。

■ディズニー作品を手掛けてきたアニメーターがベルのキャラクターをデザイン
#1「Making of 竜とそばかすの姫:細田守とクリエイター〜ベルのキャラクターが出来るまで〜」では、ピンク色の髪に大胆なメイクでカリスマ性を放つ歌姫、ベルのキャラクター作りにフォーカスする。キャラクターデザインを手がけたのは、『アナと雪の女王』(13)をはじめ、『塔の上のラプンツェル』(10)、『シュガーラッシュ』(12)など、数多くのディズニー作品を手がけてきたジン・キムだ。

今回、彼とのタッグが実現した経緯について細田監督は、「きっかけは『未来のミライ』が(第91回)アカデミー賞にノミネートされたこと」と説明。何度かロサンゼルスへ行くうちに知り合いになり、「『一緒に作品できたらいいね』という社交辞令みたいなことを言っていたら、本当に『やろう!』という話になりました」と振り返る。動画には、キム直筆の原画がいくつも登場。これまでの細田作品とは違った魅力を持つ、いきいきとした表情を浮かべる“ディズニープリンセス風”なベルは必見だ。さらに映像では、個性あふれる煌びやかなベルの衣装についても言及。これまでの細田作品の衣装デザインはスタイリストの伊賀大介が担当してきたが、今回は彼のアイデアで、フラワーアーティストの篠崎恵美、ファッションデザイナーの森永邦彦も参加していることが明かされている。

■新進気鋭のクリエイターが創りだした<U>の世界
#2「Making of 竜とそばかすの姫:細田守とクリエイター〜Uの世界を描く〜」では、本作の顔とも言える壮大な仮想世界<U>に注目している。大きな三日月に放射状の線が走る空、浮遊する建造物など、どこかレトロフューチャーを思わせる景色を生みだしたのは、細田監督たっての希望でオファーしたという、ロンドン在住の建築家兼デザイナーのエリック・ウォンだ。新進気鋭の若手作家であるエリックは、大学で教鞭をとりながら、架空の都市設計やイラストレーションを制作している人物。「『サマーウォーズ』で描かれた仮想世界OZの延長線上にある世界を」というオーダーに対し、フラットでグラフィカルなOZを踏襲した斬新な<U>を創造し、監督の期待に見事応えた。

■高知県がもとになったエモーショナルな自然の風景
未来的なSF世界が広がる<U>から打って変わって、#3「Making of 竜とそばかすの姫:細田守とクリエイター〜現実世界を描く〜」では、すずが暮らす現実世界の制作現場にカメラが潜入している。これまでも『おおかみこどもの雨と雪』(12) では富山県上市町を、『バケモノの子』(15)では東京の渋谷を舞台にするなど、細田作品は実在の土地をベースにしてきており、そのエモーショナルな風景のファンは多い。

今作の舞台に高知県を選んだ理由を、細田監督は「川が美しいから」とシンプルに説明する。高知県といえば四万十川が有名だが、監督が注目したのは、市の中心部を流れる鏡川と、日本全国1位の水質を誇る仁淀川だ。特に仁淀川は、動画で監督が口にする“仁淀ブルー”という言葉が生まれるほど、澄んだ青色が美麗な清流。この涼やかな川と、木々が鬱蒼と茂る山、そして欄干のない沈下橋が、臨場感のある四国の夏の情景を描出している。緻密に描き込まれた風景画と実際のロケ地を見比べられるのも、メイキング動画ならではだ。

■多彩なアーティストが集結した“音楽”にもフォーカス


本作の“主役”の一つを担っているのが音楽。#4「Making of 竜とそばかすの姫:細田守とクリエイター〜音楽の世界〜」では音楽監督/音楽を務める岩崎太整の仕事に注目する。これまで「SR サイタマノラッパー」シリーズや『モテキ』(11)などで、映画と多様な楽曲をリンクさせ、作品を大ヒットに導いてきた岩崎のもと、「DEATH STRANDING」などゲームデザイナー、小島秀夫の作品の音楽を手がけてきたLudvig Forssell 、実験的な音楽活動を展開する作曲家、坂東祐大という、多方面で活躍するアーティストが集結。三者が、最大74名のオーケストラと約1週間かけて演奏を収録した様子が収められている。また、すずを見守る合唱隊のメンバーを演じ、歌声も披露している森山良子、清水ミチコ、坂本冬美、岩崎良美、中尾幸世の奏でるハーモニーも見もの!

■コンテンポラリーダンス界の才能がモーションキャプチャーでベルの動きを表現
前半のラストを締めくくる#5「Making of 竜とそばかすの姫:細田守とクリエイター〜キャラクターが動き出す〜」は、ベルの圧倒的な歌唱シーンの動きを体現する稀代の振付師、康本雅子によるモーションキャプチャーにフォーカス。「ベルの内面を表現するダンスを」と細田監督は、コンテンポラリーダンス界で唯一無二の才能を起用したと話す。撮影用のスーツに身を包んだ康本の独創的なダンスに合わせて、モニターに映しだされたベルも動きだす。一青窈やMr.Childrenなどビッグアーティストと組んできた康本が、ベルの歌唱シーンに躍動感を与えていく様子は<U>の世界さながらだ。

メイキング動画の前半は、国際的な実績も獲得している細田守のもとに結集した、国内外の精鋭クリエイターとのコラボレーションが印象的だった。後半は、豪華ボイスキャスト陣のインタビューも収録されているので、こちらも要チェック。期待高まる『竜とそばかすの姫』の制作過程を覗いて、公開前に予習しよう!

文/水越小夜子