中国で旧正月初日の2月12日に公開され、初日に約10.1億元(約164億円)という興行収入を記録した『唐人街探偵 東京MISSION』が、いよいよ日本でも公開され、話題を呼んでいる。本作は、中国の凸凹探偵コンビが、世界各国のチャイナタウンで様々な国際的事件に挑む人気シリーズの3作目。今回の舞台は東京で、前作『唐人街探偵 NEW YORK MISSION』(2021年公開)から続投の妻夫木聡をはじめ、日本人キャストが多数出演した。MOVIE WALKER PRESSでは、この国際色豊かなシリーズを手掛けてきたチェン・スーチェン監督に独占インタビューを敢行し、日本ロケの感想や、中国映画界が抱える今後の課題について聞いた。

カンフーの使い手だけどケンカに弱く、おっちょこちょいな性格のタン・レンと、その甥で驚異的な記憶力と推理力を発揮するイケメン、チン・フォン。今回彼らは日本の探偵、野田昊(妻夫木)から協力を依頼され東京にやってくる。そして野田やタイの探偵ジャック・ジャー(トニー・ジャー)と4人で、ヤクザの組長である渡辺勝(三浦友和)が関わるある事件を解決しようとする。

主人公である自称“探偵”コンビを演じるのは、中国のトップスターであるワン・バオチャンとリウ・ハオラン。日本からは妻夫木、三浦、長澤まさみ、浅野忠信、鈴木保奈美、染谷将太、奥田瑛二、六平直政が、香港からはアンディ・ラウ、タイからはトニー・ジャーなど、アジア各国の人気俳優を迎え、「唐人街探偵」シリーズ史上最高の予算をつぎ込んだエンターテインメント大作となった。

チェン監督は「僕みたいに日本映画や日本文化について、たくさん研究をした監督にとって、日本でこのような有名な俳優陣と一緒に仕事をできたことは、まさに夢が叶ったという感じです」と喜ぶ。

何者かに殺害されたマフィアの秘書、小林杏奈役の長澤については「特に印象的だったのは長澤さんのラストシーンで、撮影技術上の都合で撮り直すことになったけど、ワンテイクで即OKな演技をしてくれました。彼女の演技力に圧倒されました」と称え、エリート警視正の田中直己役を演じた浅野についても「浅野さんは、一言では表現できないような善と悪の両面を演じることができる俳優です。染谷将太さんもそうですが、そういう俳優は中国でもそうそういない。その個性と魅力が、劇中でも大いに発揮されています」とうれしそうに語る。

しかもどの日本人キャストにも、きちんと見せ場が与えられている点にも感心させられるが「主役だろうが脇役だろうが、物語上はそこまで重要ではないキャラクターでも、それぞれが映画における大切な役割を果たしていると僕たちは考えています」というのが監督の持論だ。

また「鈴木さん主演のテレビドラマ『東京ラブストーリー』もよく観ていたし、三浦さんが出演されていた『赤い疑惑』も中国では非常に有名で、特に僕の父親世代に大きな影響を与えたドラマです。このような先輩たちと一緒に映画を作れたことも非常にうれしかったし、プロフェッショナルな方々のお芝居をそばで観られて、とても楽しかったです」と感無量の様子だった。

■「全世界オープニング興収No.1という記録をたたきだした理由は3つあります」

それにしても、全世界オープニング興収が、あの『アベンジャーズ/エンドゲーム』(19)の数字を塗り替えたことは、映画業界における“事件”だったが、チェン監督自身はかなり冷静に受け止めていた。

「確かにここまでの数字をたたきだしたことは自分自身も予測していなかったけれど、その理由は3つあると思います。1つ目は『唐人街探偵』シリーズにはすでに中国で既存のファンがついていて、3作目も楽しみにしてくれていたこと。2つ目はコロナ禍において、ようやく中国で映画館が再開し、多くの人々が足を運んでくれたこと。そして3つ目は公開時期が旧正月、すなわち中国の春節の時期だったことです。もともとこの時期に中国で公開される映画は興行収入が跳ね上がるので、公開初週が世界一になったんだと思います」。

確かにその3つの要素はすべてうなずけるが、それだけではない要素があるはず。1作目ではタイのバンコク、2作目はアメリカのニューヨークでロケを敢行したが、チェン監督によると「日本を含めて3つの国はすべて僕が映画をとても撮りたい国、何度も行きたい国ばかり。3都市とも、いろんな機能を備えたすばらしいところです」と強調したうえで「今回の日本編は特に力を入れました」と明かす。

「『唐人街探偵』シリーズの特徴としては、作品ごとに違う国を舞台に、ご当地の文化などを劇中に織り込んできました。日本の場合は脚本作成の段階から、何回もロケハンをして、僕が好きな日本の要素をたくさん入れ込みましたが、文化の交流という意味でも実に上手くいったと思います。また、3作のなかでは一番予算を投じたことも確かです」。

まずは、足利市に渋谷スクランブル交差点を再現した大規模なセットを作ったことに度肝を抜かれる。そして、新宿の歌舞伎町や秋葉原、浜離宮恩賜公園、東京タワーなどの都内だけではなく、名古屋や宇都宮、神戸など全国各地でロケ撮影を行うなかで、チェン監督はある特徴に気づいたという。それは、フィルムコミッションなど日本の製作チームが、ロケ先で周りの人々に対して、入念に気遣いをしていたという姿勢だ。

「とにかく日本のチームは、ロケ地周りにいる一般の方々に僕たち撮影スタッフやキャストが迷惑をかけないように細心の注意を払っていました。タイやニューヨークではそこまではしてなかったですが、彼らがことあるごとに『すみません!』と頭を下げていたことにびっくりしました」。

実は撮影前から、そういった評判を耳にしていたという監督は「同じ中国の映画業界にいる友だちに『今度、東京でロケをするよ』と言ったら驚かれましたし、ハリウッドでさえ、東京でロケすることはハードルが高いと認識されている。確かにニューヨークよりも東京ロケのほうが苦労しました」と告白。

■「いまの中国やクリエイーターたちの現状を知ってほしいです」

総製作費は65億円、日本だけでも31億円を投じたとされている本作。大規模なロケを行っただけではなく、楽曲だけをとっても、マイケル・ジャクソンの「ヒール・ザ・ワールド」、三代目 J Soul Brothers from EXILE TRIBEの「Welcome to TOKYO」、テレサ・テンの「路辺的野花不要採」など様々な名曲がふんだんに使われていた。なかでもジョー山中による『人間の証明』(77)のテーマ曲が、劇中のシーンをよりドラマチックに彩っている。

「僕がこの曲を聴いたのは小さい頃でしたが、とても印象に残っていました。当時、映画『人間の証明』は中国でも公開され、大きな反響を呼んでいたんです。そして僕が映画を勉強するようになってから、“証明三部作(『人間の証明』『青春の証明』『野性の証明』)”が反戦をテーマにしていることを知りました。この歌にもそういったメッセージが込められていたので、今回の映画にマッチしていると思いました」。

チェン監督は日本文化に造詣が深い。「日本には優秀な映画監督やアーティストがたくさんいます。例えば、巨匠である黒澤明監督や深作欣二監督、三池崇史監督、音楽でいえば久石譲さんなどもそうです。また、僕はよく日本のファッションブランドに注目していますし、いろんな面で日本文化の影響を受けていると思います」。

劇中では、妻夫木聡が「聖闘士星矢」、タイの人気俳優トニー・ジャーが「ちびまる子ちゃん」のコスプレをするシーンがあり、ここでもそれぞれの主題歌が流される。「僕はフィルムメーカーの立場から、海外のいろんなキャラクターや曲を入れることで、我々中国人がすでにこういった世界的に有名なコンテンツに触れていることを知ってほしいと思いました。つまり、映画を通して世界の皆さんに、いまの中国やクリエイターたちの現状を知ってほしかったのです」。

特にコロナ禍でその想いは一層強くなったそうだ。「世界各国との交流は続いていますし、世界中で上映される中国映画というメディアを通じて、より多くの方々との国際的な交流や相互理解を深められればと考えています」。

■「『ウルトラマン』のように長年愛されるコンテンツを作っていきたい」

染谷将太主演の日本と中国の合作映画『空海―KU-KAI― 美しき王妃の謎』(18)のチェン・カイコーや『HERO』(03)のチャン・イーモウなど、ビッグバジェットの大作で深い人間ドラマを紡ぎあげられる巨匠はいる。だが『唐人街探偵 東京MISSION』のような思いきり振り切ったアクションコメディで、ここまでの結果を残した中国の映画監督は、チェン・スーチェン監督が初めてだろう。

「商業映画、エンタメ映画としての中国映画は、まだ海外で認知されていないと思いますが、そこもだんだん変わっていくのではないかと。また、興行面で考えても、中国映画全体を盛り上げていくには、こういう映画が必要だと思うんです」と、チェン監督は商業的な目線からも、中国映画の未来を見据えている。

世界の映画マーケットのあり方にも監督はかなり勤勉である。自国の映画産業への課題については「中国の映画産業スタイルは、映画のチケットを売った興行収入だけに頼っている伝統的なやり方です。世界規模のエンタテインメント会社としてディズニーを例に挙げると、毎年の映画での興行収入は会社としての利益の一部で、そのほかを関連グッズなどコンテンツの派生商品、映画ライセンス、ディズニーランドなど施設の売り上げが占めていますから」と語る。

「僕は小さい頃からハリウッド映画に影響されてきました。自分もフィルムメーカーとして、ハリウッドの先進的な撮影方法や、全世界でもっとも成熟している映画チェーンのあり方をもっと勉強して、自分たちの文化をより広げていきたいです」と意欲を見せる。

また、「息子が『ウルトラマン』が大好きで、よくおもちゃで遊んでいますが、『ウルトラマン』もすでに55年の歴史があります。中国映画のコンテンツ事業がより自由競争ができる環境になったいま、もっと大量に自国の知的財産と言えるコンテンツを作ることが必要かと。そういう意味でも、僕と同じ世代の監督たちが頑張って、次世代にバトンを渡すべく、『ウルトラマン』のように長年愛されるコンテンツを作っていけたらうれしいです」と言う。

中国発の娯楽大作として新たな未来を切り開いた『唐人街探偵 東京MISSION』。チェン・スーチェンのように志の高い監督が結果を出せたことで、中国映画業界の未来は明るいと感じた。

取材・文/山崎伸子