杉谷庄吾【人間プラモ】の同名コミックをアニメーション映画化した『映画大好きポンポさん』(公開中)。90分という上映時間のなかに“ものづくり”にかける人々の情熱を見事に映しだし、リピーターが続出。先日には、フィルムへリデザインして上映する企画がクラウドファンディングサイト「MAKUAKE」にて始動するなど大きな話題を呼んでいる。
テンポとリズム感あふれる展開や、映画制作における“編集”の役割にクローズアップした点も大きな魅力となっている本作。そのキーマンとなっているのが編集を担当した今井剛で、平尾隆之監督と制作プロデューサーの松尾亮一郎は「編集は、最初から今井さんにお願いするのが大前提だった」と声をそろえる。

そこでMOVIE WALKER PRESSでは、平尾監督&今井&松尾の3人に集まってもらい座談会を敢行。公開後ということもあり、初公開のエピソード満載の大ボリュームでお届けする本稿では、制作過程で起こった様々な秘話について語り合ってもらうと共に、「るろうに剣心」シリーズなど実写映画の編集マンとしても数々の名作を手がけてきた今井が、アニメの編集の醍醐味を明かした。

※本記事は、作品の展開に関する記述を含みます。未見の方はご注意ください。

■「『GOD EATER』では、今井さんとぶつかった」(平尾)「ぶつかりあってこそ、“ものづくり”はおもしろい」(今井)

本作の主人公となるのは、敏腕映画プロデューサー、ポンポさん(小原好美)のもとで製作アシスタントをしている青年ジーン(清水尋也)。映画を撮ることに憧れつつも、自分には無理だと卑屈になっていたジーンが、ポンポさんに才能を見いだされ、映画監督に大抜てき。新人女優のナタリー(大谷凜香)をヒロインに迎えて、映画撮影に挑む姿を描く。

――90分のなかにギュッと“ものづくり”にかける人々の情熱が詰め込まれ、ぐいぐいと観客をスクリーンに惹きつけるような映画でした。平尾監督はこれまでにも今井さんとタッグを組まれていますが、本作には今井さんの力が必要だと思われた理由から教えてください。

平尾「これまでもずっと一緒に作品づくりをしていただいているので、本作の映画化の話が決まった時には、『編集は今井さんにお願いしよう』と決めていました。特に今回は、編集というものがドラマの山場になってきますので、ここはやはり数々の実写映画の編集もされており、編集賞も受賞されている今井さんの力が必要だと思っていました。また監督として携わった『GOD EATER』をやり終えた後、僕としてはなかなか悔しい部分もあって。でも今井さんと居酒屋でお酒を呑んでいた時に、『平尾さんは「GOD EATER」で初めて、監督になったと思う』と言っていただけた。それからは一層、今井さんと作品づくりをしたいと強く思うようになっていました」

――2015年から2016年にかけて放送されたテレビアニメ『GOD EATER』は、平尾監督にとって思い出深い作品なのですね。

平尾「『GOD EATER』では、今井さんとも結構ぶつかった思い出があって(苦笑)。ほぼ全話の絵コンテを僕が描いて、脚本も書いて、すごく大変なスケジュールではあったんですが、そのなかでもなんとか諦めずに『おもしろいものにしたい』と思って取り組んでいて。だからこそ、今井さんにも、自分のやりたいことや意見をきちんと伝えたいと思っていました。そういった姿勢が、今井さんにも『“職業監督”から一歩抜け出すことができた』と感じていただけたのかなと…」

今井「そうですね。作り手として『こだわりを持って作品に向かう』という点で、ただのこだわりではなく、『もう一段上がるためには、どうすればいいのか。どこに悩みながら取り組んでいけば、いい創作物ができていくのか』ということを、しっかりと考えているなと思いました。“ものづくり”の現場では、みんなぶつかってばかりですよ(笑)。実写のベテラン監督たちも、スタッフとぶつかりながら、よりおもしろいものを作ろうとしています。でもぶつかりあってこそ、“ものづくり”はおもしろいんだと思います」

平尾「今井さんには、(2005年放送の)『フタコイ オルタナティブ』のころからお世話になっていて。僕にとって“お師匠さん”みたいなところがあるんです。師匠に意見を言うのは、なかなか勇気のいることでもありますが、そうしていくことで『監督になった』と言っていただけて、ものすごくうれしかったです」

■「今井さんの編集の手腕によって、よりいい表現が生まれてくる」(平尾)

――今井さんにとって、平尾監督とのタッグで魅力に感じているのは、どのようなことでしょうか。

今井「実写の監督でお付き合いのある方々は、結構、僕に任せてくれる方が多くて。平尾さんも同じように、絵コンテの段階で、僕に一度預けてくれるんです。『一番いい表現をするためには、どうすべきなのか?』と悩んだ時に、精一杯悩んだうえで出てきたものを提示できる時間を与えてくれる。そこがまずおもしろい点ですね」

平尾「アニメの場合、絵コンテが上がって、それぞれのスタッフの作業が進み始めたら、基本的に絵コンテをいじることはありません。作業が進み始めてから絵コンテを変更したら、アニメーターさんの描いた絵が、無駄になってしまいますから。でもそれがネックになるところもあると僕は思っていて。というのも、編集をして、最終的に物語の時間軸のなかでフィルムを流してみた時に『想定したよりもストーリーが伝わりづらいな』など、致命的な間違いに気づくこともあるものなんです。『フタコイ オルタナティブ』のころから今井さんのお仕事を見ていると、今井さんの編集の手腕によって、よりいい表現が生まれてくると感じていたので、僕は絵コンテを仕上げたら、それをムービーにして、今井さんのところに持って行くようにしています。その段階で自分も気になるところをお伝えして、1、2週間経つと、今井さんが流れを整理してくれたり、追加シーンを提案してくださる。それをまた僕が判断して、追加の絵コンテを描いたりしながら、よりおもしろいものにしていく…というのが、僕と今井さんの作業の特徴です」

松尾「みんなで意見を言いながら、よりよいものを提示して、監督がそれを最終的に判断していく。平尾監督と今井さんのいらっしゃる現場は、『よりよいものを作る』という意識がとても高い場所だと思います。そしてやはり、今井さんにアイデアを提案してもらうと、作品がグッとよくなっていくんですよね。今井さんの編集は、特別だと思います。アニメーションの場合、絵コンテの段階から携わる編集の方も、そんなにいらっしゃらないのではと思います」

■「Cパートの冒頭に変更があったのは、衝撃でした」(松尾)

――具体的に、今井さんの編集によってグッと変化したと感じるシーンを教えてください。

平尾「『MEISTER』という劇中劇と、フィルム保管庫でジーンくんがペーターゼンさんと会話をしているところで、次々と時間軸が入れ替わるシーンがありますよね。ああいった表現は、絵コンテでは描けません。それは編集上でしか、作ることができない表現なのかなと思います」

今井「平尾監督から『このあたりから、リズムアップさせたい』ということと、『劇中劇とジーンくんの想いが重なり合っていくということを、うまく表現したい』という話があって。だとしたら、ペーターゼンの言葉よりも、ほかのカットを先行して入れることによって、徐々にジーンくんが自分の想いに気づいていく行程を辿っていく…という構成に組み替えました」

平尾「ジーンくんが『これは僕だ』という想いに辿り着く流れは、カットが複雑に絡み合いながらもきれいに整理されていて、うまくいったんじゃないかと思います。またナタリーが女優の修行をしている場面も、今井さんのテンポとリズムによって楽しく観られるようになっていますね。街中のタイムラプスも、編集上でスピードを可変させたりして音楽と映像を合わせています」

松尾「アランとジーンが出会うCパートの冒頭に変更があったのは、衝撃でした。アランくんが銅像の前に座っている直前、ジュネーブの風景が映るんですが、そのカットは絵コンテにはない新作カット。アランくんの登場を、自然なものにするために必要なことだと理解はしているのですが、制作終盤での新作作画、新作背景カットの追加は現場にも負担を強いてしまうので、必要だとは思いつつ…(苦笑)」

今井「もう映画の尺を決めなければいけないというタイミングで、アイデアを提示させていただいたので、制作周りの方たちには、かなりドキッとさせてしまったかもしれません(笑)」

平尾「絵コンテでは、ポンポさんが『この映画、間違いなくニャカデミー賞取っちゃうぜ』と言って、ジーンくんが『ハハハッ』と答えた後、すぐに、アランくんと上司がジュネーブの街を歩いている俯瞰のカットになっていました。今井さんから『それだと急に視点が変わりすぎて、お客さんの感情のラインが途切れてしまうかも』というご提案をいただき、ジュネーブの背景のカットを1枚入れることにしました。また、ジーンくんとアランくんの再会シーンは、絵コンテだともっと後だったんです。それを前に持ってきたんですよね」

今井「アランくんと上司がジュネーブの街を歩いているシーンでは、上司がアランくんに向かって、結構心に刺さることを言うんですが、『お客さんがその言葉を受け止めきれないまま、物語が進んでしまうのではないか』という恐れがありました。そのため、そのシーンをごっそり“2時間前の出来事”という回想扱いにしました。先にジーンくんたち撮影隊と、アランくんの出会いを見せておくことで、観客は『撮影隊がこの街にいて、いままでの話と接点があるんだな』と気づいてくれる。感情の流れが途切れることなく、アランくんを登場させることができるかなと思いました」

平尾「僕も絵コンテ撮(絵コンテをつなげたムービー)を見た時に、なんだかアランくんの登場がスムーズにいっていないような気がして。ポンポさんとジーンくんのやり取りを楽しく見ていたお客さんが、アランくんを見て『なんだ、この突然出てきたキャラクターは。感情移入できないぞ』と思ってしまうかもしれないと感じました。それで今井さんに相談させていただきました」

今井「先ほど、僕が平尾さんについて『「GOD EATER」で初めて監督になったと感じた』という話がありましたが、まさにこういったことなんですよね。近年の平尾さんは、客観的に自分の作品を判断できるようになった。よりワイドな視野で、作品を見られるようになってきていると思います」

■「ドキュメンタリーとアニメーションを経験できたことが、成長につながった」(今井)

――今井さんは、行定勲監督や大友啓史監督、李相日監督をはじめ錚々たる監督陣とタッグを組み、実写でも数々の話題作で編集を担当されてきています。編集の技を磨くうえで、どのような経験が大切だったと思われますか。

今井「僕は映画学校の出身なんですが、卒業制作でドキュメンタリーを作ったことが、とても勉強になりました。ドキュメンタリーって、物語のための絵があるわけではないですよね。つまり『どこをどう繋げたらいいのか』ということをかなりシビアに考えないと、観る人になにかを伝えることができないものなんです。その視点を学べたことは、僕にとって大きな経験でした。また就職をした後、アニメーションの編集をやり始めた時は、ひとコマを切ることの大切さを知りました。いわば、ミクロの世界ですよね。ワイドな視点をドキュメンタリーで学び、細かい積み重ねで見え方が変わってくることを、アニメーションで経験した。この2つの世界を知ることができたのが、自分の成長につながったと思っています」

――実写とはまた違った、アニメの編集のおもしろさとは、どのようなものでしょうか。

今井「実写だと、まず演じた人がいて、『その膨大な素材をどうするか』というのが、編集の仕事です。一方アニメーションは、編集によって、キャラクターの感情表現が変わってくることもあります。例えば『…』という間合いも、編集で作ることができます」

平尾「キャラクターの感情を、編集でコントロールできるということですよね。今井さんはいろいろな経験をされているので、ご一緒すると勉強になることばかり。編集がフィルムからデジタルに切り替わって行く際、今井さんは日本語マニュアルのない時代からノンリニア編集(デジタル映像編集)に携わっている。日本におけるアビッド(ノンリニア編集システム)の普及にも一役買っているんですよ」

■「僕は最初から、上映時間90分にしたいと思っていました」(平尾)

――本作は、映画制作における“編集”の役割に焦点を当てた作品でもあります。今井さんは、本作のオファーを受けた時には、どのような印象を持たれたのでしょうか。

今井「映画づくりの話だと聞いて、『これはおもしろそうだ』と感じました。でもまさか編集作業について、あそこまで描かれるとは思っていませんでしたね。映画の撮影現場を舞台にした作品は、これまでにも数多く作られていますが、そのなかでも編集作業を描く作品というのは、珍しい。編集作業は、“映えない”ですから(笑)。表現したところでなかなかわかりづらい役割だとも思います。原作にもそれほど多く描かれているわけではないのに、なぜジーンくんの編集作業のシーンを膨らませようと思ったのか。それは僕自身、平尾さんに聞いてみたいことです(笑)」

平尾「あはは!そうなんですね。僕は本作に取り掛かる際、『映画をつくることや、夢を叶えていくためには、いろいろなものを切り捨てなければいけない。でもその切り捨てたものや、自分の選んだ道を肯定するような映画にしたい』と思っていました。また原作を読んで、『もともと長尺の映画も好きだったジーンくんが、なぜあらゆる素材を切って「MEISTER」を90分の映画にしたんだろう』と考えた時に、そこにはポンポさんの“90分”に対する意見や、コルベット監督に言われた“誰かひとりの為に”という助言以外にも、ジーンくんの葛藤、選択、決断があったからなんじゃないかと感じました。つまり、“切ることや選択することを肯定する”というジーンくんの人生と、編集シーンが重なり、これは映画のクライマックスになるんじゃないかと思ったんです」

――ジーンくんの編集シーンは、まさにクライマックスというにふさわしいダイナミックなシーンとなっていました。

平尾「原作ものをアニメ化する意味ってどこにあるのかなと思うと、『アニメーションにした時に、どのようなダイナミズムを生みだせるか。アニメーションにする意味はあるのか?』を考えることって大事なのかなと。わかりやすい例を出すと、僕の友人である荒木くんが監督した『進撃の巨人』。原作の“立体機動装置”の動きを、アニメーションならではの表現でダイナミズムを産みだしていましたよね。とても大きな見どころです。そういったアニメーションにおけるダイナミズムを編集シーンに持ち込んで、 アニメだからこそ描ける、ジーンくんの抱えたドラマをクライマックスにしたいと思ったんです。またジーンくんの作業環境は、今井さんの会社であるLuna-parcの作業部屋の写真を撮らせていただいて、それを参考に作画しているんです」

今井「そうなんですよ。そういった意味でも、あのジーンくんの編集シーンは、僕自身をさらけ出さなければいけなかったので、ちょっと恥ずかしかったですね(笑)。ただ、その恥ずかしさが、変わった瞬間があって。それは『本作は、90分を目掛けて作らなければいけない。もっと切らなければいけない』と思った時。その時は、ジーンくんと同じように『どこを切ればいいんだ!どうすればいいんだ!』とものすごく葛藤していました。恥ずかしがっている場合ではありません(笑)」

――ポンポさんは「映画の長さは90分がいい」ということを持論としているので、やはり本作も“上映時間90分”にこだわる必要があったわけですよね。

松尾「90分の解釈については、いろいろな話し合いをしました。僕は歯切れが悪くなったり、無理にまとめるくらいなら、90分にならなくてもいいのかなと。作品にとって、いい形にすることが一番だと思っていました」

平尾「僕は最初から、90分にしたいと思っていました。やっぱり、ポンポさんが言っていますからね!」

――“上映時間90分”にするうえで、“このカットを残すか、残さないか”と悩まれた場面はありますか?

平尾「病院のシーンは、全カットするという案もありましたね。でもあそこは、どうしても残してほしいとお願いしました」

今井「ポンポさんが、ベッドに横たわるジーンくんに向かって話す場面は、重要なセリフが多かったんですよね。あそこがないと、ポンポさんのヒロイン性が少し失われてしまうので、残すべきなのか、削るべきなのか、いろいろと悩みました」

平尾「ポンポさんのヒロイン感を残したかったということもありますが、やはりあの場面がないと、ジーンくんの覚悟が伝わりづらくなってしまうかなと感じていました」

■「今井さんが奇跡を起こした瞬間がありました」(松尾)

――平尾監督と今井さんの間で、かなり多くのやり取りを重ねて、本作は完成したのですね。

平尾「これまで以上に、たくさんのやり取りができたのではないかと思っています。今井さんの言葉って、本当にありがたいものなんです。実は、ポンポさんが『監督になったじゃない』というセリフは、僕が最初にお話した『平尾さんは「GOD EATER」で初めて、監督になったと思う』という今井さんの言葉がもとになっています。また脚本づくりの時に、今井さんは『最初から90分を目指して、90分ぴったりに合わせられる人っているのかな?映画って、なにが正解で、どこまでできたら完成なのかなんて、誰にもわからない。“夢中で作っていたら、90分だった”というのが、ジーンくんの感覚なんじゃないか』とおっしゃっていて。それが、ナタリーが『終わったんですか?』と聞いて、ジーンくんが『わからない』というセリフのヒントになっています。そうやって指針になるようなことを、ポロッと言ってくださるんですよ」

今井「本作が上映時間90分になったのも、ジーンくんと同じような感じでしたよ。どうしよう、どうしようと、いろいろなことをやってみた。でも夢中でやっていたら、終わったんです」

平尾「もう定尺を出さなければいけないという時に、僕らが『いよいよ病院のシーンを切らなければいけないか。ほかにどこか切るところはあるか』と悩んでいる後ろで、今井さんが黙々と作業をしていて。しばらくすると、『あ、2コマ足りない』と今井さんがおっしゃった(笑)。その瞬間、上映時間89分59秒22コマまで到達したんです。これには、本当に驚きました。鳥肌が立ちましたよ!」

松尾「その日は『ここからが勝負だ』と思って、食糧も買い込んでいましたからね(笑)。奇跡が起きた瞬間です」

――今井さんが編集をご担当された、『るろうに剣心 最終章 The Final/The Beginning』も現在公開中ですが、本作と編集作業が重なった期間もあったのでしょうか…。

今井「並行して、やってはいましたね。でも作品のテイストがまったく違うので、使う脳みそもまったく変わってきます。そういった場合、切り替えはうまくできるものなんです。同じテイストの作品が重なっていたら、つらかったかもしれませんね(苦笑)。どんな作品であれ、常に僕が大切にしているのは、観客の視点。『どのように楽しんで観てもらえるだろうか』ということを、いつも考えています」

平尾「本作ではワイプを多用しましたが、『GO』や『キングダム』など今井さんの編集作品もワイプを使われていることが多いですよね。ワイプにどんな法則があるのか、いろいろと参考にさせていただきました。僕は、今井さんの編集を通ることで、作品がどんどん進化していくことが、とても楽しくて。自分の限界や、作品の限界を突破していく力が、今井さんの編集にはあるんじゃないかと思っています」

――なぜ“ものづくり”をするのかという、原点に立ち返るような作品にもなったのかなと想像します。

松尾「平尾くんが、これまでにあったいろいろなことを切り捨てて、『自分はなにを作るべきなのか』を考え抜いて、いろいろなオファーもあったなかで手に取ったのが、『映画大好きポンポさん』のアニメ化の話でした。平尾くん自ら『こういう映画をつくりたい』と提案しながら、熱い想いをぶつけている姿を見て、僕は『これは唯一無二の作品になるし、きっといいものができる』と確信しました。僕にとっては、『平尾隆之の才能にかけよう』と思った作品なんです」

平尾「『GOD EATER』ではおもしろい物が作れたと思っているんですけど、いろいろな反省点もあって、終わった後『もう僕は、まともな監督作品がつくれないのではないか』と思ったこともありました。でもその時に湧き上がってきたのが、『やはり自分には、つくりたい物語がある』ということ。そんなふうに思っている時に『映画大好きポンポさん』のアニメ化のお話をいただき、これは自分にとって“決意表明”のような作品にもなるのではと思いました。“映画大好き”とタイトルに入っているならば、『自分にとっての“ものづくり”とは、どのようなものなのか』という我々スタッフの想いを込めなければ、この物語は嘘になってしまう。僕にとって、『映画大好きポンポさん』は “仕事としてこなす”ということはできない作品でした。そういった作品に出会えて、本当にうれしく思っています」

今井「僕は技術スタッフですが、日々、仕事をしながら考えていることを作品に込められたように思います。劇中のセリフにもありますが、僕も映画に携わるなかで、『エンドロールが終わるまで席を立たないような作品をつくりたい』と思い、常々そういった姿勢で“ものづくり”に臨んでいます。そういったクリエイターたちの視点、姿勢が入っている映画なので、簡単な言葉にはなりますが、本当に参加できてよかったなと思っています」

平尾「脚本を読んでいただいた時に、今井さんが『“ものづくり”に対してどのような心持ちで向かうべきなのかという、教科書のような作品になるといいね』とおっしゃってくれたことがあって。その言葉もとてもうれしかったです。これからもっともっと、たくさんの人に観ていってもらいたいですね」

取材・文/成田 おり枝