7月16日からスタートした「妖怪・特撮映画祭」で4K修復版が上映される「妖怪三部作」の第2作『妖怪大戦争』(68)と、神木隆之介が主演を務め興行収入20億円を超える大ヒットを記録した『妖怪大戦争』(05)。昭和・平成と駆け抜けてきた妖怪ファンタジーが、さらなるスケールアップを遂げて令和の時代に登場する『妖怪大戦争 ガーディアンズ』が8月13日(金)より公開。このたび本作の公開を記念したプレゼントキャンペーンが実施されることが決定した。

05年版に引き続き三池崇史監督がメガホンをとり、人気子役の寺田心が主演を務める本作。フォッサマグナに眠る古代の化石たちが結集し、巨大な妖怪獣へと姿を変え東京に向かってきた。この危機に妖怪たちは伝説の武神“大魔神”の力を借りるため、伝説の妖怪ハンター渡辺綱の血を受け継ぐ気弱な少年、渡辺ケイに白羽の矢を立てるのだが…。

このたび実施が決まったのは、KADOKAWAグループが運営するWEB媒体を妖怪たちがジャックする「現世に隠れる妖怪を探せ!プレゼントキャンペーン」。妖怪たちにジャックされる媒体は、MOVIE WALKER PRESSなど全部で16の媒体。まずはそれぞれのWEBサイト上に現れる妖怪を探してクリック。そこからたどり着ける応募ページに表示されるTwitter投稿ボタンから見つけた妖怪をシェアすることで、豪華賞品が当たるキャンペーンに参加することができる。

キャンペーンの実施期間は7月16日から8月31日(火)を予定しており、詳細についてはキャンペーンサイトをチェックしてほしい。また7月から8月にかけて発売されるKADOKAWAグループの雑誌、全25誌の表紙にも妖怪キャラクターが出現。WEBから雑誌までKADOKAWA媒体をジャックした個性豊かな妖怪たちを探しながら、世界中のモンスターたちが入り乱れる大冒険を映画館で楽しんでみてはいかがだろうか。

文/久保田 和馬