「妖怪・特撮映画祭」にて4K修復版が公開中の『妖怪大戦争』(68)、神木隆之介が主演を務めた『妖怪大戦争』(05)に続き、令和にスケールアップして登場する『妖怪大戦争 ガーディアンズ』(8月13日公開)。このたびキャスト陣の特殊メイクなども話題の本作より、大沢たかおが演じる人間嫌いな狸の妖怪「隠神刑部」の本編登場シーンが披露された。

今作では寺田心が主人公の渡辺ケイを演じ、数奇な運命に導かれながら世界の存亡をかけた戦いに挑んでいく様を描く。監督は平成版に引き続き三池崇史が務め、脚本は「20世紀少年」シリーズ、「GANTZ」シリーズなどを手掛けた渡辺雄介。誰もが知っている有名な妖怪から映画オリジナルの妖怪まで、さらには世界中のモンスターも加わり物の怪ワールドが拡大されている。

このたび公開された映像は、808匹の狸を従え炎を纏ったモーターマシンを飛ばしながら登場する隠神刑部のシーン。その豪快な登場ぶりに驚くケイ、隠神刑部への恋心で頬を赤らめる雪女(大島優子)など、キャラクターの動揺ぶりも映し出されている。

さらに「余計なことはするな。何もしなければ死なずに済む。わかったら返事だ!!」と声を荒げ、ケイも硬直しながら「は、はい 」と答えるなど隠神刑部の強者ぶりが伝わってくる。ほかにも、姑獲鳥(安藤サクラ)、天狗(三浦貴大)、猩猩(大倉孝二)、コミカルな狸たちの姿も見どころの映像となっている。

三池監督は隠神刑部について「人間が支配しているように見える地球のその先を見据えて、その視点から人間と対峙している存在。スケールのでかい孤高の野獣、男なので、やっぱり大沢さんが一番ふさわしいと思った」と語っている。敵でも味方でもない立ち場でひときわ謎めいたキャラクター、隠神刑部の目的とは?スケールアップした『妖怪大戦争ガーディアンズ』に期待が高まる。

文/鈴木レイヤ