映画デビュー作『蜜蜂と遠雷』(19)で映画賞の新人賞を総なめし、連続ドラマ「ドラゴン桜」(21)の優等生、藤井遼役でお茶の間でも人気を博した俳優の鈴鹿央士。初の映画単独主演作は、運命の人と時空を超えて奇跡の再会を果たす青春ラブストーリー『星空のむこうの国』(公開中)だ。女優の広瀬すずに見いだされ、俳優の道へ入ってから早2年、彼は常に「なんとかなる」というポジティブシンキングで道を切り開いてきたようだ。

『星空のむこうの国』は、小中和哉が1986年に監督した同名映画を、35年ぶりにセルフリメイクした意欲作。高校生の昭雄(鈴鹿)は、2か月間、同じ美少女(秋田汐梨)が現れる夢を毎日見続けてきたが、ある日、目の前にその少女が現れる。理沙という名の彼女は、どうやら昭雄がいる世界とは違う場所で、昭雄のことを呼び続けていたようだ。やがて2人は惹かれあい、33年に一度のシリウス流星群が地球に最接近する日、ある約束を果たすために行動を起こす。

■「同世代の共演者たちからたくさんの刺激をもらいました」

パラレルワールドの世界観を美しい映像で綴った本作で、映画単独初主演を担った鈴鹿だが「これまでに先輩俳優である松岡茉優さん(『蜜蜂と遠雷』で主演)や満島真之介さん(ドラマ「カレーの唄。」で主演)などの、すごく大きな背中をたくさん見てきました。だけど、僕はその方たちみたいに頼もしい感じは出せないと思ったので、そのままでいこうという感じで入りました」とそこまでの気負いは感じなかったとか。

ヒロインの理沙役を、映画『惡の華』(19)や「賭ケグルイ」シリーズの秋田汐梨が、昭雄の親友、尾崎役を、パフォーマンスグループ「lol -エルオーエル-」のメンバーで、俳優としても活動する佐藤友祐が務めた。そして1986年版でヒロインを務めた有森也実が、理沙の母親役を演じている。鈴鹿は今回の出演にあたり、事前に1986年版も観たが「小中監督から『リメイク版は新しい映画として作るから、昭雄も鈴鹿くんの昭雄でいいです』と言っていただいたので、ほとんど意識せずに臨めました」と言う。

理沙役の秋田については「僕と同い年くらいかと思っていたら3つも年下でしたが、すごく大人びていて、でもフレッシュさもあるという不思議な方だなと思いました」と、佐藤については「お互いに好きなゲームの話題で盛り上がったり、尾崎という役名だったので、僕が好きな尾崎豊の歌を歌ってもらったりして、本当に仲良くなれました」とうれしそうに語る。

鈴鹿は、共演者同士のコミュニケーションをとても大切にしているようだ。
「一緒にお芝居をしていても楽しいんですが、撮影の合間にいろんな話ができるのがいいんです。秋田さんは同じモデル同士なので、モデル業について話したり、佐藤くんはアーティスト活動もされているから、歌や踊りなどについて話を聞いたりしました。『ドラゴン桜』などの学園ものも、同世代の人たちとの共演が多かったので、その方たちがいまどういう想いでやっているのかを聞いたりして、かなり刺激をもらいました」。

■「出会った作品一つ一つに運命を感じました」

本作は、星空のむこうの国から運命の人を呼び寄せるという物語だが、鈴鹿自身は運命を信じるタイプなのか?と尋ねると「恋愛の運命などはそんなに信じていないんですが、僕自身がこれまで生きてきたなかで出会った人たちや作品などについては、運命を感じます。例えば、『蜜蜂と遠雷』のあと、本当は違うドラマに入る予定でしたが変更になって、『決算!忠臣蔵』に出演できたし、コロナ禍で撮影が中止になったものがあったから、本作に出演できたので」。

デビュー以降、俳優業は順風満帆な印象を受けるが、もしも過去に戻れるのであれば、変えたい過去はありますか?と聞くと、「このままでいいです」と言ったが少し考えたあとで「変えたい過去はちょこちょこありますが…」と苦笑い。

「せっかく岡山にいたので、学生時代にもっといろんなところへ行って、自然を満喫しておけば良かったです。上京してから、岡山ってなんていいところだったんだ!と気づき、帰省して星をたくさん見に行くようになったのですが、そういうところに学生時代に彼女と行けたら良かったなと」と後悔しているとか。劇中でもまさにそういうシーンがあるのだが「やっぱりリアルがいいです」と本音をつぶやくあたりが、ティーンエージャーらしくてとても初々しい。

鈴鹿と言えば、広瀬が出演した映画『先生! 、、、好きになってもいいですか?』(17)でエキストラとして出演されている時、広瀬の目に止まり、そこでスカウトされたが、その出会いについても「大きな運命でした」とうなずく。
「あの時、自分の高校でロケをしていたので声をかけてもらったのですが、ちょうど他の作品のロケも近所でやっていたので、そちらに参加していたらスカウトされてなかったのではないかと。だから本当に運命だったと」。

鈴鹿はまさか自分が芸能界に入るとは夢にも思っていなかったそうだ。
「僕は岡山の田舎で育ったので、テレビや映画の世界にいる人たちと関わることなんてないと思っていました。大学で家を出るとしても、福岡か神戸あたりを考えていましたが、スカウトされたので、大学も東京に行くことにしました。当時はすべてをそのまま受け入れていましたが、あとから考えたら、運命というものにレールを敷かれていた気もします」。

鈴鹿はもともとどんな時でも「なんとかなる」と思えるポジティブな性分だと言う。
「親もそれをわかっていたので、スカウトされたことを相談した時も、母親は『誰にでもあるチャンスではないから、まずは大学に行って、就活する段階で普通に就職するか、芸能活動を続けていくのか考えたらいいんじゃない?』と、2つの選択肢を与えてくれたんです。いわば背中を押してくれたので、気軽に飛び込めた感じでした」。

■「一人の人間として、いい歳の取り方をしたいです」

また、奇跡も信じるほうだという鈴鹿。
「そんなふうに、なんとかなると思って生きていきたので、そこも含めて奇跡って起こるんだなと思いました。芸能界に入ったきっかけも、初めて出た映画が『蜜蜂と遠雷』だったことも奇跡といえば奇跡ですし、そのなかで人との出会いは本当に大きかったです。

デビューして2年が過ぎたが、俳優の仕事については「ずっと楽しいと思えていますが、少しずついろんなものを経験すると、いろんな感情が湧き上がります。だから、もっと頑張りたいとか、もっと感情を出せるようになりたい、もっと届けたいという想いは、年々大きくなってきました」と述懐。

目指すべき俳優像について聞くと「まずは一人の人間、鈴鹿央士としていい歳の取り方をしたいです。僕がお世話になった先輩たちは、本当にすてきな大人たちばかりだったので、自分もそういう人間になりたいです。そうすれば、俳優としても魅力のある人間になれるんじゃないかと思うので」と言ったあとで「ビジュアル面だとトニー・レオンがいいです。あのシブカッコイイ雰囲気が最高なので。そこはまだまだなので、これからも頑張りたいと思います」とおちゃめな笑顔で締めくくってくれた。

まだまだ伸びしろを感じさせる21歳。彼のみずみずしい個性があますことなく映しだされた『星空のむこうの国』をぜひ大スクリーンで堪能して。

取材・文/山崎伸子