スウッシュ(Swoosh)と呼ばれるおなじみのロゴマーク――。そう、我らが愛するNIKEのシンボルだ。このアメリカのオレゴン州に拠点を置く、あらゆるカルチャーと密接に結びついた米国並びに世界を代表するスポーツブランドががっつりサポートした、最高にワクワクさせられる映画が公開となる。それがNBA最強の現役プレイヤーと讃えられるバスケットボール選手、レブロン・ジェームズが本人役で主演するワーナー・ブラザース映画『スペース・プレイヤーズ』(8月27日公開)だ。

本作はあの伝説の名選手、マイケル・ジョーダン主演の1996年作品『スペース・ジャム』のリブート作である。冒頭シーンは1998年の米オハイオ州アクロン。少年時代のレブロン(スティーヴン・カンコレ)が履いているスニーカーは“キング・オブ・バッシュ”の異名を取るNIKEの名モデル「エア フォース1」だ。ホワイトのアッパーに鮮やかなブルーのスウッシュが映える。そこから全編にわたり、スニーカーやユニフォームにNIKEのロゴマークが踊るのだが、驚くべきは本作が実写と、ワーナー・ブラザース歴代の人気キャラクターたちが集結するアニメーションを融合した映像世界ということだ。

『スペース・ジャム』にも登場した「ルーニー・テューンズ」のバッグス・バニーやローラ・バニーらが揃うチームが、レブロン・ジェームズ率いる「テューン・スクワッド」。彼らは最強の敵チーム「グーン・スクワッド」と戦うのだが、このアニメキャラの選手たちが着用しているスニーカーやウェアもやはりNIKEである。

衣装を担当したメリッサ・ブルーニングはこう語る。
「レブロンやほかの現役選手やスタントマンのシューズはもちろん、モーション・キャプチャーの演者の分までNIKEが用意してくれました。モーション・キャプチャー用のシューズは専用の布で覆う必要がありますが、それも手配してくれたんです。NIKEとのコラボがなかったら、どうなっていたか分かりません。33〜36センチのスニーカーを置いている店なんて、ほとんどありませんから!」
このようにNIKEは“文化事業”――映画などとのコラボレーションにとりわけ寛容かつ協力的、そして積極的なメーカーだ。今回は2021年7月16日の『スペース・プレイヤーズ』全米公開に合わせて、チームユニフォームとスニーカーのコレクションも発売している。

有名な過去の逸話としては、こんなエピソードもある。そもそもマイケル・ジョーダンはアディダスのスニーカーの熱心な愛用者だった。しかし1984年6月にシカゴ・ブルズに入団したことを受け、NIKEはジョーダンと契約しようと猛アタック。そこから画期的なシグネチャーモデルである「エア ジョーダン」が誕生した。こうしてNIKEのロゴマークと共にバスケ界の頂点にのぼり詰めていくジョーダンの勇姿が、アイコニックな輝きを放ちながら中継映像などで全世界に広がっていった。この一例を見ても、NIKEは映画や映像メディアの影響力に関して、とりわけ感度の高いブランドだと言えるのだ。

NIKEと映画の関係――と問われて誰もが真っ先に思い浮かべる代表的な人物が、映画監督のスパイク・リーである。彼がブルックリンを舞台に予算16万ドルで撮り上げたインディペンデント映画『シーズ・ガッタ・ハヴ・イット』(86)は、図らずもNIKEオマージュ映画の先駆的な一本として知られることになった。バスケットボールの大ファンでもあるリーが自ら演じたマーズというバイクメッセンジャーの青年は熱狂的な「エア ジョーダン」の愛用者。自宅の壁には同モデルのポスターまで貼っている。

「『シーズ・ガッタ・ハヴ・イット』があんなに評判になるとは思いもよらなかったが、とにかくそれは現実に起こった。ある日突然、ぼくはナイキを顧客に持つポートランドの広告代理店、ワイデン&ケネディ社のクリエイティブディレクター、ジム・リズウォルドから電話をもらった」(「スパイク・リーのバスケットボール・ダイアリー」著/スパイク・リー、ラルフ・ワイリー 訳/桂ケイ TOKYO FM出版刊より)

この一本の電話をきっかけとして、リーは1987年に「エア ジョーダン」のコマーシャルを監督することになる。そのCM『MARS & MIKE』は『シーズ・ガッタ・ハヴ・イット』の続編もしくはスピンオフといった内容で、リー扮するマーズが、憧れのマイケル・ジョーダンと共演するといったものだった。

そして1989年、リーはブラック・パワー・ムーヴィーの強烈な一撃『ドゥ・ザ・ライト・シング』を放ち(この傑作にも「エア ジョーダン4セメント」が登場する)、新しいカルチャーを牽引する時代の寵児となる。以降も当然のごとく、多くのリー作品にNIKEのロゴマークがあふれることになった。特にバスケットボールを題材とした『ラストゲーム』(98)――この映画にはマイケル・ジョーダンをはじめ、スコッティ・ピッペン、チャールズ・バークレー、レジー・ミラー、シャキール・オニールといったNBAの偉大な選手たちが本人役で登場する――で、主演のデンゼル・ワシントンが履いていた「エア ジョーダン 13 レトロ」は有名。本作の原題『HE GOT GAME』を受けて「ヒー・ガット・ゲーム」との愛称で呼ばれることになった。また劇中でレイ・アレンが着用した「エア フォームポジット プロ パール」も人気の高いレアモデルだ。
もうひとつ、「NIKEオマージュ映画の先駆的な一本」であり、筆者自身が最初にNIKEのスニーカーを意識した名作を挙げたい。それはタイムスリップSFの金字塔『バック・トゥ・ザ・フューチャー』(85)である。

本作でマイケル・J・フォックス扮する高校生マーティが履いていたのがNIKEの「ブルイン レザー」だ(ちなみにチェックシャツのインナーとしてGAPの赤のポケット付きTシャツを着ていたことも忘れ難い)。そして発明家ドク役のクリストファー・ロイドがデロリアンから降り立つ時に履いていたのが、オレンジ色の「バンダル ハイ」というモデルである。

またさらに「2015年の未来」(!)を舞台にした続編『バック・トゥ・ザ・フューチャーPART2』(89)では、マーティは未来仕様のNIKEのスニーカーを履いていた。この劇中モデルを忠実に再現した「エアマグ」が2011年に限定発売。日本には1足だけやってきて、公開オークションが開かれてなんと220万円で落札された。2016年には自動で靴ひもが閉まる「パワーレース」も搭載された超ハイテクモデルが89足限定で発売されたことも話題に。これなど映画とNIKEが仕掛けた「夢のタイアップ」の最たる好例だろう(もちろん現物を手に入れることは叶わないけども!)。

ちなみに『バック・トゥ・ザ・フューチャー』と同じロバート・ゼメキス監督の『フォレスト・ガンプ/一期一会』(94)で、トム・ハンクス扮する主人公フォレスト・ガンプが何往復も走ってアメリカ横断する際にずっと履いていたのが、古くから愛されるNIKEのモデル「コルテッツ」だった。スパイク・リーとゼメキスというあまり接点のなさそうな2人の映画監督が、共にNIKE愛好者というのは、その人気の圧倒的な幅広さを端的に示しているようである。

ほかにも『ブレックファスト・クラブ』(85)でアンソニー・マイケル・ホールが履いていた青と黄色のランニングシューズ「インターナショナリスト」や、『ターミネーター』(84)でマイケル・ビーンが着用したブラックとシルバーの「バンダル ハイ」は、『ターミネーター:新起動/ジェニシス』(15)でもオマージュ的に再登場していたことなども想い出す。

アニメーションの『スパイダーマン:スパイダーバース』(18)では主人公マイルスが履く「エア ジョーダン1オリジンストーリー」のかっこよさが話題となった。共同監督を務めたロドニー・ロスマンは「周りからは『ナイキからお金を貰ったんだろ』って散々言われるけど、むしろ逆で、われわれから『お金を払ってマイルスに履かせたい』って言ったくらいだよ(笑)」(『WWD』2019年3月11日配信記事/Text by小川陸)とインタビューに答えている。

このようにNIKEのスニーカーが登場する映画は文字通り無数に存在し、自分のささやかな記憶をたどっていくだけでもキリがない。もちろんアメリカ映画だけでなく、例えば韓国映画『サニー 永遠の仲間たち』(11)でも、1980年代後半のソウルで暮らす女子高生たちは洋楽を聴きながら、NIKEのスニーカーやスポーツバッグを愛用していた。

世界中の映画が我々人間の営みの様子を映せば、そこにはライフスタイルに密着したアイテムが自然に登場する。その意味でまさしくNIKEこそ、マーケティングにおいて最も幸福な成功を収めているブランドのひとつであることは間違いないのだ。

文/森 直人