菅田将暉を主演に迎え、1997年に世界中を驚愕させたヴィンチェンゾ・ナタリ監督の密室サスペンス映画『CUBE』を世界で初めて公認リメイクした『CUBE 一度入ったら、最後』(10月22日公開)。このたび本作から、閉じ込められた6人の登場人物を写した場面写真が解禁された。

オリジナルを手掛けたナタリがクリエイティブ・アドバイザーを務める本作は、謎の立方体“CUBE”に閉じ込められた男女6人の姿を描きだす。なんの接点も繋がりもない彼らは、閉じ込められた理由もわからないまま脱出を試みるのだが、そこにワイヤースライサーや火炎噴射などの殺人的なトラップが次々と襲いくる。そして仕掛けられた暗号を解明しなくては脱出不可能な極限状態のなか、徐々に人間の本性があらわれはじめることに…。

解禁された場面写真は全部で6枚。菅田演じるエンジニアの後藤がCUBE内の扉を開け、意を決したような表情で振り返るシーンや、青色の部屋のなかで甲斐(杏)や越智(岡田将生)らが集い、安東(吉田鋼太郎)の話に耳を傾けているシーン。さらに肩に痛々しい傷を負った井出(斎藤工)が後藤の胸ぐらを掴みあげて激昂するシーン。また、なにやら不穏な空気が流れるオレンジ色の部屋のシーンや緑色の部屋のシーンも。

互いの素性を知らない6人が、極限状態のなかでどのような物語を繰り広げていくのか。そして彼らの運命と、謎の立方体の目的とは。新情報が届けば届くほど謎が深まっていく本作。次なる続報に期待しながら、公開の時を待ちたい。

文/久保田 和馬