劇団ひとりが監督を務め、大泉洋と柳楽優弥が共演し若き日のビートたけしの青春を描くNetflix映画『浅草キッド』。同作のの配信日が12月9日(木)に決定し、あわせてティザー映像とティザーアートが解禁された。

芸人としてのみならず、俳優、画家としても才能を発揮し、映画監督としては“世界のキタノ”と呼ばれるビートたけし。彼が作詞、作曲した楽曲と自叙伝、2つの「浅草キッド」を原作に、たけしの知られざる青春時代を映しだす本作。監督、脚本は作家、俳優など多分野で活躍する劇団ひとり。『青天の霹靂』(14)に続いてひとりと2度目のタッグとなる大泉がたけしの師匠、深見千三郎を演じ、柳楽が若き日のたけし(劇中ではタケシ表記)を演じる。

このたび解禁されたティザー映像は、1冊のスクラップブックから始まる。「生まれながらの芸人だったんだ、あの人は」という深見への尊敬の言葉とともにめくられるスクラップの中にはタケシと深見の写真や記事が詰まっている。居酒屋での写真が動きだし「普段ボケねえ野郎が、舞台でボケれるわけねえだろうが!芸人だったら、いつでもボケろ」と常に芸人であろうとした深見の哲学が語られる。真剣に耳を傾けるタケシの姿から2人の絆が感じ取れる映像となっている。またティーザーアートには、浅草フランス座で2人が語りあう姿が切り取られ、古き良き昭和の下町情緒も相まってエモーショナルな1枚になっている。

芸人ビートたけし誕生の予感があふれる映像のワンシーンは、物語の中でどのように描かれるのか?若き日のたけしの姿を通じてほろ苦い青春や、夢を追う者の情熱、人々の温かさを感じさせる『浅草キッド』への期待が高まる!

文/鈴木レイヤ