毎年、北海道夕張市で行われる「ゆうばり国際ファンタスティック映画祭」が、今年は9月16日(木)〜20日(月・祝)の5日間にわたり開催。このたび、同映画祭のオンライン動画配信サービス「Hulu」と映画祭公式サイトでの配信が決定したほか、「グラップラー刃牙」で知られる北海道出身の漫画家、板垣恵介による描き下ろしキービジュアルが公開された。

今年は主にオンライン配信での開催をメインに、応募総数794作品のなかから「ファンタスティック・ゆうばり・コンペティション部門」、「インターナショナル・ショートフィルム・コンペティション部門」、「その他、企画・協賛部門」ごとに優秀作品が決定される。応募製作国は、日本はもちろん、韓国、台湾、スペインなど27か国にも及び映画祭を個性豊かに彩る。

また、本日解禁となった板垣による描き下ろしビジュアルは、映画祭公式キャラクターの「シネガー」と夕張に生息する「メロン熊」が雄叫びを上げて睨みあう大迫力のグラフィックに。開催にあたり、メイン会場としていた宿泊施設が無くなるなど逆境に立たされ続ける本映画祭と、新型コロナウィルスと戦い続ける人類を鼓舞するようなエネルギッシュな仕上がりとなっている。

今回の描き下ろしにあたり板垣は「『凄キャラ』と『凄キャラ』を同じ画面に入れろと板垣恵介に依頼(たの)む。『対峙させろ!!』としか聞こえない…」と語っており、まさにこれまで板垣が描き続けてきた作品のように、いまにも戦闘が始まりそうなビジュアルに心が踊る。

詳しい配信内容や企画内容は調整中のため追って発表されるという。いまだ厳しい状況の続く映画業界だが、キービジュアルに描かれた猛々しいキャラクターたちが、ネガティブな気持ちも吹き飛ばしてくれそうだ。


<コメント>

●板垣恵介(キービジュアル、漫画家)

「『凄キャラ』と『凄キャラ』を同じ画面に入れろと板垣恵介に依頼(たの)む。『対峙させろ!!』としか聞こえない…」

●於保浩之(HJホールディングス株式会社代表取締役社長)

「昨年9月、初めて『ゆうばり国際ファンタスティック映画祭』をHuluでオンライン開催した際、『来年の秋にはコロナ前の日常が戻り、本映画祭も北海道夕張の大地で開催されているだろう』と願っていました。しかし、残念ながらいまだ厳しい状況は変わらず予断を許しません。“我慢”の時が続きますが、少しでも皆様の毎日に楽しい時間が訪れるよう、様々なエンターテインメントをお届けするのが、いま私たちの出来ることではないかと考えています。『Stay Fantastic at Home』で、今年もゆうばり国際ファンタスティック映画祭をHuluでお楽しみください」

文/サンクレイオ翼