神木隆之介主演の平成版『妖怪大戦争』(05)に続き、スケールアップした寺田心主演の令和版『妖怪大戦争 ガーディアンズ』(公開中)でメガホンをとった三池崇史監督。2作を演出した三池監督は、当時、天才子役という名を欲しいままにしていた神木と今作の寺田には、ある共通点を感じたと言う。三池監督に単独インタビューし、「ピュアな心を持った“妖怪”」と表現した寺田の魅力を軸に、その演出術について語ってもらった。

20XX年、列島を南北に縦断する断層、大地溝帯=フォッサマグナから現れた「妖怪獣」が猛威を振るうなか、妖怪たちはそれに対抗すべく、伝説の武神「大魔神」を復活させようとする。ところがそのためには、古代に妖怪ハンターであった渡辺綱(北村一輝)の血を継ぐ者の力が必要だった。やがてその末裔である渡辺ケイ(寺田)と弟のダイ(猪股怜生)は、妖怪獣との大戦争に巻き込まれていく。

■「手加減するわけでもなく、変に守ってあげるわけでもなく、普通に接します」

神木は撮影当時11歳、寺田は12歳と、2人ともまだ小学生だったが、鳴り物入りの大作で堂々主演を張った。「隆(神木)の時もそうでしたが、心くんにも普通の役者として接しました。手加減するわけでもなく、変に守ってあげるわけでもない。そういう意味では、大沢たかおや石橋蓮司など、キャリアを積んできた役者とのやりとりとなにも変わらないです」と、三池監督は彼らを決して子ども扱いしなかったようだ。

「心くんを演出する際にも、大沢さんたちに言うのと同じような言葉を使いますが、すんなり通じます。でも、僕の年齢(60歳)だと、子ども時代のことなんて大昔すぎて覚えていないので、自分なんかが演出するよりも、心くん本人が腑に落ちる芝居のほうがやりやすいと思ったので、そんなに細かい演出はしませんでした。彼が台本をどう読みとり、どう表現していくのかが一番大切だし、現場で共演者から引き出されることも多いので」。

神木は2歳で、寺田は3歳で芸能界入りをしていて、すでにそのキャリアはベテランの域。彼らの共通点については「小さいころから現場でいろんな経験を積んできている点はもちろん、やはり感性が研ぎ澄まされていて、物事に対して敏感です」と感心する。

「例えばテスト撮影が終わったあと本番に行かず、僕が彼らのところに行くと、その時点で彼らはこっちがなにも言わなくても『すいません。わかってます』という感じになります。僕が彼らの芝居に満足してないことを瞬時に悟り、なおかつどこがダメだったのかもなんとなく理解している。そういう意味では、無駄な会話が必要なくて、顔を見ただけで通じあえるから、やっていて本当におもしろいです」。

■「若い俳優を演出する際には、『子役みたいな芝居をしたら許さないよ』と言います(笑)」

神木や寺田は、いずれもオーディションで主演という大役に抜擢されたが「その時代とカチッと歯車が合う子たちは確実に存在しますし、実際に彼らを演出していると、なぜ主演に選ばれたのかという理由が、だんだんわかってきます。彼らは現場で、求められる本来の力を発揮できる人たち。それは運命というか、そういう定めにある人たちで、頑張ってつかんだ主役ということではないんです。もちろん彼らも頑張って努力してはいるけど、頑張る前にすでにつかんじゃっている点が、普通の子役とは違います」という三池監督。

では、寺田を演出する際に気をつけたポイントなどはあるのだろうか。仮に彼らが役を作り込み過ぎた場合、そこを削ぎ落とすような作業をするのか?と尋ねると、三池監督は「若い俳優、いわゆる子どもたちを演出する際に僕はいつも言います。『子役みたいな芝居をしたら許さないよ』と」とおちゃめに笑う。

「やっぱり彼らは、感じ取る力が動物に近いので、そう言うとすぐに理解してくれます。特にアクションシーンだと、カットがかかり芝居を終えた瞬間に、監督やカメラマンがどういう反応をするのか、録音部がどんな感じなのかと、全部ひっくるめて冷静に読み取ろうとするので、僕がジロッと彼らを見るだけでそこも伝わります」。

さらに「そもそも“子役”と言われる彼らは、仕事という意識があまりないんじゃないか」とも捉えている。「もちろんプロですが、大人の俳優たちとは違う意識で参加しているので、現場はおもしろくて楽しい場所であり、そこで自分が能力を発揮することで周りに喜んでもらえることがうれしいんです。誰しも小さいころ、自分がやったことで、親やおじいちゃんおばあちゃん、親戚が笑ってくれると、幸せを感じるのと同じですよね」。

三池監督は、寺田を“妖怪”と表現した理由をこう述べる。「俳優さんは誰しも妖怪チックなところがあるんですが、『妖怪大戦争』シリーズのようにそれなりの予算をかけてやる大作で主演を張るには、彼らを見ていて『妖怪はきっといる』と信じたくなるような説得力が必要だと思っています。そういう意味で、彼ら自身がすごく妖怪っぽいし、すてきな力を持っている。でも、だんだん成長していくと、その能力がなくなっていくというのは、前作『妖怪大戦争』のテーマでもありました。要するにやがて彼らも忖度する大人になっていくということです」。

神木は『妖怪大戦争 ガーディアンズ』にも教師役として出演しているが、三池監督は「現在28歳になった隆にとって、自分の主演映画『妖怪大戦争』がどんなふうに見えているのかはまったく分からない。小学生だった隆や心くんも10年経てば大人になり、あの年齢特有の魅力はもう出せなくなることは当時の僕もわかっていたわけです。だからこそ監督としては、できるだけ本人たちにとって、宝物になるような作品を撮りたいという想いはありました」と優しい眼差しを向ける。

「これを言うと、映画関係者には怒られちゃうかもしれないけど、実は自分が子どもたちと映画を撮る本当の目的は、そこにあります」と告白。「僕は、役者を映画のなかの道具的には見られない。それはほかの作品でも言えることですが、この作品をやって良かったなあと、彼らに思ってもらえるような現場にしたいんです。できあがったものに対する評価よりも、隆や心くんが役者になって良かったと少しでも思ってもらえることのほうが重要です。実際に、そういう目的で作ったほうが作品も良くなる気がします」。

■「大沢たかおさんは、自分の力を120%出せるような役や場所を求めている」

現場では、寺田と共演することで、大人の役者たちも刺激を受けていくという相乗効果もひしひしと感じていたという。「例えば心くんが実際に隠神刑部(いぬがみぎょうぶ)の特殊メイクをした大沢さんと向き合うことで、当然芝居が変わりますが、大沢さんのほうも心くんから普段とは違うなにかを引き出されるんです。むしろ周りの大人たちのほうが影響を受けているかもしれない。普段は大人同士でやっていることが通用しないというか、テクニックだけじゃダメなんだと思い知らされる。それは役者だけじゃなくて、スタッフ陣も感じていたんじゃないかと」。

大沢が演じた隠神刑部は、妖怪バイク“牛鬼”に乗る、豪快な狸の大妖怪だ。大沢は、三池監督作の『藁の楯』(13)と『風に立つライオン』(15)』で主演を務めていて、本作は3度目のタッグとなった。「いろんな状況で、大沢さんがいま、隠神刑部役を演じるメリットがあったのかどうか、僕にはわからないです。ただ、台本のなかになにかを感じとったのかもしれないし、大沢さんの心のなかにある不満や不安、願いといったものと、隠神刑部という役は、どこかで無関係じゃない気もしました。それで引き受けていただいて、いざやるとなったら、大沢さんは全身全霊でやってくれたんです。それは過去に彼と組んだどの作品よりもすごい集中力で、大沢さんはすごく変わったなと思いました」。

大沢は、2016年から2年間の休業を経た復帰後の会見で「メーターを振り切っている、一番挑戦している作品だけをやって、自分の俳優人生を終わろうと決めて戻ってきました」と宣言していたが、本作もそのなかの1本である。三池監督は大沢について「120%でぶつかってくれた」と感謝する。「彼は以前からスターだから、自分に求められているものをわかっていたし、台本に書いてあるものを、見事にやってのけるという印象でしたが、今回は1カット1カットに本気で臨んでいた感じです。それが、周りに対しての真剣勝負だと暑苦しいんですが、大沢さんの場合は自分に対しての勝負だからむしろ爽やかな印象で、僕たちも背筋が伸びるんです。今回は彼に助けられることばかりでした」と、大沢の変化を目の当たりにしたそうだ。

「僕らはプロとして映画に携わっているので、映画の現場も日常の一部ですが、本来は非日常的な空間であるべきです。でも数多く作品を撮っていくうちに慣れてしまい、当然甘えというか、力の抜きどころがわかってきます。でも、大沢さんはそういう生き方が嫌なんでしょう。だからあとで後悔したくないし、120%出せるような役や場所を求めているのではないかと。その迫力はすごかったです」。

撮影終盤ではコロナ禍となり「撮影続行も危ぶまれた状況で撮ったから、スケジュール的にはかなり影響を受けましたし、平時に撮った作品とは違うものになったかもしれない」と言うが「だからといってそこを意識して新たにメッセージを盛り込むことはしなかったし、むしろメッセージ性の強い台詞をわざと削ったくらいです。なぜなら自分自身が、そういう映画を観たいとは思わないから」と述懐。

「なにかメッセージを発するために映画を作るのではなく、やりたいものをやりたいように無心で撮っていくなかで、そこに自然と意味が生まれたらそれでいい。なによりも観た人があとで判断すればいいものだと思っています。ただ、現場ではスタッフも含め、たくさんの人間が同じ方向を見ていたし、それをカメラが押さえたはずだから、きっとなにかが映っているはず。いま日本にいる我々に、勇気を与えてくれる作品にはなったと思います」。

コロナ禍の厳しい状況のなかで制作されつつも、まごうことなきエンタテインメント大作として完成した『妖怪大戦争 ガーディアンズ』。三池監督が語ってくれた「無心で撮っていくなかで、自然と生まれた意味」はぜひ、完成した映画を大スクリーンで観て、確認してほしい。

取材・文/山崎伸子