東映が映像制作会社ブースタープロジェクトと共同で、清水崇監督の最新映画企画の開発に際し「鬼才?奇才!!発掘オーディション」を開催。東映における映画の脚本募集は2000年以降初となる。

清水監督が手掛け注目を集める「恐怖の村」シリーズ。三吉彩花が主演を務め、福岡県に実在する心霊スポットを舞台に描き大ヒットをはたした『犬鳴村』(20)、今年2月に公開され、自殺の名所として知られる富士の樹海で“コトリバコ”の呪いを映しだした『樹海村』(21)、そして先日Koki,の出演が発表され話題を集める『牛首村』(2022年公開)と、同シリーズは、現在までに3作が公開及び情報解禁され、いずれも話題となっていた。

今回のオーディションは引き続きホラーシリーズを生みだすための募集となり、「世界はお前のもの−the world is yours−」をスローガンに新たな才能の発掘を目指すものとなる。120分の長編ホラー映画を想定したオリジナルプロットでの選考が行われ、一次選考通過者はプロデューサー面談が行われる。プロットの作成には「主人公が10代〜20代前後の女性」、「水がある場所が物語に登場すること」などいくつか条件が設けられているため、気になる方は募集要項をチェックしてみてほしい。

ホラーの名手、清水崇と選ばれた脚本家のタッグによって制作が行われる東映ホラー最新作。どんなオーディションになるのか、どんな作品が作られるのか、今後の行方に注目したい!

文/サンクレイオ翼