2004年に「モーニング」で連載がスタートし、コミックスの累計発行部数は全世界で1500万部を突破。日本のワインブームの火付け役となり、過去には亀梨和也主演でドラマ化されたこともある「神の雫」。このたび同作が、山下智久を主演に迎えて多言語ドラマシリーズ「Drops of God/神の雫」(仮題)として実写ドラマ化されることが決定した。

アメリカのレジェンダリー・テレビジョンとダイナミック・テレビジョン、フランス国営放送局グループのフランス・テレヴィジオン、そしてHulu Japanの4社で共同製作をおこなう本作。世界的に有名なワインガイドの創設者でワイン学の権威でもあるアレクサンドルが東京で息を引き取り、一人娘のカミーユは膨大なワインコレクションを相続するために、アレクサンドルの弟子で若く聡明なワイン評論家の遠峰一青と対決することになる。

物語の中心となる完璧主義で聡明なワイン評論家、遠峰一青役を演じる山下。世界約60の国と地域で放送・配信中のHuluオリジナル「THE HEAD」にも出演し、2022年にはハリウッド映画『The Man From Tronto』の公開も控えている山下は、これが海外ドラマ初主演。制作陣からは「多彩で完全なアーティスト。すばらしい俳優であり、一青を演じるに相応しいカリスマ性を持ち合わせている」と高い期待を寄せられている。

また原作では“神咲雫”という男性キャラクターだったカミーユ役を演じるのは『エンジェル、見えない恋人』(16)で主演を務めたフランスの新進女優フルール・ジフリエ。脚本は「マリアンヌ -呪われた物語-」(Netflixで配信中)のコック・ダン・トランが務め、監督は「アブセンシア〜FBIの疑心〜」のオデッド・ラスキン監督。

「Drops of God/神の雫」(仮題)は全8話を予定しており、2021年8月よりフランスで撮影を開始し、その後イタリアや日本で撮影を行う予定。2022年に世界同時放送&配信となり、日本ではHuluにて独占配信される。続報に乞うご期待!

<コメント>

●山下智久
「『神の雫』という壮大であり、繊細な、僕にとってのワイン学のバイブルでもある、この作品に出演させていただく事をとても嬉しく光栄に思います。ワインの魅力や奥深さ、そして人間模様、様々な要素が複雑に絡み合い、成り立つ奇跡を皆様に感じてもらえるよう、真摯に作品作りに向き合って参ります。
自分史上最長期での、海外での撮影ですが、海外チームと心ひとつに同じ気持ちで、より良いものを作れるよう切磋琢磨していきます。そして僕自身も、遠峰一青という役を通して成長できるよう頑張ってまいります。完成を楽しみに待っていてください」

●亜樹直(著者)
「『神の雫』をスタートさせた時、この漫画がワインの本場フランスで翻訳され、ヒットするなど予想だにしませんでした。それがかの国でドラマ化までされることになり、本当に感動しています。しかも神咲雫をフランス人の女性が演じ、遠峰一青を日本の人気俳優、山下智久さんが演じてくれるというではありませんか!作者の私たちも、どのようなドラマになるか、いち視聴者としても楽しみです」

●長澤一史(Hulu チーフ コンテンツ オフィサー)
「3年以上前、本作のプロデューサークラウス・ジマーマンから、『神の雫』を国際的なシリーズとして実写化したい、主人公の一人をフランス人にして、パリと東京を跨ぎ、登場人物も国際色豊かにすることで世界に通用する作品を作るというアイディアを聞かされた時には、思わずその斬新さに胸が高鳴りました。
原作の持つ漫画ならではの、特にワインについての繊細かつ詳細で豊かな表現を実写に蘇らせること、そして全44巻にも及ぶ大作をいかに濃密で見やすい8話のシーズンにまとめるか。脚本をリードするソニアが新しいバージョンのドラフトを書き上げるたびにディスカッションを繰り返し、作品に登場するワインさながらの味わい深い魅力的な人間ドラマとしての脚本が仕上がりました。
さらには、われわれが手掛けた国際共同製作作品『THE HEAD』に出演してくださった山下智久さんに主人公の一人である遠峰一青を演じていただくというアイディアにクラウスをはじめとする主要なメンバーが賛同し、キャスティングの軸ができたことも幸いでした。
Huluでは、これまでに全編日本語の『ミス・シャーロック/Miss Sherlock』、全編英語の『THE HEAD』という作品を海外のパートナーとともに作り上げてきましたが、今回は日本の漫画原作をベースにキャストも言語も国際色豊かな、より踏み込んだかつてない国際共同製作作品ならではの魅力を皆様にお届けできることを本当に楽しみにしています」

文/久保田 和馬