ヨーロッパや北欧、アフリカ大陸などで製作された映画たちは、ハリウッド大作と比べると多くの観客に観られる機会に恵まれているとは言えない。その国ならではの風習やトリビアを知れば、もっと映画を楽しめるはず。世界各国の良作映画をピックアップする企画で今回取り上げるのは、デンマークが舞台のデンマーク語による正真正銘のデンマーク映画『アナザーラウンド』(9月3日公開)だ。

本作は“北欧の至宝”と称されるデンマークの名優、マッツ・ミケルセンがカンヌ国際映画祭男優賞に輝いた『偽りなき者』(12)に続いて、再びトマス・ヴィンターベア監督とタッグを組んだ最新作で、今年の4月末に行われた第93回アカデミー賞授賞式で国際長編映画賞に輝いた。冴えない高校教師のマーティン(ミケルセン)とその同僚で親友の3人が、「血中アルコール濃度を常に0.05%に保つと仕事もプライベートもうまくいく」という理論を証明しようと自らが被検体となって実験する姿を、ユーモラスかつビターに描いていく。

■16歳でも飲酒OK!?日本では考えられないデンマークのアルコール事情

まずはデンマークのアルコール事情から簡単に説明しておこう。実はデンマークの法律に飲酒に関する年齢制限はないというから驚きだ。さらに、ビール、ワインといったアルコール度数16.5%以下の酒類なら16歳から店頭で購入でき、18歳になればどんなお酒も買えるようになるだけでなく、レストランやバーで飲酒することも許されている。また、物価が日本の倍はすると言われるデンマークだが、酒の値段は安く、ペットボトルの水より安いビールも存在するほど。

そのような背景もあり、デンマークには酒好きが多いと言われ、10代の頃から酒に親しみながら大人になっていくようだ。劇中でもマーティンに「1週間の飲酒量は?」と聞かれた教え子が、「週に3〜5日で、多ければ合計で50〜55杯」と回答している。授業中に教師が生徒に飲酒について質問していることにも驚きだが、その量が半端ないところも、さすが“ヴァイキングの国”と言ったところ。

デンマークの酒と言えば、ビールブランド「カールスバーグ」が日本でも定番化しているが、劇中では様々な酒類が登場する。仲間の誕生日を祝うために集まったマーティンらは、シャンパンにウォッカ、ワインを堪能し、マーティンも授業前に(!)ウイスキーなどを流し込み。自宅でも、寝起きから冷やしたウォッカを炭酸水と氷で割ってぐびぐび。さらに、バーボンや苦味酒ペイショーズビターズを使って、“世界最古のカクテル”とも言われている強烈な「サゼラック」を作り、皆でがぶ飲みするシーンも登場する。酒好きの国らしく、ラインナップが豊富なのも本作の見どころの1つだ。

■「血中アルコール濃度が0.05%」の理論はやっぱり正しい?酒によって歴史が変わっていた可能性も

本作で実践される定説はノルウェー人哲学者のフィン・スコルドゥールが主張したもので、その根拠は「人間は生まれつき血中アルコール濃度が0.05%不足している」からだそう。マーティンたちは学校での授業に意義を見いだせず、家族との関係もどこかギクシャクしている。そんな現実を打破するために実験を試みるのだ。

特に歴史の教師であるマーティンは、保護者や生徒からクレームをつけられるほど授業がつまらないと言われていたが、飲酒をきっかけに、生徒たちの歴史への好奇心を呼び起こすような独創的な授業を実施。これが生徒たちからの好評を得たばかりか、すれ違いが多かった妻との関係も改善していく。

実際、「老人と海」などのアーネスト・ヘミングウェイは、毎日夜8時まで飲んでから執筆し、数々の名作を残したことが本編でも語られている。また、第二次世界大戦下でイギリスの首相を務めたウィンストン・チャーチルも寝る前に浴びるほどの酒を飲んでいたとか。クリストファー・ノーラン監督の『ダンケルク』(17)でも描かれた民間船を使った兵士たちの撤退作戦を要請した際も、もしかするとチャーチルは飲酒していたかもしれず、酒がなければいまとは違った歴史があったのかも。

ここまではポジティブな面に言及してきたが、もちろん飲みすぎには注意が必要。劇中でも、「血中アルコール濃度を上げればもっと人生が良くなるのでは?」と考え始めた4人が徐々に酒の量を増やしてしまう。当然、飲みすぎれば自我のコントロールは失われて周囲に迷惑をかけるばかりか、アルコール依存症になってしまう恐れも。そんな酒の危険な部分も本作は教えてくれる。

■アカデミー賞でも話題となったトマス・ヴィンターベア監督の感動スピーチ

3つ目のトリビアは、ヴィンターベア監督とミケルセン、それぞれの娘との絆やつながりについて。本作の撮影4日目、ヴィンターベア監督の19歳の娘、アイダが交通事故で亡くなってしまう。彼女はマーティンの娘役で映画デビューする予定だったが、その夢を目の前にしての悲劇だった。

アカデミー賞の授賞スピーチでは、ヴィンターベア監督が関係者への謝辞を述べたあと、亡き娘への想いとミケルセンへの想いを言葉にしている。「キャスト全員がこの作品のために心を砕き、すばらしい演技をしてくれました。もちろん、マッツ・ミケルセンには特別な感謝の言葉を贈りたいと思います。映画のためだけではなく、私の娘のためにも最高の演技をしてくれました。アイダ、たったいま、奇跡が起きたよ。そして、君もこの奇跡の一部だよ」。彼のスピーチでこの出来事を知り、悲しみを乗り越えての撮影、父から娘への愛の深さに心を打たれたという人も多いはず。

一方、ミケルセンと彼の娘との不思議なつながりは、本作のラストシーンを飾る楽曲「What A LIfe」を演奏するデンマークのバンド、スカーレット・プレジャーに起因する。娘の高校時代、パーティ終わりの彼女をよく車で迎えに行っていたミケルセンは、2度ほどビールケースを抱えてベロベロに酔っぱらった同級生の青年も送り届けていたという。彼こそがこのバンドのボーカル、エミル・ゴルで、その事実を娘から聞いたミケルセンは、「あの時のあいつか!」と思わず笑ってしまったとか。

普段はあまり観ない国の映画に触れることが、その国の生活や文化を知りたいと思うきっかけに。そして、新たに得た知識で作品を観返せば別の発見もあるかもしれない。そうやって映画を観る楽しみは積み重なっていく。とにかく登場人物たちが酔っぱらいまくる『アナザーラウンド』だが、撮影では全員シラフで、あらかじめ撮っていた自分たちの酔った姿を研究しながら演技していたという。そうして生みだされた名演や作品に込められたメッセージも感じながら、ぜひ本作を劇場で堪能してほしい。

文/平尾嘉浩