1968年から翌年にかけて3作立てつづけに公開された昭和の「妖怪三部作」と、平成を代表する天才子役・神木隆之介が主演を務めた『妖怪大戦争』(05)。時代を超えて語り継がれてきた“妖怪”の物語が、令和の時代にさらにスケールアップして描かれる『妖怪大戦争 ガーディアンズ』(公開中)。前作に引き続き企画段階から携わった妖怪研究の第一人者、荒俣宏は本作について「妖怪映画のヌーヴェルヴァーグであり、日本の妖怪というものを意識し直すひとつのベースとなる作品です」と高らかに宣言する。

『妖怪大戦争 ガーディアンズ』の物語は、寺田心演じる気弱な小学生の渡辺ケイが、廃校の神社で真っ赤なおみくじを引いたことをきっかけに、妖怪の世界へと迷い込むことから幕を開ける。突如としてフォッサマグナに眠る古代の化石たちが結集し、巨大な妖怪獣へと姿を変えたことで、日本の妖怪たちは大慌てに。このままでは“あのお方”が封じられた結界が破壊されてしまう一大事になってしまうと察知した妖怪たちは、封印された大魔神を目覚めさせ、妖怪獣を迎え撃つ奇策を思いつく。そこで、大魔神を復活させる力を持つ妖怪ハンターの末裔であるケイに白羽の矢が立つことに。

■「“裏日本書紀”のようなものが作れるのではないかと考えました」

「これまでの妖怪映画は、京都をはじめとした妖怪の有名な産地がクローズアップされることが多かった。けれど本作では関東全般、特に所沢がある武蔵野と呼ばれる地域を描きたかったのです」と、昨年オープンした角川武蔵野ミュージアムがある所沢市周辺エリアを盛りあげることが企画発足時のねらいであったこと明かす荒俣。そして「この場所と妖怪文化との間に大きな関係があるという発見ができればいいなと思いスタートしたのですが、いざやってみると色々とおもしろい事実がわかってきたのです」と笑みをこぼす。

それは劇中の重要なキーワードとなっている“フォッサマグナ”によって、所沢がある武蔵野、関東平野は数千年前までかなりの部分が海の底に沈んでいたという事実だ。「そこから長い年月をかけて平野が形成されて、一方3万年くらい前からは人が住み着くようになりました。旧石器時代からいたんですよ」と解説する。「たとえば『日本書紀』に描かれているように、出雲平野ができたことで国生み神話の源となった。そこから人間と妖怪のお付き合いの歴史が始まったのですから、武蔵野平野もそんな国生みの場所なのではないかと思ったのです。そうしたら、“ダイダラボッチ”の発祥地であることがわかったのです」。

「しかも旧石器時代の遺跡が最初に発見されたのは関東ローム層であり、縄文文化の研究も品川の貝塚から始まっている。つまり日本国生みの考古学的な物証は関東平野を中心に見つかってきた歴史があり、武蔵野平野から古代の日本文化を展望することができる場所なのだと、ぼく自身も実感できたのです。なのでこの『妖怪大戦争 ガーディアンズ』から、“裏日本書紀”というか、太平洋岸の古代史のようなものが作れるのではないかと考えるようになりました」と、饒舌に本作のバックグラウンドを明らかにした。

■「『大魔神』は、妖怪映画において岡本太郎の出現に比すものです」

『妖怪大戦争 ガーディアンズ』の大きな見どころとなっているのは、大映特撮映画の代名詞として世界的な人気を誇る「大魔神」が、『大魔神逆襲』(65)以来実に55年ぶりにスクリーンにカムバックを果たしたことだ。リアルタイムで「大魔神三部作」を見届けている荒俣は「大映が『大魔神』を作った当時、関係者も観る側も気づかなかったかもしれませんが、じつは後世に妖怪史の新芽を残すものになるのではないかという印象を、今度のことではっきりと抱きました」と振り返る。

「大映当時はいまと違って、縄文時代や古墳時代の話はまだまだ未開の状態だったので、子どもたちにとってもまったく関心の的ではなかったのです。大魔神という存在は古墳時代のシンボルであり、ヤマト朝廷が始まって以降の時代における祟り神が平将門だったとすれば、それ以前は武神様がその役割だったといえます。それまでの妖怪物は江戸以降のキャラクターで楽しむものが多いなか、一気に古墳時代まで遡ったというインパクトがすごかった。当初は単なる“古代の妖怪”としてのイメージでしたが、それだけじゃないのだと後講釈でどんどんわかってきました。世界はもうすでに出来上がっていると思っていたけれど、そうではなかった。人間も昔の生物と繋がっていて、その大元には生命の源のようなものが存在している。それをどんどん遡っていくスリルを大魔神が教えてくれたのです。その価値に、公開当時は誰も気付けなかったでしょう。大映の『大魔神』は進化論におけるダーウィンであり、大魔神は妖怪映画における岡本太郎の出現に比すことができるのです」。

■「知恵を使うことは、とてつもなく恐ろしいこと」

大魔神について熱弁を振るった荒俣は、さらに本作が従来の妖怪映画と異なるスタンスを持った作品であることをアピールする。その大きなポイントとなっているのは、ケイを導く妖怪である杉咲花演じる“狐面の女”と、日本の妖怪たちの計画を阻止しようとする大沢たかお演じる“隠神刑部(いぬがみぎょうぶ)”。そして赤楚衛二演じる“天邪鬼(あまのじゃく)”だ。

「日本における妖怪のシンボル的存在となってきたキツネとタヌキを物語のメインに据えることが、今回ぼくが望んでいたとても大きな要素でした。初めは製作陣も皆微妙な反応をしていましたが、できてみたらこれまでキツネや狸の妖怪映画が盛んに作られてきた理由がよくわかりました。やはり一番感情移入しやすい異界の仲間なのだと。人間の生活のなかで最初に出会う、よくわからない存在は野生動物でしたからね」。

つづけて天邪鬼についても言及する。「我々が子どもの頃、キツネとタヌキの次に有名だったのが天邪鬼でした。人間と妖怪のお付き合いにおける基本的な方法論を身に付けた天邪鬼は、どちらの味方にもつかない中間の存在であり、どちらにも嫌われて孤立してしまう。本作でも友だちもいなくて誰も信じない、話してもイエスノーをあべこべに言います。『旧約聖書』でアダムとイブが自分の知恵を使ったばかりに楽園を追放されたように、知恵を使うことはとてつもなく恐ろしいことです。天邪鬼はイエスノーを通して自分で考える苦しみや、楽園にいられない苦しみを体現するキャラクター。これまでの妖怪映画にあまり出てこなかった天邪鬼をメインに据えたのは、我々人間が知恵を使って色々変えていったことが、現在のコロナ禍での困難と希望につながっているのだと考えることができるからです」。

最後に荒俣は、前作の『妖怪大戦争』で主人公の少年を演じた神木隆之介が演じている加藤先生についても触れる。名前で示唆されているように、荒俣の代表作である「帝都物語」に登場する魔人・加藤保憲との符号を感じずにはいられない。「また“加藤さん”を出すというのも少々恥ずかしいのですが」と照れ笑いを浮かべながら、「でも大きな役割を持つ加藤先生が物語のラストにサジェスチョンを与えることで、『これからまだなにかあるのだろう』という含みを持たせています。加藤先生だったり、劇中で言及される“あのお方”だったり、まだ切り札が用意されているのです」と、物語が続いていくことを視野に入れていると明かす。

「いままでの妖怪映画が江戸時代や『日本書紀』まで遡るものだったことを考えれば、今後はさらに縄文時代や先史時代の妖怪まで話を拡げていくことにも、興味を惹かれますね」と、まだまだパワーアップの余地を持つ物語の行く先に想いを馳せ、目を輝かせていた。

取材・文/久保田 和馬