柏葉幸子の小説を映画化した長編アニメーション『岬のマヨイガ』の初日舞台挨拶が8月27日に新宿バルト9で開催され、芦田愛菜、大竹しのぶ、粟野咲莉、川面真也監督が登壇。自身と同じ年齢である17歳の少女ユイ役を演じた芦田が、「学校で友だちと他愛もない話をしている時間がすごく楽しい。そんな時間があるって、すごく幸せなことなんだなと改めて実感しました」と本作を通して感じた“小さな幸せ”について語った。

本作は、居場所を失った少女ユイ(芦田)が辿り着いた古民家“マヨイガ”で、血の繋がりのない新しい家族たちと不思議で温かな共同生活を紡いでいく姿を描くノスタルジック・ファンタジー。声を失った8歳の少女ひよりを粟野、ふしぎなおばあちゃんのキワさんを大竹が演じている。

好きなシーンについて聞かれた芦田は、「縁側で、ひよりとキワさんとユイの3人で味噌おにぎりを食べているシーン」とにっこり。「(3人とも)くだらない話で盛り上がって、笑い合っている。そんな姿がまさに“小さな幸せ”なんだなと。そういう幸せが身近にある日常ってすてきだなと感じた。私自身、学校で友だちと他愛もない話をしている時間がすごく楽しくて。そんな時間があるって、すごく幸せなことなんだなと改めて実感しました」としみじみと語っていた。

河童や座敷童といった不思議な存在も登場するが、芦田は「河童と一緒に川遊びをできたら楽しいだろうな」と妄想を繰り広げ、大竹も「私も河童に会ってみたい。座敷童とも話してみたい」、粟野も「座敷童がちょこちょこ動く感じがかわいい。劇中で、ひよりちゃんと座敷童が花火をするシーンがある。私も座敷童と仲良くなって、花火をしたい」と3人で笑顔を見せ合っていた。

また忘れられない夏の思い出やエピソードを聞かれるひと幕も。芦田は「夏といえば、“浴衣を着て花火”というイメージ」と口火を切り、「来年はみんなで浴衣を着て、線香花火大会をできたらいいなと思います。今年の夏はなかなか難しかったので、来年はなにかできたらいいな」と希望を吐露。

大竹は、子どもの夏休みの自由研究が思い出深いそうで、「娘が小学生くらいの時に『なにをするの』と聞いたら、『心霊スポットめぐりをしたい』と言って。一緒に東京の心霊スポットを調べて、あまりそんなことやっちゃいけないんですが、娘がその前で立って、私が写真を撮って、それを模造紙に貼った」と驚きの告白。これには周囲も大笑いだったが、大竹は「自由研究としては『遊び半分でこういうことはしてはいけないということがわかりました』というまとめ。(心霊写真は)1枚も写っていなかったです」と楽しそうに話していた。

取材・文/成田 おり枝