直木賞作家である佐藤正午の同名ベストセラー小説を映画化した『鳩の撃退法』の初日舞台挨拶が8月27日に新宿ピカデリーで開催され、藤原竜也、土屋太鳳、風間俊介、豊川悦司、タカハタ秀太監督、サプライズゲストとして主題歌を担当したKIRINJIの堀込高樹が登壇。映画のタイトルにちなみ、キャスト陣が超特大の特製“鳩落とし”にチャレンジして会場を盛り上げた。

小説と現実、過去と現在が交錯しながら、主人公の天才作家、津田伸一(藤原)が書いた制作途中の新作小説を巡る物語が展開する本作。藤原が「客席半分(の収容)ということで、ちょっとさみしい感じもしますが、来ていただいて本当にありがとうございます」と挨拶。「豪華なキャストで、お客さんを一瞬にして、小説や映画の世界に引き込むようなオシャレな映画を監督が撮ってくれた」と晴れやかな笑顔を見せていた。

この日は映画のタイトルにちなみ、“だるま落とし”ならぬ、“鳩落とし”に挑戦することになった。一番上に乗った鳩のフィギュアを落とさないように、大きなハンマーを振り上げたキャスト陣。藤原が飛ばした台座は風間に当たりそうになり、みんなで大笑い。土屋は危うい場面もありながらも見事に振り抜き、続いて風間、豊川、再び大トリを務めた藤原も大成功。全員で力を合わせて、無事に鳩を“撃退”してみせた。

また映画の見どころを聞かれた土屋は、「本を読んでいる男性の姿がすごく好き。個人的には眼福でした」とにっこり。「伏線でできているような作品で、謎のミルフィーユが何層もある」とミステリアスな展開を楽しんでほしいという。

風間も「みなさんが体験したことがない映画になっている」とアピールし、豊川は「藤原くんを軸に、オールスターキャストが演技合戦を繰り広げている。かなり楽しめるんじゃないか」と自信をのぞかせつつ、「富山の現場は、竜也くんが毎晩飲みに行っていました。(お店に)行くと必ず、『ここは藤原さんの行きつけの店ですよ』『昨日は藤原さんがいらっしゃいました』と言われる。それが4、5軒あった。たぶん全部の店に行っているんだろうな」と楽しそうに藤原の行動を暴露。藤原は「制覇しました!」と声を弾ませていた。

取材・文/成田 おり枝