「テニスの王子様」と言えば、「週刊少年ジャンプ」で1999年の連載開始から人気を博し、アニメ化やゲーム化、数多くのキャラクターソングのリリース、さらにミュージカル舞台化など、多くのメディアミックスが展開された作品だ。2008年の連載終了からほどなく、2009年には続編となる「新テニスの王子様」も「ジャンプSQ.」でスタートし、驚かされた読者も多いだろう。

2001年のアニメ化から10月で20年の節目を迎える2021年、完全オリジナルストーリーの新作となる劇場版『リョーマ! The Prince of Tennis 新生劇場版テニスの王子様』(以降:『リョーマ!』)が9月3日より公開となった。本作は全編3DCGによるアニメーションで製作されており、これだけでも驚きだが、ストーリーは全国大会後、武者修行のため渡米した越前リョーマ(声:皆川純子)が父、越前南次郎(声:松山鷹志)の現役時代のアメリカへタイムスリップしてしまうという展開!まさに驚きの連続なのだ。

今回は原作、製作総指揮として本作を手掛けた許斐剛と、アニメで主人公、越前リョーマを演じる皆川純子の対談が実現。本作の見どころやこだわりポイント、さらにお互いへの質問タイムも交えて盛り上がった現場の模様をお届けしたい。

■「シリーズ初の3DCG作品。許斐先生が作るなら心配ない、と楽しみにしていました」(皆川)

――『リョーマ!』の製作が決まったのはいつでしたか? その頃から3DCGで作ることは決定していたのでしょうか。

許斐「乾のデータによると今日(取材日)が8月21日なので、5年6か月18日前です(笑)。2016年の1月に開催した私のライブで、キャラクターたちをVRにして舞台上で一緒に歌唱するという挑戦をしたのですが、それを見てくださった関係者の方から『このキャラクターたちを使って映画にしませんか』と声をかけていただいて。いままでのアニメと違って3DCGでの映画制作をさせていただけるとあれば、これまで『テニスの王子様』を見ていない人にも作品を届けたいという想いがずっと心のなかにありましたので、単なる続編ではなく原点に立ち返り、主人公であるリョーマのかっこよさを全面に押しだした作品にしたいと思いました」

皆川「『3DCGです』と聞いた時は、正直不安もありました。私自身、長く2Dアニメでリョーマを演じてきているし、慣れていないものにはどうしても不安を感じてしまうものだし。でも、許斐先生が製作総指揮でしょう?先生が作ったお話で3DCGになるというなら、私が心配するまでもなく、誰が作るよりも『テニスの王子様』だし、新しいものが見られる!楽しみにしていよう、と不安な気持ちがなくなりました」

――今回の作品では父であり元プロテニスプレイヤーである南次郎へのリスペクトが感じられました。

許斐「リョーマにとって、現役時代の南次郎は一番の憧れ。その2人を出会わせるには、タイムスリップしかない。それならこの映画でやりたいと思いました」

■「クールなリョーマが大切な人たちを命がけで守る。熱い部分を見せてくれる作品です」(許斐)

――皆川さんは、3DCGのリョーマを演じる際に意識したことはありますか?

皆川「いつも通りでしたね(笑)。ただ、台本を読んで感じたのは、『リョーマ、すごいしゃべるな』ということ(笑)。いつもは周りのキャラクターたちが説明してくれるから、彼が3行以上しゃべることってほとんどなかったんですよ。だから、こんなによく話すリョーマは新鮮でした。でもきっとリョーマは寡黙なわけじゃなくて、テニスを離れた日常の場面ではこんな感じなんじゃないかなって」

――リョーマはクールな面が強調されがちですが、熱い面もすごくありますよね。

許斐「熱いです。そして、困っている人がいたら放っておけないタイプです。『リョーマ!』は一人の少年が友達や仲間、大切な人たちを命がけで守る物語。リョーマのカッコよさを存分に感じてもらえるよう、ストーリーを考えていきました」

皆川「一見、クールなだけで、いままで現れてこなかった熱い部分が出てきたというか。何気ない優しさを見せてくれるシーンも多いですよね。私も新鮮に演じられたし、ファンの皆さんにとっても新鮮に映るんじゃないかなと思います」

――同級生の竜崎桜乃とのシーンも印象的でした。

許斐「桜乃とリョーマが敵に追われて廃墟の教会に逃げ込み、そこで時を過ごすシーンがあるのですが、そこは製作当初からすごくこだわっていて、神志那(弘志)監督に細かく演出について相談していました」

皆川「教会でのシーン、いいですよね!すごく甘酸っぱい気持ちになりました。桜乃ちゃんの新しいヘアスタイルも新鮮でしたね」

――『リョーマ!』は随所に挿入されたミュージカルのようなシーンやダンスも見どころですね。お気に入りの曲はありますか?

皆川「さっきお話に出てきた教会でのシーンで流れる『peace of mind〜星の歌を聴きながら〜』は、いままでに見たことのないリョーマが満載のシーンだったので印象に残っています。一番好きなのは『世界を敵に回しても』! この映画のクライマックスで流れる曲で、疾走感やすがすがしさにあふれていて大好きです」

許斐「『テニスの王子様』のキャラクターソングは900曲以上あるのですが、すごくバリエーションに富んでいます。今回の作中でもロックやバラード、ラップ…。多くの人の心に印象に残ってほしいので、いろんなジャンルの曲を作りました。『テニスの王子様』は、音楽とともに歩んできた作品でもあるので、作中の音楽をきっかけにして、この作品をもっと知ってもらえたらすごくいいなと思います」

■「普段、リョーマの声は出したりするの?」(許斐)「出しません!(笑)」(皆川)

――連載22年、アニメ化から20年、原作者と主人公を演じる声優として長く関わってこられたお2人ですが、お互いに聞いてみたいことはありますか?

許斐「なんでも聞いてください(笑)! O型で、かに座で…」

皆川「知ってます…(笑)」

許斐「皆川さんに聞いてみたいのは、普段の生活でリョーマの声で話したりすることがあるのかどうか。例えばインターホンが鳴って応対する時など」

皆川「『…チーッス(リョーマの声色で)』みたいなことですか(笑)?やらないですよ! なんだこの人って思われちゃう(笑)。でも、何気なく発した声が『いまの、すごくリョーマだね』って家族から言われることがあって。それくらい自然に出るようになっているのかもしれません」

許斐「やっぱり20年も演じていると、しみ込んでいる」

皆川「私から先生に聞きたいのは、今後のテニプリ…。でも、終わりなんて考えたくない! やっぱり聞きません(笑)」

許斐「ストーリーはだいぶ先まで考えていますよ。でも、世のなかはどんどん変わるので、その時々に『物語が面白くなるぞ!』と感じたものがあると思うので、きっと一筋縄では行かないと思います」

――リョーマとのお付き合いもまだまだ続いていきそうですね!

皆川「やった!(笑)」

■「ファンの皆さんの喜ぶ顔がなによりも嬉しい。しっかり描くことで恩返ししたい」(許斐)

――長く続いてきた「テニスの王子様」シリーズ。改めて、お2人にとってどんな作品になっているかをお聞きしたいです。

皆川「この質問を受けることは多いですが、いつも言葉では表せなくて…。許斐先生が『テニスの王子様』を、越前リョーマを生み出さなかったら、私の人生はまったく違ったものになっていたんですよ。声優人生、いまとなっては“人生とともにあるもの”という感じ。一緒にいるのが当たり前の、家族のような存在かもしれません」

――私のようないち読者にとっても、人生で一番影響を受けたと感じる作品です。

許斐「漫画家という裏方の仕事をしているなかで直接そういう声を聞けることがやっぱりうれしいです。皆川さんに『人生とともにある』とまで言ってもらえると、やはり連載を続けてきてよかったなと感じます。連載を始めて22年が経ちますが、一時期は『新しい作品を作りたい、『テニスの王子様』と両輪で連載をやってみたい』という気持ちが強くなった時期もありました。しかし、『テニスの王子様』をしっかり描き上げてファンの皆さんに伝えていくことに集中しようと思えるようになってから、作品もファンの皆さんの反応もさらに盛り上がったと感じられて…。いつも皆さんが応援してくれて、今回の劇場版でも私だけじゃない、スタッフの皆さんが頑張ってくださっていることに感謝しています。『テニスの王子様』という作品を描くことが私にできる皆さんへの恩返しであり、一番喜んでもらえること。私にとっても『テニスの王子様』は人生ですね。まだまだ続いていく人生です」

取材・文/藤堂真衣