『ヒメアノ〜ル』(16)や『BLUE/ブルー』(21)など、登場人物を丁寧かつリアルに描き、人生に差し込む光と一方に存在する暗部を浮き彫りにしてきた吉田恵輔監督。そんな彼の最新作『空白』が9月23日(木・祝)より公開される。ある女子中学生の交通事故死が、その家族や関係者たちの人生に影を落としていく様子を重厚に描く本作には、

「エンドロールが終わってから涙が出たのは初めてです。あってもいいところに、台詞がないところもすごいなと思いました。自分の信じたことを信じようと思っていたけれど、その芯が揺らぎました。でも、最後にまたそっと手を握られたような気がしました」(30代・女性)
「一言では言えないからとにかく観て!」(30代・女性)

といった熱い声が多く寄せられている。ここではMOVIE WALKER PRESS独占試写会でひと足早く鑑賞した映画ファンの生の声と共に、魅力をひも解いていきたい。

■自分が登場人物の立場だったら…と考えさせられる物語

スーパーで万引きの疑いをかけられた女子中学生の花音(伊東蒼)は、追いかけてくる店長の青柳(松坂桃李)から逃れようと車道に飛び出したところ、車に轢かれて帰らぬ人となってしまう。花音の父である添田(古田新太)は、娘の無実を信じて疑わず、青柳をはじめとする関係者たちを追い詰める狂気のモンスターと化していく。このショッキングな事故をマスコミはワイドショーネタとして過剰な報道で取り上げ、青柳が過去に犯罪歴を持っているなど、尾ひれの付いた誹謗中傷が拡散。世間の批判に晒された青柳はどんどん心を病んでいき…。

ヘビーすぎる出来事に、登場人物の誰もが心に深い傷を負い、人生のどん底へと突き落とされていく。あまりに悲劇的でありながらも誰しもに起こり得るようなストーリーゆえに、登場人物を自分に置き換えて考えたという観客も多かったようだ。

「自分自身が登場人物の立場に立たされたらどうするんだろうと考えました。できることなら人を攻撃せずに、人を許せるようになりたいと。そしてもう少し生きやすい世界(SNSやメディアを含め)になってほしいなあと思った」(30代・男性)
「交通事故を起こしてしまったらどうしたらいいんだろうかとか、自分だったらどうしたらいいんだろうと考えさせられた」(50代・女性)

これらに加えて多かったのが、親目線での感想。添田は、内気な花音の言葉に耳を貸さず、威圧的な態度で叱りつけるばかりのダメな父親。父と娘の2人で暮らしていたにもかかわらず娘のことをまったく理解していなかったことを、事件を通して突きつけられていく。

「子への接し方について考えさせられる」(30代・男性)
「子どもを持つ人なら絶対にどこか共感というかそういうのがあると思う」(10代・女性)
「人の気持ちを思いやれる、話を聞いてあげられる親になりたいと思った」(40代・女性)
「“あなた、あの子のなにがわかってるの?”という台詞にハッとした」(50代・女性)

親は子どものことをなんでも知っている、という自負が崩されていく様子は、観客の心に深く刺さったようだ。

■俳優たちが紡ぎ出す圧倒的なリアリティ

どん底へと突き落とされた人間がそこから再生していく姿を通し、罪と赦しについて問いかけていく本作を成立させているのが、役者たちの圧巻の演技。「息する暇もないほど、出演者の演技に引き込まれました。ずっと泣いてました。もう一度観たい。キャスト全員すばらしかったです!いま、放心状態で上手く書けず、すみません」(40代・女性)など、興奮を隠しきれないような言葉も届いている。

なかでも印象的だったという言葉が多く向けられたのは、やはり主演の2人。娘の事故死に関わった人間たちを、罵声と凄みで追い詰めていく怪物的な一面を覗かせたかと思えば、徐々に心変わりをしていく繊細さも兼ね備えた古田に対しては、

「古田さんの迫真の演技、シワ1本1本がすごく印象的でした。今年の主演男優賞きまりです!」(40代・女性)
「古田新太にズタボロにされる…」(30代・男性)
「古田新太さんの狂い具合が見ていてすごいと思いました」(10代・女性)

と、「打ちのめされた」という率直な反応が多く届いた。

そんな古田演じる添田に執拗にまとわりつかれ、徐々に疲弊していくスーパー店長の青柳を体現した松坂に対しては、「見ていて心が痛かった」などの意見が並んでいる。

「被害者なのか加害者なのか。揺れ動く心情が伝わった」(30代・男性)
「松坂さんが、やせ細り、追い詰められていく過程に見応えありました」(40代・女性)
「追い詰められ、自分の気持ちがわからないという心情が、胸に迫るものがあった」(30代・女性)

■物語に厚みを与える共演陣に注目するコメントも

また、脇を固める人物のなかで強烈な存在感を示していたのが、スーパーで働く草加部(寺島しのぶ)だ。正しさという価値観を信じ、弱っていく青柳を支えようとする反面、他人にも善意を強要するような危うさも帯びたキャラクター像に

「店長を献身的に支える反面、つらさを抱える女性の演技がすばらしかった」(30代・女性)
「寺島しのぶさんは強烈でした(笑)」(40代・女性)
「こんな人いるなと思った」(50代・女性)

といった声が寄せられており、多くの人が彼女の演技からリアリティを感じたようだ。

さらに、漁師である添田の船で働き、半人前であることで叱られてばかりいる野木を演じた藤原季節に注目したコメントも多く届いている。

「台詞の言い回しが印象的だった」(10代・女性)
「作品のなかで彼が一番輝いて見えた。人が人を救えると思った」(10代・女性)
「シリアスなシーンが続くなかで、季節さんのような方がいると雰囲気が変化する」(30代・女性)

このほか、「添田に対していろいろ言いつつも、彼を気遣い寄り添っているのが印象的だった」(30代・女性)といった、野木と添田が築いている形容のしがたい唯一無二の関係性に触れるものも多く見受けられた。

■『空白』というタイトルが意味するものとは…

他人への不寛容など現代社会に横たわる様々な問題が内包されており、それゆえに観客の心をえぐるような作品として仕上がっている『空白』。このタイトルに言及するような意見も多く届いている。

「『空白』というタイトルから想像していた物語とは全然違った印象で、空白を埋めるためにとてつもない感情が詰め込まれていて、考えはなかなかまとまらないけど、自分なら?を常に考えるような作品だったと思います」(30代・男性)
「言葉というのは時に空白を生み、時に空白を埋めるものだと改めて思いました」(30代・女性)
「作品をすべて観終わり、改めて『空白』というタイトルに感動しました。とてもすてきな作品でした」(30代・女性)

事故を機に心にぽっかりと開いてしまった穴なのか、失うまで気づかなかった父と娘の距離なのか、それとも空虚な日本社会自体を指しているのか。タイトルにまで観客の興味が注がれているということも、本作にはなにかを訴えかけてくるものがあると言えるだろう。

「答えなど分からないけどずっと考えてしまう、熱量のある映画でした」(20代・女性)
「負のパワーが強烈で、だたこれも現実で。なにが救いなのかずっと考えていたけど、その一つは時間なのかなと思った。ただ、それを認識できるのかも状況次第。いろいろ考えさせられる作品でした」(30代・男性)
「善と悪にカテゴライズしない、それぞれの信条や正義がぶつかる傑作だと思いました」(20代・男性)

といった言葉が示しているように、二元論的な考えで答えが見つかるほど単純ではなく、理不尽でつらいが希望もある、そんな複雑な人生と向き合わされる『空白』。様々な分断がより進み、空白が生じている時代だからこそ、観る意味がある作品なのかもしれない。

文・構成/サンクレイオ翼