ムロツヨシが映画初主演を飾った『マイ・ダディ』(9月23日公開)のMOVIE WALKER PRESS独占試写会が9月7日にスペースSF汐留で開催され、上映後に金井純一監督とプロデューサーの村上公一がティーチインに登壇。2人が、主演のムロをはじめとするキャスト陣の魅力や、観たあとだからこそ話せる撮影裏話を披露した。

『マイ・ダディ』は、カルチュア・エンタテインメントと蔦屋書店が主催する映像クリエイター支援プログラム「TSUTAYA CREATORS’ PROGRAM」での2016年準グランプリ受賞作の映画化作品。ドラマ「猫」の監督&脚本を手掛けた金井純一がメガホンをとった。

ムロは妻を早くに亡くし、中学生の娘とつつましくも幸せな毎日を送る牧師、御堂一男役を、新進女優の中田乃愛が白血病の娘、ひかり役を演じ、深い親子愛のドラマを紡ぎあげた。亡き妻の江津子役を奈緒が、ストリートミュージシャンであるヒロ役を毎熊克哉が演じた。

■「ムロさんは舞台の演出もやっていらっしゃるので、役者と演出、両方の視点がある」(村上)

「TSUTAYA CREATORS’ PROGRAM」作品といえば、長澤まさみ✕高橋一生共演の『嘘を愛する女』(18)や土屋太鳳✕田中圭共演の『哀愁しんでれら』(21)、そして公開中の黒木華主演映画『先生、私の隣に座っていただけませんか?』など、いずれも巧妙なストーリーテリングにうなる秀作ばかり。『マイ・ダディ』の脚本も、かなり時間をかけてブラッシュアップしていったという、金井監督と村上プロデューサー。

金井監督は「最初に賞をいただいた時の脚本だと、お母さんである江津子は出てこなかったけど、村上さんに入っていただいてから脚本を直していくなかで、やっぱり江津子を登場させたほうがわかりやすくていいだろうとなりました。そこから試行錯誤し、脚本を組み直していきました」と脚本へのこだわりを語った。

村上プロデューサーも「どれくらいの分量で江津子を見せていくか、どういう順番で見せていくか、そのバランスをとるのに苦労しましたよね。ちょうど脚本を作っている時に、ある海外ドラマを観ていて、この構造は『マイ・ダディ』にも使えるかもしれないとなって金井監督に相談したら、ちょうど監督もそのドラマを観ていたので、そこからドラマが上手く広がっていきました」と言う。そこはネタバレになるので詳しくは明かせないが、確かにトリッキーな脚本が、物語をよりドラマチックに魅せている。

本来は2020年の4月に撮影予定だった本作だが、コロナ禍となり、撮影が12月に延期となったことでいろいろな変更事項も出たのだそう。金井監督は、「ムロさん演じる御堂の若い頃と現在をどう見せようかということで、髪型で変化をつけることにしたんです。当時のムロさんは髪が長かったので、黒髪をあげるとめちゃくちゃ若くなり、下ろすと白髪になるということで、これでいきましょうとなりました。ところが、撮影が延期になり、久しぶりにムロさんにお会いしたら、別の映画の現場に入っていたということで、髪がすごく短くなっていたんです!メイクさんと話し合って、そこは白髪の1〜3段階に分けて入れることにしました。若いころはエフェクトで肌をきれいにしていますが、やりすぎてもつるつるになってしまう。その許容範囲が難しかったです」と述懐する。

ムロにとっては、満を持しての映画初主演作となったが、金井監督とムロは、最初に会った時から意気投合できたのだという。「当時はまだお酒が飲める時期だったのですが、本当にムロさんとはフィーリングが合うなと思いました。役柄についてはそこまで話さなかったけど、どういう映画にすればおもしろいかとか、父親として娘をどう見守っていくかということを話し合いました。ムロさんは演者と作り手と両方の視点を持っている方で、それが今回の映画にとってはとてもプラスに働きました」。

村上もムロについて「ムロさんは、自分で舞台の演出もやっているから、両方の視点があって、そこは非常におもしろかったです」とうなずく。「実は撮影が伊藤麻樹さんという女性カメラマンの方なんですが、少し前にムロさんが主演していたテレ東の連ドラ(「Iターン」)のカメラマンをやっていた方なんです。ムロさんと2人で飲んでいた時、スタッフの話になって、『伊藤麻樹さんというカメラマンがとても上手いんです』という話を聞いて、そこから連絡をとって、今回撮影をしてもらうことになりました。今回は、そういうムロさんたちの意見を取り込めるだけ取り込むというやり方をしましたが、すごく貴重な経験をさせていただきました」。

■「奈緒さんと毎熊さんには、脚本以上に魅力的に演じてもらえました」(金井)

また、特筆すべきは、ムロと堂々わたりあった娘ひかり役の中田乃愛だ。同役をオーディションで射止めた中田について、金井監督は「彼女はオーディションで選びました。まだなにも染まってない子を選ぶということは、なかなか勇気のいることでしたが、今回は中田さんに懸けようと決めました。ムロさんも最終オーディションで、中田さんと演じた時、とても響くものがあったと仰っていました」とキャスティング理由を述べた。

「ただ中田さんは決して器用な人ではないし、泣く芝居のリハでもなかなか泣けなくて。でも、きっと現場に行けば、本番でなんとかなるだろうと思っていたんです。最初の泣くシーンは自分が白血病だと、お父さんから告知されるシーンでしたが、『用意スタート!』って言ったら、彼女がボロボロ泣きだして。ムロさんは自分が泣くシーンじゃないから、必死に涙をこらえていたんです。ムロさんも『彼女が生まれ変わるシーンだった』とおっしゃられていました」。

金井監督は「そのシーンで、この子はできる!」と安心したが「そのあとのシーンでは、感情が入っていても泣けないシーンはありました」と述懐。「でも、いろいろと工夫して演出しつつ、ムロさんにもおつきあいいただき、彼女から最大の演技を引き出そうとやっていきました。特に、最後のほうで一番撮りたかったシーンは、日が暮れるまで、何度も何度もやりましたが、結果的にすごくいいシーンになりました」と手応えを明かした。

また、江津子役の奈緒や、ストリートミュージシャンのヒロ役を演じた毎熊克哉について金井監督は「脚本で想像した2人よりも、より魅力的に演じてもらえたと思います」とその演技を称えた。「奈緒さんは、泣くシーンじゃなくても、自然に涙が出たりする演技がとても良かったです。また、毎熊さんは歌がめちゃくちゃ上手くてピアノも弾けるんです。4月の練習段階ではギリギリだったけど、撮影が延期したので完璧に弾いてくださったから、実際に毎熊さんの音を使ってます」。

村上も「ライブで演奏する時、プロのピアニストに弾いてもらった音源もあったけど、毎熊さんご本人の演奏のほうが味があるということで、そちらを使わせていただきましたが、すごく良かったです」と満足気に語る。

金井監督は「ちなみに歌の歌詞は僕が書きました。でも、ヒロになった気持ちで書こうと思ったら難しくて。ヒロって歌は上手いし、才能がないわけじゃないけど、なかなか売れない感じということで、歌を考えるのにものすごく時間がかかりました」と苦笑する。

■「『ちくわカレー』のシーンは、めちゃくちゃ悩みました(笑)」(金井)

毎熊のシーンといえば、一男とヒロが、ある理由で取っ組み合いの喧嘩をするシーンがとても印象に残っているという金井監督。「アクション担当の方についてもらって、最初に流れをやることになり『用意スタート!』となったら、けっこう本気のアクションになりました。毎熊さんは(小道具の)買い物袋を持っていたんですが、袋から醤油が転げ出て、何度やっても毎熊さんはそれを拾おうとするんです。毎熊さんに『なぜ醤油を拾うんですか?』と聞いたら『いや、大事なものですから』と言われて。僕の推理ですが、たぶん家庭用の醤油を奥さんに買ってこいと言われたのかなと」と言って、会場の笑いを誘った。

劇中では「ちくわカレー」が絶妙な小道具として登場し、涙を誘うシーンがある。そのカレーについて、金井監督は「もともとは “ジューシー、オイシイ!スパイシー”というスパイシーチキンカレーでしたが、もっとわかりやすいものがいいということで、村上さんから『ちくわカレーってどう?』と言われたんです」と言うと、村上も「最初はうどんのトッピングみたいなイメージでしたよね」とうなずく。実際に使われたのは、カットされたちくわを煮込んだものだ。

金井監督は「演出部から『本当にいいんですか?ちくわをのっけただけで?もっとオリジナリティを出したほうがいいですよ』と言われまして。1本まるごとで笑いをとるかと迷ったのですが、僕はいまのにしてよかったと思っています。どうでしたか?」と観客に尋ね、多数決をとることに。

その結果、実際に使われたものが圧倒的に支持されたので、金井監督は「あそこはめちゃくちゃ悩みましたが、あれにして良かったです!」と安堵した。金井監督も村上プロデューサーも、実際に観た観客との交流を楽しみつつ、大盛況のままイベントは幕を閉じた。

取材・文/山崎 伸子