現地時間9月7日、フィル・コリンズの娘で女優のリリー・コリンズが、9月4日に結婚したことを自身の公式Instagramで明らかにした。

お相手は昨年9月25日にInstagramで、アリゾナ州セドナの大自然をバックに、指輪とともに婚約発表した映画監督のチャーリー・マクダウェル。先週末にコロラド州のダントンにある自然に囲まれたリゾートホテル「ホットスプリングス」で結婚式を挙げたようだ。

リリーは、3枚の挙式写真とともにそれぞれ「あなた以上に、この人のものになりたいと思った人はいません。そしていま私はあなたの妻になりました。2021年9月4日、私たちは正式に、お互いが永遠のものになりました。このうえなく愛しています」「最高に幸せ!」「おとぎ話として始まったものがいまでは永遠に続く現実となりました。先週末の出来事がどんなふうに別世界だったのかを正確に言い表すことはできませんが、マジカルなのは、出発点としてはすごくいい場所...」と幸せいっぱいのキャプションで結婚を報告。ファンからも祝福の声が寄せられており、1枚目の写真には、投稿から4時間余りで267万件を超える「いいね!」がクリックされている。

リリーとマクダウェルは、2019年7月に交際が噂されたが、1か月後にはInstagramで熱愛を明らかに。「出会った瞬間に、いつか彼の妻になりたいと思いました」と語っていたが、コロナ禍での同棲生活で、その思いは揺るぎない確信に変わったようだ。

マクダウェルも自身のInstagramで結婚を報告しているが、マクダウェルの母親でオスカー女優のメアリー・スティーンバージェンも自身のInstagramで、「世界中で一番幸せな母親です」と2人の結婚を祝福している。

文/JUNKO