9月11・12日の週末映画動員ランキング。『僕のヒーローアカデミア THE MOVIE ワールド ヒーローズ ミッション』が首位に返り咲いた。

■“ファイナル”入場者プレゼントのあと押しで『僕のヒーローアカデミア』が1位に

『僕のヒーローアカデミア THE MOVIE ワールド ヒーローズ ミッション』が、土日2日間で動員10万1000人、興収1億5500万円をあげ先週の4位から再浮上し、公開6週目にして2度目となる首位を獲得した。前回1位になった際は8月29日から配布された第2弾入場者プレゼントが要因となったが、今回は9月11日より“ファイナル”と銘打って配られたスペシャルメイキングブックが動員をあと押ししたと考えられる。累計では動員213万人、興収29億円を突破した。

先週首位デビューした『シャン・チー/テン・リングスの伝説』は、動員7万9000人、興収1億2900万円をあげワンランクダウンの2位に。累計では動員39万人、興収6億円としている。一方、圏外スタートだった『リョーマ!The Prince of Tennis 新生劇場版テニスの王子様』は9位に入るなど、公開2週目でトップ10入りした。

■『バケモノの子』超えを記念し、『竜とそばかすの姫』公式の二次創作“アソビビジュアル”を発表

公開9週目を迎えた『竜とそばかすの姫』はワンランクダウンの3位に。しかし、累計では動員429万人、興収59億5000万円を突破。『バケモノの子』(15)の58億5000万円を抜き、細田守監督作品史上、No.1の記録を更新した。このニュースを記念し、劇中の名シーンを使用した二次創作“アソビビジュアル”を発表。ネット上では、ファンがオリジナルイラストや歌ってみた動画、歌姫ベルのメイクを披露するなど、様々な二次創作がアップされ、幅広い世代で社会現象を巻き起こしているが、そんなブームに公式自らが参戦した形となった。

今回解禁されたアソビビジュアルには、「あなたは私が守る」というキャッチコピーとともに力強い眼差しのベルのアップをデザインしているものをはじめ、インターネット仮想世界<U>を彩る分身<As>たちを使用したものや、細田作品にかけて「高知をかける少女」というテキストを添えたものなど、クスっと笑える多種多様なビジュアルがそろっている。今後も公式SNSにて順次発表していく予定とのことだ。

■『東京リベンジャーズ』が『るろ剣』より早いペースで興収42億円に

また、公開10週目ながら7位をキープした『東京リベンジャーズ』は、累計の動員が317万人、興行収入は42億円に到達した。この記録は、2021年公開作品のなかで、実写No.1の興行収入をあげている『るろうに剣心 最終章 The Final』よりも17日早いペース。

作品を鑑賞した人からは、「とっても熱い映画でした!キャスト陣の迫真の演技による熱量が、スクリーン越しに伝わってきました」、「3回目を観て思ったこと。マジで続編がないと泣いちゃう!半間がすごく良い味出してんだよな…。もっと登場してほしかったけど、映画ではあれがベストなんですよね」といった熱いコメントがSNSを駆け巡っている。続編を希望する声も多数見受けられるなど、ファンのあと押しを受けて数字をどこまで伸ばすかに引き続き注目したい。

今週末の公開作品では、ヒュー・ジャックマンが人の記憶に潜入するエージェントを演じる『レミニセンス』、木村拓哉&長澤まさみの共演で東野圭吾の人気小説を映画化したミステリー第2弾『マスカレード・ナイト』、京都アニメーション制作の人気アニメ「Free!」の最終章『「劇場版 Free!-the Final Stroke-」前編』といったタイトルが控えている。

文/サンクレイオ翼