劇団ひとりが監督を務め、大泉洋と柳楽優弥が主演を務めるNetflixオリジナル映画『浅草キッド』(12月9日配信)。同作のティザー予告、ティザーアートが解禁され、あわせて主題歌を桑田佳祐が担当することがわかった。

本作は、ビートたけしがお笑い芸人としての原点であり師匠である深見千三郎と過ごした涙と笑いの日々を描いた青春物語。たけしを敬愛してやまない監督が脚本も手がけ、初監督作『青天の霹靂』(14)に続き2度目のタッグとなる大泉と、柳楽の2人を主演に迎えている。

解禁となったティザー予告は、タケシ(柳楽)が深見(大泉)に、浅草フランス座での弟子入りを志願。深見から「バカヤロー!」と突っ込まれるなどテンポの良いやりとりからスタート。深見を師匠と決め、一途に夢に突き進むタケシの姿が、踊り子の千春(門脇麦)や深見を支える妻、麻里(鈴木保奈美)とのやりとりを交えて綴られていく。そのなかで深見が「バカヤロー!芸人なら芸で笑いを取れ!笑われるんじゃねぇぞ、笑わせるんだよ」とタケシを一喝、芸人としての矜持も伺え、タケシの芸人魂が芽生える瞬間も切り取られている。

そんな本作を彩る主題歌は桑田の新曲「Soulコブラツイスト〜魂の悶絶」に決定。監督の熱烈オファーを受けて桑田は完成前の映像を鑑賞。深見とタケシに通じる精神性や時代背景とも楽曲がリンクし、エネルギッシュでアップテンポな曲調に。「命がけで今日も生きてるんだよ 心は土砂降り雨の中」という歌詞がタケシの姿とも重なっていく。

楽曲について、大泉は「タケシと師匠深見千三郎の切ないストーリーを最後に笑い飛ばすかのように流れる、明るくて、どこか懐かしいメロディがこの作品をとても前向きな、また違う次元に連れて行ってくれる気がしました」と、柳楽も「今日までに本編を3回観ましたが、3回ともエンディングまで観るくらい『とても好きな曲がまたひとつ増えた!』と感じています」とそれぞれコメント。監督は「最後に凸と凹がピタリと合わさるような爽快感です。素晴らしい主題歌をありがとうございました」と桑田への感謝を寄せている。3人も絶賛する楽曲と共に、がむしゃらに奔走する若き日の姿が笑いと感動を呼ぶ物語を早く堪能したい。

<キャスト・スタッフコメント>

●大泉洋(深見千三郎役)

「この作品のために作られた曲ではないのに、何故この歌はここまでこの作品にハマるのでしょう。いや、ハマるというよりも、この歌は『浅草キッド』そのものを歌っている気さえします。タケシと師匠深見千三郎の切ないストーリーを最後に笑い飛ばすかのように流れる、明るくて、どこか懐かしいメロディがこの作品をとても前向きな、また違う次元に連れて行ってくれる気がしました。『幸せになれるワケはないのに、何故イケナイ人を愛しちゃうんだろう?』という歌詞が見事にこの作品を言い表しているのには流石の一言です」

●柳楽優弥(タケシ役)

「今日までに本編を3回観ましたが、3回ともエンディングまで観るくらい『とても好きな曲がまたひとつ増えた!』と感じています。『浅草キッド』の世界観にとても合っていて、高揚感が高まり元気をもらえる曲です。Netflixはエンドロールで次の作品をオススメしたがりますが、ぜひエンドロールも楽しんでください」

●劇団ひとり(監督・脚本)

「最後に凸と凹がピタリと合わさるような爽快感です。素晴らしい主題歌をありがとうございました。本作の色々な想いを一つにまとめて頂きました」

文/根本一凛