2016年にアニメ化、2017年より舞台公演がスタート、2018年には劇場アニメーションも展開された「文豪ストレイドッグス」のシリーズ初の実写映画化作品、映画『文豪ストレイドッグス BEAST』の公開日は2022年1月7日(金)に決定した。

2013年1月号の「ヤングエース」で連載がスタートした原作・朝霧カフカ、作画・春河35による「文豪ストレイドッグス」は、現在シリーズ累計850万部(電子含む)を突破。ヨコハマを舞台に、中島敦、太宰治、芥川龍之介といった実在の文豪の名を持つ人物が繰り広げる“異能”アクションバトルが描かれる。メインキャラクターのひとり中島敦は、虎に変身することが異能力“月下獣”の持ち主。芥川龍之介は凶悪なポートマフィアの構成員で闇の獣や刃を生み出し攻撃できる“羅生門”の異能力を持っている。

シリーズ初となる実写映画では、「主人公の中島敦と、その宿敵である芥川龍之介。もし、ふたりの所属する組織が逆だったら…?」という”if”のストーリーが描かれる。メインキャストを務めるのは通称“文ステ”と言われる「舞台 文豪ストレイドッグス」シリーズで芥川を演じる橋本祥平と中島を演じる鳥越裕貴。他にも、これまで「文ステ」に登壇してきた俳優たちが引き続き出演する。監督は「スーパー戦隊」「仮面ライダー」「ウルトラマン」と3大特撮シリーズで監督を務めた坂本浩一が担当、原作の朝霧が脚本を務める。

解禁となったティザービジュアルには、芥川と敦が背中合わせにそれぞれの道を歩んでいるような姿が。反転した文字や小説の一部が散りばめられ、本作ならではの“if”の世界観が体現されている。あわせて解禁となった特報映像は、芥川がヨコハマの貧民街の倉庫で、まわりには子どもたちが倒れている中、憎悪をあらわに立ち上がるシーンから始まる。芥川の“羅生門”や敦の“月下獣”など、「文スト」らしい異能バトルも繰り広げられ、ラストの壮絶な芥川と敦の格闘シーンまで一瞬たりとも見逃せない。

なお、9月18日(土)よりムビチケ前売券(カード)が発売される。特典は芥川龍之介&中島敦の両面仕様の特製A4クリアファイル。先着、数量限定なので早めにチェックしよう。

原作者による脚本、本格異能バトル、舞台版俳優が交わりシリーズ初となる実写映画を彩る! 新たなる「文スト」世界の扉が開くのはもうすぐだ。

文/タナカシノブ