吉田恵輔監督の最新作『空白』(公開中)で、古田新太と松坂桃李が実写映画で初共演を果たした。古田は、不慮の事故で娘を失いモンスターと化していく父親、添田役を怪演。松坂は彼に追い詰められ壊れていくスーパーの店長、青柳役に扮した。彼らが対峙する場面は、異様な緊張感が張り詰める瞬間ばかり。なんとも濃密な関係性での共演となったが、「桃李と芝居ができるのは楽しそうだなと思った」、「古田さんとこんな絡み方ができるなんて、そうそうない機会」とお互いの存在が大きな原動力になったと、声を揃える。

本作は、『ヒメアノ〜ル』(16)や『BLUE/ブルー』(21)の吉田監督がオリジナル脚本で届けるヒューマンサスペンス。スーパーで万引きを疑われ、店長の青柳(松坂)に追いかけられた女子中学生の花音(伊東蒼)は、逃走中に車に轢かれて死んでしまう。少女の父親(古田)はせめて娘の無実を証明しようと店長を激しく追及するうちに、その姿も言動もモンスターと化し、関係する人々全員を追い詰めていく。いまの時代に感じる生きづらさや不条理に「演劇で抗っていきたい」と演劇の力を信じる古田が“役者道”の歩み方を明かすと共に、松坂が彼から受ける刺激を語った。

■「オイラと(寺島)しのぶちゃんが罵り合っている間に入るなんて、絶対にイヤだよね(笑)」(古田)

ーー添田も青柳も、どん底へと落ちていくようなヘビーな経験をする役柄です。脚本を受け取った時には、どのような感想を抱きましたか?

古田「役柄的には楽しくないなと思いました(笑)。添田は、娘の事故の加害者や青柳、彼の店で働く女性など、いろいろな人を責め続けるような男なんですけど、そのうちにだんだん心情が変化していく。映画を観た人に、添田の見た目は最後まで一切変わらないけど『なにかしら彼の心が動いたんだな』と感じてもらえるものにしたいなと思いました」

松坂「僕も、とにかく重たい内容だなと思いました。古田さん演じる添田と、寺島しのぶさん演じる草加部が言い争う間に入っていかなければいけないシーンもあって、『このお2人に挟まれることになるのか…』と」

古田「それは憂鬱だね!オイラとしのぶちゃんが罵り合っている間に入るなんて、絶対にイヤだよね(笑)!」

松坂「個人的には、争いが収まるまで遠目で見ていたかったです(笑)。でも青柳はそこに割って入っていかなければいけない役柄ですから…」

ーーそれでも「ぜひ本作に参加してみたい」と思われた理由とはどのようなものだったのでしょうか。

古田「オイラは、『桃李と2人で芝居ができるんだ』と。それが一番大きかったです。いままでは(声優として共演した)『パディントン』でしか共演したことがなかったら、桃李とやれるなら楽しそうだなと思った」

松坂「それは僕もまったく同じです。古田さんとこんな絡み方ができるなんて、そうそうないだろうなと思って。これはちょっと食いつかせていただきます!と(笑)」

古田「でもまずは、吉田監督の真意が聞きたかったですね。『どういうつもりで、この役をオイラと桃李にしたいと思ったのか』と聞いたら、監督は『イメージ通りだった』と言うんです。どんなイメージを持たれているんだって思いましたね」

松坂「確かに!それはあまりいいイメージを持たれてないということでは(笑)!」


■「古田さんの演じる添田は、たたずんでいるだけで恐ろしい」(松坂)

ーー吉田監督は、「味があってどこかセクシーで、迫力もあってなにより芝居がうまい人」ということで「古田さんしかいない」と思われたそうです。「添田と同じ匂いを感じた」とも話していましたが、古田さんご自身は添田に共感する点や、添田的な要素はあると思いますか。

古田「オイラは娘にも優しいし、奥さんと別れないように努力だってする。コミュニケーションもスキンシップもきちんと取る人だから、まったく添田的な部分はないです。そもそも自分のパーソナリティーにはない人間を演じるのは、めちゃくちゃ楽しいんです。桃李に空き缶ぶつけたりしてますから(笑)。もしオイラが添田の立場になったとしたら、青柳に対して『テメーのせいだ!』という怒り方はするかもしれないけれど、元奥さんや周囲の人に逆ギレしたりすることは絶対にしないです」

ーー添田は青柳を執拗に追いかけ、恫喝し、青柳はそれによって疲弊していきます。添田の迫力があまりにもリアルで恐ろしかったのですが、古田さんのお芝居を目の当たりにして、松坂さんはいかがでしたか?

松坂「本当に怖かったです(笑)。台本を読んで頭のなかで想像していたよりも、古田さんから現場で発せられるものはずっと濃度の高いものでした。青柳がスーパーを出たら、外に添田が立っていたりするんですが、あれは本当に怖かったですね。古田さんは(撮影地の)蒲郡の土地にしっかりと馴染んでいて『こういう人、いるよな』という空気をまとっていましたし、たたずんでいるだけで恐ろしい。『うわ!またいる!ああ、もうやめてほしい…』と切実に思うような怖さがありました」

古田「やっぱり“なにもしない人”というのが、一番怖いんですよね。そこで“眉間に皺を寄せる”なんていう芝居をしたら、野暮。無表情の人がジーッと見ている。それが一番怖いなと思う。でも、オイラはカメラがストップしたら気のいいおじさんになりますから(笑)」

松坂「はい、すごく気のいいおじさんでした(笑)。監督も明るい方なので、いい緊張と緩和のある現場だったなと思います」


■「桃李は顔がきれいなくせに、いいやつ(笑)」(古田)、「古田さんは、唯一無二の存在」(松坂)

ーー実写初共演にして、ガッツリと対峙するお2人の姿が見られました。古田さんが “俳優・松坂桃李”を語るとしたら、どのような表現になるでしょうか。

古田「桃李は、顔がきれいなくせに、いいやつ(笑)。いいやつというのは、“役者さんとして”という意味も含めてです。オイラは、戦隊モノに出演している時から彼を見ていましたから。『パディントン』の時は、『松坂桃李がクマ役をやるの!』と驚きました。桃李はすごくフラットな人なんだろうなと思います。添田は居丈高なキャラクターだから、バーっと文句を言うんだけれど、桃李は本当にイヤそうに怯えてくれて。そうすると、こっちも拍車をどんどんかけることができた。桃李には、助けてもらったなと思っています」

松坂「ありがとうございます!」

――吉田監督は、松坂さんを“受けの達人”と評されていました。では松坂さんは、古田さんにどのような印象を持たれていますか?

松坂「古田さんは、独自のポジションを築き上げていて“唯一無二”の方だと思っています。いろいろな作品を拝見させていただいても、『この役は古田さんにしかできない』と感じることばかりです。僕が初めて古田さんを知ったのは、『木更津キャッツアイ』。古田さんの演じたオジーが強烈に印象に残っていて。僕は、オジーが出るたびに笑っていました」

古田「たしかにオジーと『池袋ウエストゲートパーク』のヘビーEは、いまでも『見ていました、あれ好きでした』と言われることが多いです。オジーは、途中で舞台が入っていたから、(脚本家の)宮藤(官九郎)に『ごめん!オイラと阿部(サダヲ)はちょっともう無理だわ』とお願いして。オジーは死んで、阿部の演じた猫田は逮捕されるという形でドラマからいなくなるように脚本を書いてもらったり、卑怯な手を使いました(笑)」

松坂「ええ!そういう理由でいなくなったんですか!」

ーー松坂さんのおっしゃるように、古田さんには“唯一無二”という表現がぴったりくるように思います。どのような歩み方をすることで、そういった存在感を身につけられたのでしょうか。

古田「仕事を断らないこと。来た仕事は、スケジュールさえ合えば全部受けます。どんな役かなどは関係なく、順番に受けていく。そうすると象だの壁だの、おばちゃんだの、いろいろな役が来ます(笑)。“オール・イエス”だし、そんな俳優もあまりいないですから。でもオイラはそれがすごく楽しいんです」

ーー劇中ではマスコミ報道の加熱ぶりと共に、不特定多数の人がインターネット上で添田や青柳を叩くなど、ネガティブな書き込みや不確かな情報が拡散されていく様子も描かれています。お2人はインターネットに潜む危険性を感じることはありますか?

古田「いろいろと規制も厳しくなって、例えば過去にやった表現に対して叩かれてしまったりすると、インディーズ畑出身にとっては、叩けばホコリしか出ないよなと思うこともあります」

松坂「(ネット上では)一つ標的が見つかったら、ガーッと叩かれてしまうような傾向がある気もしますよね。コロナ禍になってとても窮屈な時代になってしまったがために、より溜まったものが爆発しやすくなっている部分もあるのかもしれませんね」

ーーいまの時代、不寛容な世の中と言われることも多いです。

古田「それは肌で感じています。でもそこに演劇で抗っていきたいと思っています。オイラはひどい笑いが好きなんです。夏にやっていたミュージカルは(『衛生』〜リズム&バキューム〜)、メインテーマがうんこでした。歌舞伎の尾上右近や宝塚出身の咲妃みゆにうんこやエロの歌を歌わせたり、そういう笑いが好きですね(笑)。一方『空白』は、『こんな人が周りにいませんか?』という問題提起ができる映画になったと思っています。この映画を叩く人が出てきたら、『立ち向かってやるぜ!』という気持ちでいます」

松坂「古田さんのような先輩がいるのは、本当に頼もしいことだと思っています。僕らの仕事は、作品で世の中に一石を投じることができたり、メッセージを伝え続けていくことのできる仕事でもあります。古田さんのような先輩を見ていると、ものすごく刺激になるし、改めて自分もこの仕事に身を投じていきたいと強く感じます」

取材・文/成田おり枝

※吉田恵輔の「吉」は“つちよし”が正式表記