長澤まさみと高橋一生が共演した『嘘を愛する女』(18)、続編のTVシリーズも放送された『ルームロンダリング』(18)、土屋太鳳の狂気的な演技が話題になった『哀愁しんでれら』(21)。これらはすべて「TSUTAYA CREATORS’ PROGRAM(TCP)」のコンペで高く評価されたオリジナル企画を映画化した作品。「TCP」とは「本当に観たい映画作品企画」を募集から映画化まで全面バックアップし、映像クリエイターと企画を発掘するTSUTAYA発の映像クリエイター支援プログラムだ。
2015年度にTCP初代グランプリに輝いた中江和仁監督の企画を映画化した『嘘を愛する女』を皮切りに、『ルームロンダリング』、『ブルーアワーにぶっ飛ばす』(19)、『ゴーストマスター』(19)、『水上のフライト』(20)、『哀愁しんでれら』、『裏アカ』(20)、そして現在公開中の『先生、私の隣に座っていただけませんか?』『マイ・ダディ』を含め、これまで9作品が劇場公開されている。同プログラムの創設スタッフとしてこれまで数々の映画化企画に携わってきた、カルチュア・エンタテインメント株式会社映像事業本部カルチュア・パブリッシャーズ カンパニー長の後藤哲氏に、TCPの成り立ちや映画化までの流れ、そして今後の展開について語ってもらった。

■「監督志望の方たちをTSUTAYAなりにサポートできないか、それがTCPの始まり」

――TCPを始めたきっかけはどのようなことだったのでしょうか?

「2014年の東京国際映画祭で開催されたトークイベントに、カルチュア・エンタテインメントでTSUTAYA TVの責任者をしている者が登壇した際、映画監督志望の方たちから『映画を作っても劇場公開するまでのハードルが高い』という声を聞いたらしいんです。撮影所システムがあった時代には、映画監督になる道筋も用意されていたはずですが、いまの時代は撮影する機材は手軽に手に入っても、商業映画の監督を目指せる道筋がないと。私は以前、CCCグループのレントラックジャパンという会社で商品調達の仕事の一つとして、入選作をパッケージ化してTSUTAYAのレンタル回数で優勝を競う『インディーズムービー・フェスティバル』という自主映画の映画祭の企画を担当していました。その経験もあったので、監督志望の方たちを僕らなりにサポートできないかと社内でいろいろ模索するなか、『まずは企画コンペのような形でやってみたらどうか』と、2015年に第1回の公募を開始したのが、TCPの始まりなんです」

――賞金という形ではなく、あくまで総製作費を負担することにした理由は?

「もともと商業映画を作ることを目指すべきだと思ったので、賞金という形は最初から考えていませんでした。そもそも長らく助監督をされてきて『いつか自分も映画監督デビューしたい』と思っている人たちの声がきっかけとなって生まれた企画なので、映画製作を実現させるためのお手伝いをするという形にしないと、意味がないと思ったんです」

――初年度はどれぐらいの企画が集まりましたか?

「474本の応募がありました。思っていたより多かった印象がありますね。応募要件に『プロアマ、経歴、年齢は一切問わず』とあるので、既に現役で活動されている映画監督からの応募もいくつかありました。TCPではご縁がなかったですが、その後商業映画として公開されている作品もあります。現役の監督にとっても、オリジナル企画で映画を撮るのはなかなか難しいところがありますからね」

――入選の基準をどのあたりに置きながら、審査されたのでしょうか?
「ジャンル問わず、エンタメ作品として高い完成度を目指せるような企画を選出したいという思いがありました。正直最初は手探りだったのですが、僕のそれまでの経験上、つくりたい作品の企画は出せても、商業的なバランス感覚をもった人はそれほど多くないと感じていたので、当初は部門を細分化せずに希望を書いてもらう形にしたんです。応募者の中には『脚本だけ担当したい』という方や『企画者にクレジットされるだけで構わない』という方もいましたが、やはり『自分の企画で監督をやりたい』と希望する人が大多数ではありました」


■「いかにエンタメ作品として成立させられるかを目指して企画をブラッシュアップさせていく」

――映画化に向けて、TCPは具体的にどんなバックアップをされていくのでしょうか?

「受賞後は、監督と弊社の幹事会社プロデューサー、映画制作会社で活躍されているプロデューサーとで、いかにエンタメ作品として成立させられるかを目指して、脚本直しを進めながらブラッシュアップさせていくんです。映像業界には長年お付き合いのある方が大勢いらっしゃるので、過去作品の傾向を踏まえて相談しながら、マッチングさせていただくことが多いですね。『製作費として最低5000万円を保証します』と言っても、実際にはそれ以上の金額が必要になるわけで、製作委員会方式で出資を募るケースも増えています。新人監督のオリジナル企画に出資するのはどの会社にとってもリスキーですが、配給宣伝をお願いする会社には最初から入ってもらって一緒に進めるパターンもありますね。もちろん出演してくださるキャストの協力も大きいです。完成までには思った以上に時間がかかるんです」

――ほかの映画祭や映画賞にはない、TCPならではのポイントを挙げるとすると?
「企画のタネを映画だけではなくメディアミックス展開させられるのも我々の強み。自分が考えた企画が映画のみならず、漫画やドラマにもなるなんて面白いですよね。映画化第1作の『嘘を愛する女』では、製作委員会に徳間書店にも入ってもらい、ノベライズを出版してTSUTAYAの店頭で大展開したところ、15万部の売上を記録しました。2作目の『ルームロンダリング』も、続編が映画と同じキャストでドラマ化され、KADOKAWAの『コミックビーム』でコミック連載も行った後、上下巻でコミカライズが実現しました。『ブルーアワーにぶっ飛ばす』の箱田優子監督は美大出身で、絵コンテがすごく良かったので、『コミカライズしませんか?』と提案したところ、ご本人が描いてくれたんです。『ブルーアワーにぶっ飛ばす』は、シム・ウンギョンさんと夏帆さんの人気もあって、2020年7月のコロナ禍の韓国において322スクリーンで公開されたんです。2020年に韓国で公開された日本映画のランキングで6位に入り、箱田監督は第22回上海国際映画祭アジア新人部門で最優秀監督賞を受賞されました。海外の映画祭などにも積極的に出品することで、TCPから生まれた作品を世界中の人に楽しんでもらえる機会を増やしていけたらと考えています」

■「TCP出身の人たちが日本映画界を背負って立つような監督に育ってほしい」

――これまでの6年間の取り組みを振り返っていかがですか?

「すべての作品で利益が上がっているわけではないですが、2015年当時とそれほど心境は変わっていません。『CREATOR’S PROGRAM』とうたっているからには、クリエイターがさまざまな形で評価されて、次々新作を撮れるようになることも目標なので、まだまだこれからですね。TCP出身の人たちが日本映画界を背負って立つような監督に育ってほしいという思いもありますし、TCP作品から大ヒットも生み出したい。『TCPから面白い作品がたくさん生まれているね』と思ってもらえるように、レーベル全体で底上げしていけたらいいなと考えています。いまは企画部門、脚本部門、監督部門と3つに細分化されていて、企画部門には自由な発想で応募される方も多いんです。過去には映像業界志望ではない学生の方がアイデア豊かな企画を出して、最終選考まで残ったこともありますよ。最終審査会に進めなかったものでも、映画会社とマッチングさせる企画マーケットという展開も実施しています」
――配信作品も増えていますが、TCPとしてはあくまで劇場公開を前提にされていますよね?

「時代が変われば考え方も変わってくるとは思いますが、私自身は映画館がなくなることはないと信じているんです。特に“映画を観る”という行為に関しては、映画館でしか体験できない没入感がある。いまのところは劇場公開を前提にしながら進めていきたいと思っていますが、時代の変化でビジネス面を考えて、配信ファーストの作品というのも将来的には出てくるかもしれません」

取材・文/渡邊玲子