突然娘を失った父親の怒りが暴走していく姿を描く『空白』(公開中)。親子関係を考えさせられる映画にちなみ、4歳の娘を子育て中の劔樹人&犬山紙子夫妻を直撃。いち早く映画を鑑賞してもらうと、劔は「今後の自分の課題について、考えさせられた」、犬山は「親子関係を築いていくうえでは、この父親像はものすごくいい反面教師になります!」と熱弁する。

本作は、吉田恵輔監督のオリジナル脚本によるヒューマンサスペンス。スーパーで万引きを疑われ、店長の青柳(松坂桃李)に追いかけられた女子中学生の花音(伊東蒼)は、逃走中に車に轢かれて死んでしまう。少女の父親(古田新太)はせめて娘の無実を証明しようと店長を激しく追及するうちに、その姿も言動もモンスターと化し、関係する人々全員を追い詰めていく。本作を通して、子どもとのコミュニケーションについて改めて向き合ったという劔&犬山夫妻が、子育てのモットーをはじめ、マスコミ報道のあり方やインターネットの危険性について、たっぷりと語り合った。

■「えらいものを観た。ここ数日、ずっと『空白』のことを考えています」(劔)

ーーまずは、映画をご覧になった率直な感想を教えてください。

劔「僕はだいぶ『えらいものを観た』という感じがしていて。自分自身、子どもが生まれてからは、子どもが亡くなる映画を避けがちになったりもしていたので、本作を観てからはだいぶ引きずってしまっていて…。ここ数日はずっと、どこかで『空白』のことを考えてしまっています。子どもが亡くなってからでないと、父親が変わることができなかったのかと思うと、もっと前にそうできなかったのかととても辛い気持ちになりました」

犬山「私は、人と人とのコミュニケーションをものすごく丁寧に描いている映画だなと感じました。添田は最初、怒ることでしか人とコミュニケーションを取ることができませんよね。ここまでではなくとも、添田のような父親って結構いると思うんです。映画ではそんな彼が少しずつ怒りを手放して、ほかの感情でコミュニケーションを取れるようになっていく姿が目の前に迫るように描かれていました。私は最高傑作だと思いながら、拝見していました。あと本当に、役者さんの演技がすばらしかったですね!」

ーー子どもを失うという内容は、お子さんをお持ちのお2人にとっては本当に辛いものだったと思います。怒りが暴走していく父親像に、共感する点はありますか。

劔「もし子どもがいなくなったらと思うと、確かに自分がどうなってしまうか予想ができないところがあります。僕はほとんど怒らないタイプですが、そうなった時にもしかすると狂気に変わってしまうかもしれない。マスコミが詰めかけてきたら、添田のように怒ってしまう可能性もあると思います。やっぱり僕は子どもが生まれてから、自分がだいぶ変わったと思っていて。僕たちには娘がいるので、小さな女の子をめぐる環境にかなり思いをめぐらせるようになりました。この先どういう苦労が待っているのか、どういう危険が待っているのかなどをすごく考えてしまう。劇中で、父親が学校で娘がどうしていたのか知ろうとしていく姿が描かれていましたが、僕だったら学校の様子もものすごく気にしてしまうと思います」


■「親が、子どもにとって“最後の聖域”になれるのかが大事」(犬山)

ーー劇中では、添田が元妻から「あなたに、あの子のなにがわかっていたの?」と問い詰められる場面がありました。父親は娘に無関心で、圧倒的にコミュニケーションが不足していた親子のように思います。お2人が、娘さんとコミュニケーションを取るうえで大事にしているのはどのようなことでしょうか。

劔「劇中では、花音ちゃんが父親に相談事をしようとして、躊躇してしまうシーンがありましたよね。あそこまでではなくとも、“父親にちょっとしたことも言えない”という親子関係っていくらでもあると思うんです。うちの娘はまだ4歳なのでいろいろなことを話しますが、これからもなんでも話せるようになってくれるような関係性を築くためにはどうすればいいのか。それは今後の自分の課題だなと思っています。学校で嫌なことがあったらちゃんと話してほしいし、そういうところまで踏み込んでいけるようにしたいなと感じています」

犬山「私たち親が必ず考えなければいけないと思っているのが、“力の勾配”です。圧倒的に大人のほうに権力があるので、大人と子どもにはものすごく勾配がある。それを考えずに頭ごなしに怒ってしまった場合、同じ立場の人を相手にするよりも、何倍も傷つけてしまうことになります。親は“子どもの権利”というものを、しっかりと念頭において接していかないといけないと思っています。子どもが、親に“一人の人間として尊重してもらっている”と感じることができれば、本当に悩みを抱えた時に相談できる関係性を作れるのではないかなと。劇中の花音ちゃんは、思春期でしたよね。反抗期、思春期というのは成長の大事なプロセスですから、それを防ぐというよりも、そういった時期に差し掛かった時に、親がいかに“最後の聖域”になれるかが大事なんだなと映画を観ながらも感じていました」

ーーもし子どもに大きな悩み事ができたとしても、そこが救いの場所になりますね。

犬山「子どもが最悪の失敗をしてしまった時ですら、この家のなかは聖域だから、ここでは安心して生きていけると思える場所を作っておくことが大事ですよね。花音ちゃんにはあの家に聖域がなくて、絵を描くことで心の安定を図ったり、そこに聖域を見出したりしていたというところがものすごくリアルだなと思って!だからこそ、父親が絵に興味を持っていく姿にとてもグッときてしまいました。否定ばかりしていた彼が、やっと受け入れてみようと行動に移せた瞬間でしたよね」

■「松坂さんは、『あの頃。』もできれば『空白』もできる。本当にすごい」(劔)

ーーとても他人事には思えないリアルさがあるのは、やはり役者さんの熱演あってこそだと思います。青柳を演じた松坂さんは、劔さんが原作を務めた映画『あの頃。』で劔さん役を演じていらっしゃいました。

劔「全然違った役柄でしたね(笑)!松坂さんは『あの頃。』のような作品もできれば、『空白』のような重厚なものもできる。すごいですよね。松坂さんは、過去の自分を再現してくれた方なので、僕にとってちょっと特別な存在なんです。松坂さんって、自分を有名人だとか、一流の俳優だとか思っていないというか、そういった自意識がないタイプの方だなと思っていて。だからこそいろいろな役ができるのかなとも感じます。あと映画を観る時に『松坂さんが出ているならば、きっと意味のある作品なんだろうな』という安心感、信頼感があります」

犬山「わかる!松坂さんが選んだ作品ならば、絶対におもしろいんだろうなって思うよね。添田が青柳と一緒に、娘が車に轢かれた場所を見にいくシーンがありましたよね。青柳のとても頼りなく歩いている後ろ姿が印象的で、いまでも目に焼き付いています。また古田さんのお芝居も、本当にすばらしくて!すごいとしか言いようがない。添田はハリネズミのようですよね。敵意や怒りが内側から湧き上がってくるようで、なにか言葉を発さずともあの目つきや風貌を見ただけで『この人、怒ってくるな。恐ろしい人だ』と感じられるくらいでした」

■「“マスゴミ”という言い方は好きではありません」(犬山)

ーー娘の事故をめぐって、マスコミが添田と青柳を追いかけたり、ネット上で彼らを叩く人が出てきたりする描写もありました。犬山さんは情報番組のコメンテーターも務められていますが、本作を通してマスコミ報道のあり方について感じたことがあれば教えてください。

犬山「事故のニュースを伝えている情報番組で、ワイプのなかで神妙な顔つきをしている男性と女性がいましたよね。あのワイプの2人には、かなり感情移入しました。私は報道すること自体はとても大切なことだと思っていますし、マスコミといってもいろいろな番組があって、それぞれスタンスも伝え方も変わってきます。ひとくくりに“マスコミ=悪”だとか、“マスゴミ”という言い方をするのは、私は好きではありません。ただ私自身、コメンテーターの席に座りながら、加害者がどんな趣味を持っていたのかなど、その周囲の人に話を聞きに行ったりしているのを見ると『これって、必要なのかな』と思うことは正直かなりあって。被害に遭われた方のプライバシーを守るという観点からしても、マスコミはまだ過渡期にあるなと感じています」

ーー犬山さんは、意見を発信するうえでどのようなことを大切にされていますか。

犬山「感情的になって『これはひどいですね、これはダメですね』で終わらせるのではなく、なにか次につなげられるような発信の仕方をしたいなといつも思っています。例えば轢き逃げ事故のニュースがあったとしたら、『轢き逃げ事故に対して、こういったアクションを起こしている人たちがいます』という情報を伝えることもできますよね。メディアの役割っていかに視聴率を取るかではなく、同じような事件や事故が起こらないようにするためにはどうしたらいいのか、どうやって社会をよりよい方向に整えていくのかという、教訓としての役割を担うことがとても大事だと思っています」

ーーインターネット上で不確かな情報やネガティブな意見が拡散される様子も、とてもリアルに感じました。

劔「劇中で言うならば『スーパーの店長がしつこく追いかけたせいで事故が起きたんだ』といった意見が上がるのは、正義が行き過ぎてしまっているからだと思うんです。世のなかの人たちは、きっと正義の気持ちで、青柳を叩いている。一方では『少女が万引きをしたんだから、追いかけるのは当然だ』という意見もある。どちらも、自分にとっては正義だと思っているんですよね」

犬山「誰が悪者で、誰が正義で…とはっきりしていないのが、本当の世の中。『自分の感情や不安を落ち着かせるために、誰かを悪者に仕立て上げていないだろうか』と自問してみることが必要かなと思っています」

ーーお2人はいろいろなことを話し合われながら、家庭生活を送られているんだなと感じました。最後に「これが夫婦円満の秘訣かな」と思うことがあれば、教えてください。

犬山「あはは!教えられるほど偉い人間ではありません!」

劔「細かい小競り合いはいっぱいしています(笑)!」

犬山「私たちも失敗を繰り返してきたので決して上から言える立場ではありませんが、失敗から学んだことといえば『自分がいいヤツになるのが一番だな』と感じていて。私はどちらかというと添田のような性質で…」

劔「若いころは、ハリネズミでした(笑)」

犬山「そう!怒りの感情をずっと持っているタイプでした。でも自分と向き合って、自分がいいヤツにならないと彼と穏やかな日常を送れないなと思ったんです。だって、家に帰ってきてハリネズミがいたら嫌ですよね。そういったことに気づいて、修正していく努力をすることが大事。あとは夫婦はチームで、お互いに味方同士なんだと何度も確認し合う!」

劔「そういった姿を子どもにも見せていけるといいよね。あと、どうしても一緒にいる時間が長くなると、相手の考えることがわかるようになってくるじゃないですか。『言わなくても、わかってくれるはず』と思い込んでしまったりもする。そういった甘えを持たずに、きちんと説明をしたり、話を聞いたりすることが大事かなと思っています」

取材・文/成田おり枝

※吉田恵輔の「吉」は“つちよし”が正式表記