筒井哲也の人気コミックを藤原竜也と松山ケンイチのW主演で実写化した『ノイズ』(2022年1月28日公開)。神木隆之介も共演する同作の第3弾キャストとして黒木華、永瀬正敏の出演が明らかとなり、2人のコメントが到着した。

本作は、絶海にぽつりと浮かぶ孤島を舞台とする新感覚サスペンスエンターテインメント。猪狩島の青年、泉圭太(藤原)が生産を始めた黒イチジクが高く評価されたことで地方推進特別交付金5億円の支給がほぼ決まり、過疎化に苦しむ島が復活の兆しを見せる。そんな折、圭太と漁師の田辺純(松山)、新米警察官の守屋真一郎(神木隆之介)の幼なじみ3人は、突然島に現れた小御坂睦雄(渡辺大知)を不審に思い、圭太の娘が失踪したことで誤って小御坂を殺してしまう。彼らはこの殺害を隠すことを決意するものの、小御坂が元受刑者のサイコキラーだったことが発覚し、凶悪犯が持ち込んだ一滴の悪意=ノイズが島に第2、第3の殺人を招いていく。

黒木が演じるのは、圭太の妻である泉加奈。圭太とともにイチジク農園を切り盛りする優しい女性という役どころだ。黒木は「この猪狩島という架空の島で、家族や、周りの人々がどういう風に変わっていくのかを意識しながら、新鮮な気持ちで物事をみるようにしていました」とコメント。そして小御坂を追って猪狩島へと渡り、圭太たち3人を追い詰めていく県警の敏腕刑事の畠山努に扮した永瀬は、「現代における様々な問題点が凝縮された本作品。参加させて頂き、感謝しています」と語っている。

圭太、純、真一郎は最後まで隠し通せるのか?崩壊していく日常の行きつく先に待っているものとは?実力派俳優たちの演技合戦を堪能しよう。

<キャストコメント>

●黒木華(泉加奈役)

「主人公・圭太の妻の加奈を演じました。この猪狩島という架空の島で、家族や、周りの人々がどういう風に変わっていくのかを意識しながら、新鮮な気持ちで物事をみるようにしていました。藤原さんは家族とのシーンではいいお父さんの顔でしたが、純と真一郎とのシーンでは全く違う顔になっていて、俳優としていろんな顔を持っている方だなと思いました。もちろん台本を読んで演じましたが、どんな映画になっているのか想像がつかない部分も多かったので、実際の作品をみてこんな風になっていたのかと驚きました。空気がきれいなこの島で、廣木監督や素敵な共演者の方々とご一緒できたことをうれしく思っています。公開をお楽しみに」

●永瀬正敏(畠山努役)

「主人公達を追い詰める畠山刑事と言う役を頂いて初廣木組を心の底から堪能させていただきました。座長の藤原竜也さん、松山ケンイチさんの作り出す暖かい雰囲気と神木隆之介さんを始め共演者・スタッフの皆さんの御心遣いで内容とは真逆のここち良い時間を過ごす事が出来ました。現代における様々な問題点が凝縮された本作品。参加させて頂き、感謝しています」

文/足立美由紀