自身が主演を務めた『ひとくず』(20)で鮮烈な長編映画監督デビューを果たし、赤井英和主演映画『ねばぎば 新世界』(21)などを手掛ける上西雄大監督と、お笑いコンビ、ガレッジセールのゴリではなく、本名の「照屋年之」名義で、『洗骨』(18)をはじめ、熱量の高い映画を撮り続けてきた照屋監督。今回、10月11日(月)〜17日(日)に開催される京都国際映画祭2021で、新作『西成ゴローの四億円』(11月9日公開)などをはじめ、特集上映が組まれる上西監督と、満島ひかり主演の短編映画『演じる女』(20)が上映される照屋監督の2人を招き、映画作りへの情熱やこだわりを語り合ってもらった。

『ひとくず』は空き巣に入った男が、母親の恋人から虐待されている少女と出会い、彼女を救おうとする物語、『西成ゴローの四億円』は病気の娘を持つ記憶喪失の父親が、高額な臓器移植の手術代を、腕っぷしの強さを活かし稼いでいく物語で、いずれの主人公も日陰者で、上西が演じている。

上西監督はこれまで、映像劇団10ANTSの所属の主宰俳優として、自身が出演する舞台や短編映画なども手掛けてきたが、2017年に撮った『ひとくず』が第12回ロンドン国際映画祭で作品賞や最優秀主演男優賞ほか多数の映画賞を受賞し、その後も舞台と映画、両輪で活躍の場を広げてきた。

照屋監督も『南の島のフリムン』(09)で監督デビュー後、短編や長編をコンスタントに撮り続けてきたが、とりわけ『洗骨』は第40回モスクワ国際映画祭でアウト・オブ・コンペティション部門に出品されたほか、その年の日本映画監督協会新人賞を受賞するなど高い評価を受けた。また、大阪出身の上西監督と沖縄出身の照屋監督は、共に地元を舞台にした人間ドラマを紡いできた共通点もある。

■「所持金によって登場人物の“裏”を見せるのは、ポップな演出だけど深い」(照屋)

――今回、京都国際映画祭で特集上映が組まれることになった上西監督は、いまどんなお気持ちですか?

上西「とてもうれしいです。僕は大阪出身だから京都は近いですし、夢のような感じです」

――照屋監督は、上西監督の『西成ゴローの四億円』や『ねばぎば 新世界』などをご覧になっていかがでしたか?

照屋「『西成ゴローの四億円』でおもしろい演出をされるなと思ったのは、、登場人物が出てくるたびにストップモーションとなって、その人の所持金が見せられること。本人の職業とは裏腹に、所持金によってその人の“裏”が見えるので、ポップな演出ですが、すごく深いなと。お金がその人間を表していて、クリーンな人なのか汚い人なのか、あるいは努力家なのかが一瞬でわかります。

アクションで印象に残っているのは、半グレの男たちがナイフを持っている人をやっつけたあと、そのナイフを奪うのではなく、そのまま相手の手を使って別の人を刺すシーンがカッコ良かったです。何年か後に、僕もそうやって撮ろうかと。いますぐやるとパクったとばれるけど、たぶん10年後だったら逃げ切れると思うので、その時は見逃してください(笑)」

上西「そう言っていただけてうれしいです。すぐにでもやってください(笑)」

――登場人物の貯金や借金などの所持金をテロップで出すという発想はどこから来たのですか?

上西「テーマに貧困というか、コロナ禍でさらに広がっていくであろう経済格差の問題があります。西成で暮らす人たちは貯金がない人が多く、所持金は人間を表すのにわかりやすいなと思いました。ただ、いろんな人が出てくるので、台本を書きながらそれぞれの所持金をいくらにしようかとすごく悩みました」

照屋「登場人物の人柄を説明する箇所は、できるだけ短くしたいんですよね。実はこういう悲しい過去があったからこうなっている、ということを説明するにあたり、所持金を見せると一瞬でわかるし、主人公がなにも言わなくても、観客がそこを探りだしてくれるのでいいなあと。そこは驚きました」

■「照屋監督はすごく人間を愛している優しい方だと思いました」(上西)

――上西監督は脚本を書くのがとにかく早いとか。

上西「僕は監督というよりも役者なので、僕の脚本はいわば“エチュード”です。自分がその役になった気持ちで書いていくので、ハイスピードでできあがっていきます。1人1人にこういう人間だというイメージがあるので、彼らが会話をする感じで書き進めていきます。なので、最初にプロットを考えるまでの時間は長いですが、書き始めたら早いです。『西成ゴロー』の初稿は3日かかってないですから」

照屋「すごいですね!コンビニでフルに3日働いたとしてもお給料3万ちょっとですよ。そう考えると、費用対効果がすごい。恐ろしいです!僕には絶対無理です」

――そんな上西監督が苦労されたのはアクションシーンだそうですが、確かにご自身も出演されてのシーンは大変そうですね。

上西「誰かに一度スタンドインをさせて、動きをつけていくしかなくて。自分がいないシーンだとモニターを見ながら絵面を決めていけますが、アクションだとそうはいかない。『ねばぎば新世界』の撮影は真夏に革ジャンを着てのアクションシーンでしたが、カメラマンが『いまのはちょっとダメだったのでもう一度』と何度も言うので、最後には熱中症でぶっ倒れました。本当に苦しかったので、俺は死ぬんじゃないかと思い、劇団員に遺言を伝えたくらいです(苦笑)」

照屋「そこまで追い込まれたんですか?それって、全然“ねばぎば”じゃなく、ギブアップですよ(笑)」

上西「撮影を中断し、クーラーが効いた楽屋で真っ裸になって15分寝たらすぐに復活できました(苦笑)。でも、赤井さんはすごくタフで、俺以上にアクションをこなしているのに何度やっても全然ペースが落ちないし、キレキレなんです。最後まで暴れきったあと、お疲れ様でした!と飲みにいく感じだったので、本当にカッコイイ!と感心しました」

――では、上西監督は照屋監督作『洗骨』や『演じる女』を観てどんな印象を受けましたか?

上西「照屋監督はすごく人間を愛している優しい方だと思いました。本当に愛情を持って細やかに人を見ている方だと、映画から伝わってきたんです。これまで僕も地元を撮ってきましたが、照屋監督はそこへの心の置き方がすごくおおらかですね」

照屋「作風や土地柄は、確かに全然違いますよね。沖縄はもっと穏やかですが、僕の勝手なイメージとして、西成は緊張感があって怖そうな感じがします。よく吉本の芸人さんが西成の変わった人をおもしろおかしく話したりしますが、怖いという話も聞くので、カメラを入れて大丈夫なのかなと」

上西「普通はダメなんです。でも『西成ゴローの四億円』の主題歌を歌っている『西成の神様』という西成に住んでいる歌手の方が、みんなに『映画を撮るから協力してな』と声をかけてくださったんです。普通なら、なにか言ってきそうな方々が逆に『撮影してるから入らんといて』と車を止めてくれたりもして、本当に奇跡のような現場でした」

照屋「『ねばぎば 新世界』に出てくる『串かつだるま』の会長さん、ご本人ですよね。映画に出るんだ!と驚きました(笑)」

上西「そうなんです。実は『だるま』の上山(勝也)会長はあの映画の発起人で、ボクシングの先輩である赤井さんのために映画が撮りたいと思われていたとか。それで、僕の『ひとくず』を観てくださった上山会長から『あんた、映画、撮らへんか?』と声をかけていただいたんです。赤井さんと会長の会話を聞いていると、本物の友情を感じてほっこりするんです。だからそれを映画に取り入れたいなと思い、会長にも出演してもらいました」

照屋「会長、役者としては素人のはずなのにすごくいい味が出ています。2人がそういう仲だったから、リラックスして演じられたんですね」

――お2人とも奥田瑛二さんを演出されましたが、ご一緒されていかがでしたか?

照屋「奥田さんは『洗骨』のファーストテイクでいきなり“カッコイイ顔”をされたので、カットをかけて『まだ“奥田瑛二”が残っているので消してもらっていいですか?』って言いました。そしたら『お前、誰に向かって言ってるんだ?なんて、冗談冗談』と笑われました。奥田さんは『脚本を書いたのは照屋監督だし、映画のことは監督が一番わかっているから、あなたが言うことが絶対に正しい。だから何度でも違うと思ったら言って』と言ってくださり安心しました」

――奥田さんは『洗骨』の舞台挨拶で照屋監督を絶賛されていました。また『演じる女』で主演を務めた満島ひかりさんも、奥田さんの言葉を聞いて、主演を引き受けられたと聞いています。

照屋「『演じる女』はすごく低予算の映画で、ギャラなんてほとんど払えてないんですけど、ダメもとで満島さんにオファーしたら引き受けてくれました。どうやら僕の知らないところで奥田さんが『照屋監督からオファーがきたら、絶対に断らないほうがいい』と言ってくださっていたそうで。僕が満島さんにオファーすることなんて、奥田さんはご存知なかったのに!それで無事に出演していただき、満島さんは『ショートショートフィルムフェスティバル&アジア2021』で受賞もされたので、不思議ないい流れでした」

――上西監督は、奥田さんを演出しつつ、共演もされていますね。

上西「2作とも奥田さんの役は、すごい“闇”の中にいる人なんですが、『洗骨』の奥田さんのほうが体温を感じられて、温かい太陽も持っているようなキャラクターでした。きっと照屋監督は細やかな演出をされる方なんだなと思いました。すばらしいです」

僕は、奥田さんに関しては『こうしてください』とは1回も言ったことがなかったです。実は奥田さんのお芝居は、僕が書いた時のイメージとは違いました。でも、見せてもらったお芝居がそこで輝いていれば、それを受け取って、むしろ監督ではなく役者としてぶつかっていこうと思っていました。お芝居ってリアクションがリアクションを生むと思っているので、違っていても、むしろ『そうきましたか!』と喜んでしまいます」

■「僕は役者なので、演じることが一番好きです」(上西)

――では、お2人が、映画を監督する醍醐味を感じるのはどんな点でしょうか?

照屋「僕は編集です。撮影の時に接するカメラマンさんや照明さん、役者の皆さんもそうですが、己を持っているプロたちの集団なので、それぞれにこだわりがあるから現場はとてもキツイです。でも、全員が我を出しすぎると作品がごっちゃごちゃになってしまう。だから良い部分はいただきつつ、方向性が違う部分は止めないといけない。そこをやらないと編集の時、絶対後悔するので。例え現場の空気が悪くなってもぶつかっていかないとダメなんですが、かなりのストレスでヘロヘロになります。でも、撮ったものを編集し、すべてのパーツがつながった時、いままで世の中に存在しなかった物語が生まれてくる快感がたまりません」

――編集ですべてが報われるわけですね。

照屋「頭の中で思い描いていたものが多くの人に届くまでの過程は、自分の子どもが育っていくような感じで、かわいくてたまらないんです。その時の快感が、それでの苦労をかき消してくれるから、また次を撮りたくなる。だから僕は編集の作業が一番大好きです」

上西「僕は役者なので、演じることが一番好きで、あとのこと全部が苦痛です(苦笑)。いまお聞きしていると、照屋監督はやっぱりクリエイター気質なんだなと思いました。今度、僕を役者として呼んでください(笑)。

僕は映画を監督する場合、編集はすべて人にお任せします。もちろんここを切ってくださいといったわがままは言いますが、あとは自由にやっていただきます。編集をやっていると、ずっとそれを続けてしまうので」

照屋「それが楽しいんですよ」

上西「全然楽しくないです(笑)。だから、照屋監督はあまりご自身が出演されないんですね」

照屋「そうです。出ると演出に集中できないので。最初のころは出ていましたが、最近はまったく出てないです」

上西「だから僕は、自分が出ない作品の監督を頼まれても絶対にやらないし、自分が出ない作品の脚本もお引き受けすることはないです。また、僕にはいつもついてきてくれる劇団の仲間たちがいるので、劇団員の魅力を映像の世界で最大限に輝かせることに注力します。でも、なにより望んでいるのは、役者として演じることです。だから海外の映画祭で、いろんな賞をいただきましたが、グランプリや監督賞、脚本賞よりも、最優秀男優賞をいただけることが一番うれしいです」

――そういう意味では、やはりまったく考え方が違いますね。

照屋「僕も最初は自分が出たい人間だと思ってやり始めたんですが、撮る楽しみを味わったらそうではなくなりました。映画に関しては特に、いわゆるクリエイターとしての気持ちのほうが強くなっちゃいました。だから上西監督とは喜びを感じるポイントが全然違いますね」

上西「脚本を書かれる時も、きっと照屋監督は俯瞰でその世界を作られているんでしょうね。僕の書き方は、自分が登場人物になって人と人とのリアクションを見せていくというか、役者の表現によって物語を描いていくんです。だから僕の作品は登場人物が多いし、すごく人間くさいかもしれない」

照屋「確かに薄味のキャラクターは1人もいないですね。丼系というか、カツ丼、牛丼、親子丼みたいな」

上西「そうなんです。舞台になると、それがもっとひどくなり、まともな人は1人も出てこなくて、変人集合!みたいな感じになります」

――映画と舞台では、やはり演出の仕方も異なりますか?

上西「映画と舞台はまったく違います。舞台ではもっと笑いをとるし、お客さんがいることを想定しているから、自分の世界を作ろうというよりは、自分のなかにあるものをお客さんにどうお渡しするか、という考え方です。また、『ひとくず』は来年舞台にして上演します」

■「自分が過去にエンタメで救ってもらったことへの恩返しだと思っています」(照屋)

――お2人の映画は作風やロケ地に違いはあれど、弱者に寄り添い、観終わったあと希望を感じたり、パワーをもらえたりする点が共通していると思います。そこは映画を撮るうえで意識されていますか?

照屋「僕自身、中高生ぐらいまで、エンタメで救ってもらった時って、やはり傷ついた時や悲しい時、勇気が欲しい時だった気がします。いまはコロナ禍でもありますが、世の中には常にいろんな状況の人たちが存在します。病気で苦しんでいる人もいれば、親子関係でつらい人、恋人と別れた人、悪いことに手を染めて捕まった人などもそう。だから僕の撮る映画の主人公たちは、弱者というか、なにかを抱えている人が多くて、成功者はいないんです。

でも、その人たちが映画を観終わったあとで『こんな人生だけど、明日も頑張ってもう1歩前に進んでみようかな』と思ってもらえたら本当にうれしい。だから、その想いを渡すうえで、無数の人たちを傷つけないという点も気をつけています。いわばそれは、自分が過去にエンタメで救ってもらったことへの恩返しだと思っています」


上西「僕の作品も、平和な家族の1日を撮ったような作品ではなく、なにかしら傷を負った人たちを中心に描いています。僕は人間ってどんなつらいことがあっても耐えることができると信じているので、そこを描きたくて。僕自身も割と大変な家で育ったので、つらいことがあると、おばあちゃんと映画館に行っていたんです。映画を観ると、すべてがリセットされて、映画の余韻で幸せな気持ちになれました。

映画から学んだことはたくさんあって、人生を生きていくうえで力になります。そういった意味では、自分が作る作品も、観る人にとって人生の力になれたらいいなと。その人たちの心に触れることができれば、映画を撮り続けていく意味があるなと思っています」

取材・文/山崎伸子