「ソウ」シリーズでハリウッドの第一線に登場し、その後もホラー&スリラーを中心にヒット作を連発しているジェームズ・ワン。彼が2013年に発表した心霊ホラーが『死霊館』だ。古びた館に巣食った悪魔と心霊研究家の争いを描いた本作は、本国はもちろんワールドワイドに大ヒットを記録。シリーズ化のほかスピンオフなど関連作が続々と製作され、ホラーシリーズとしては類のない「死霊館ユニバース」を形成した。

■実際に起こった事件に基づいたリアルなテイスト

『死霊館』が支持を集めた大きな理由が、実話をベースにしたリアルなテイスト。主人公で霊能力者のロレインと夫エドのウォーレン夫妻は1950年代より活躍した実在の心霊研究家で、脚色されてはいるが映画で描かれた出来事は事実に基づいている。

映画のストーリーはシリアス。依頼を受けたウォーレン夫妻が、現場を調べ、原因を突き止め、準備を整え邪悪な存在に立ち向かう様が丁寧に描かれる。エクソシズム=悪魔祓いと言えば十字架と信仰心というイメージもあるが、本作はそこに至るまでの展開に力を入れているのがミソ。残酷描写や派手な描写は抑え気味で、純粋に怖さや不気味な空気感で勝負しているところにワンの本気度が伺える。

■夫婦の絆で恐怖に立ち向かう魅力的なウォーレン夫妻のキャラクター

ウォーレン夫妻のキャラクターも魅力的だ。彼らは豊富な知識や強い信仰心を持っているだけでなく、常に互いを信頼し尊重し合う夫婦。ウィットに富んだ会話や、時間の許す限り家族と一緒の時間を過ごす血の通った人間像が、戦慄の物語の中で拠りどころになっている。

「死霊館ユニバース」を構成しているのは、ウォーレン夫妻が事件に挑む実話ベースの「死霊館」シリーズ、実在する邪悪な人形アナベルにまつわる「アナベル」シリーズ、そして伝承をベースにした『ラ・ヨローナ〜泣く女〜』(18)などのスピンオフ。作品ごとに時代背景が違うため、公開順やシリーズごとに観るほか、時間軸で追いかけても楽しめる作りになっている。

そんなユニバースの第8弾にして、ウォーレン夫妻の新たな活躍を描く『死霊館 悪魔のせいなら、無罪。』が現在公開中。そこで、「死霊館」シリーズはもちろん、ユニバース全体を振り返っていきたい。

■『死霊館』(「死霊館」シリーズ)

記念すべき「死霊館ユニバース」の第1作。1971年、ロードアイランド州ハリスヴィルの古い屋敷を購入したペロン一家は、夜な夜な鳴り響く物音や不気味な影に脅かされる。調査を依頼されたウォーレン夫妻は、ペロン家に憑りついたのは19世紀にこの家で自殺した魔女バスシーバだと突き止める。

作りは王道の幽霊屋敷ものだが、まだビデオ機器が高価だった時代にビデオカメラで検証を行うなど、科学を取り入れた調査方法は新鮮。ウォーレン夫妻の絆の強さや彼らに対する世間の認識、自宅に呪いの品を集め封印した“博物館”の解説があるほか、さらりと家族構成も紹介している。なにはともあれ、まずはここから観てほしい。

■『死霊館 エンフィールド事件』(「死霊館」シリーズ)

1977年、ロンドン北部エンフィールドで少女がなにかに憑依される事件が発生。幽霊の仕業か、それとも狂言なのかを調査するためウォーレン夫妻は渡英する。前作の後、“アミティヴィル事件”に関わりバッシングを浴びた夫妻が、嘘つき呼ばわりされる少女に寄り添う姿が胸を打つ。

激しいポルターガイスト現象、憑依された少女の豹変ぶりは圧巻。アメリカとは違うロンドンの街並みや住環境も新鮮だ。修道女の姿をした邪悪な存在、ヴァラクが初めて夫妻の前に姿を現す。

■『死霊館のシスター』(スピンオフ)

1952年、ルーマニアの聖カルタ修道院で自殺した修道女の調査のため、バーク神父と、見習い修道女のアイリーンが現地を訪れる。『死霊館 エンフィールド事件』(16)でウォーレン夫妻の前に現れた、ヴァラクの正体に迫るスピンオフ。

人里離れた修道院が舞台のため、中世のような幻想的な雰囲気が味わえる。「死霊館ユニバース」でもっとも古い50年代の物語で、時間軸で観るならこちらから。ただし映画は『〜エンフィールド事件』の映像でスタートするため、この記事の紹介順で味わうほうが自然かもしれない。

■『アナベル 死霊人形の誕生』(「アナベル」シリーズ)

『死霊館』の冒頭で圧倒的な存在感を発揮して、そのままユニバースのアイコンになった人形、アナベル誕生の物語。(物語の)12年前(1945年)に愛娘アナベルをなくした玩具職人夫婦の家に、修道女のシャーロットと6人の少女が招かれた。ところがそこには悪魔が操る邪悪な人形が待っていた。

悪魔が姿を変えたアナベルや人形が少女たちを襲撃。たたみかけるような展開と、バイオレンスが味わえる衝撃作だ。ラストは『アナベル 死霊館の人形』(14)へとつながっていく。シャーロットが聖カルタ修道院の修道女と親交を持つなど『死霊館のシスター』(18)の関連作でもある。

■『アナベル 死霊館の人形』(「アナベル」シリーズ)

公開順では『死霊館』に続く第2作で、アナベルがウォーレン夫妻の手に委ねられる以前の物語。1967年、妊娠中の妻ミアへのプレゼントに、ジョンはアンティーク人形を購入した。ところがその人形に、生まれくる赤ん坊の魂をねらう邪悪な悪魔が宿ってしまう。

派手な見せ場はほとんどないが、ミアがじわじわ追い詰められていく精神的な怖さが持ち味。ミアたちを救うためペレズ神父が手を差しのべる。2014年にジェームズ・ワンは制作会社アトミックモンスタープロダクションズを設立。この作品から、タコの怪物が町を襲うクレジットが付けられた。

■『アナベル 死霊博物館』(「アナベル」シリーズ)

ウォーレン夫妻の博物館にアナベルが収められた1年後の物語で、夫妻の一人娘ジュディが主人公。ジュディのベビーシッターの友人が好奇心で博物館に忍び込み、アナベルの封印を解いてしまう。

呪いの博物館の品々が命を宿したように動きだし、アナベルを操る悪魔も姿を現す本作を、ジェームズ・ワンは「アナベル版ナイト・ミュージアム」と呼んでいる。公開前にロレイン・ウォーレンが92歳で死去したため、映画は彼女に捧げられた。

■『ラ・ヨローナ〜泣く女〜』(スピンオフ)

我が子を殺し、自殺した女の霊が子どもを奪う、ラテンアメリカに伝わる伝承を描いたスピンオフ。1973年、謎の死を遂げた子どもの母親から逆恨みされたシングルマザーのソーシャルワーカーのアンナは、子どもを襲う悪霊、ヨローナに2人の子どもをねらわれる。神出鬼没なヨローナの恐怖をパワフルに描くショック描写が満載。アンナにアドバイスを与える聖職者として『アナベル 死霊館の人形』(14)のペレズ神父が登場する。

■『死霊館 悪魔のせいなら、無罪。』(「死霊館」シリーズ)

ウォーレン夫妻が、裁判で悪魔の憑依を立証するため奔走するユニバース最新作。1981年、ウォーレン夫妻が立ち会った悪魔祓いのさなか、恋人の弟を救おうとした青年アーニーは自身に悪魔を宿してしまう。その後、精神錯乱したアーニーは殺人を犯し、刑務所に収監。彼の無実を証明するため夫妻が立ち上がる。幽霊屋敷を描いてきた「死霊館」シリーズが新たなフィールドに突入。州をまたいで各地を飛び回り、情報を入手するため警察の捜査に力を貸すなど、これまでにないアクティブな活躍が味わえる。

作品ごとに特色があり、様々な斬新なアイデアで観客を震え上がらせる「死霊館ユニバース」。最新作から入ってみるのもアリなので、まだ観たことがない人もぜひ、この“恐怖の世界”に足を踏み入れてみてほしい。

文/神武団四郎