『孤狼の血 LEVEL2』が公開されて約1か月が経った9月17日、シリーズ3作目となる続編の製作が発表された。振り返ってみれば、本作『孤狼の血 LEVEL2』の製作が発表されたのも1作目の『孤狼の血』が公開されてしばらく経った後だった。それは、なにも配給の東映が実は決定しているのに毎回もったいつけて作品の公開後に続編の発表をしているのではなく、このシリーズがまるで薄氷を踏むような足取りで、観客からの支持だけでなく、製作者や出演者たちの「シリーズを継続していきたい」という志と情熱によって成り立っていることを示している。実際に『孤狼の血』は継続させる価値がある、もっと言うならば継続させなくてはいけない、現在の日本映画界においてとても重要なシリーズ作品だ。
続編の製作が発表される前に行なっていた今回の白石和彌監督への取材でも、焦点の一つとなったのは「継続することの意義」についてだった。国内で多くの映画賞に輝いた2013年の『凶悪』を経て、長編監督作品として3作目となった2016年の『日本で一番悪い奴ら』以降、メジャー/インディーズを問わず多い年(2018年と2019年)には年に3作というハイペースで作品を撮り続けてきた白石和彌監督。それは(特に実写の)日本映画界を取り巻く停滞感を打破するうえでの白石和彌監督ならではの闘い方でもあったに違いないが、2022年に配信作品として発表される『仮面ライダーBLACK SUN』など大きな企画を手がける機会も増しているなか、ここにきて次のフェーズに足を進めようとしている(撮影現場での労働環境の改善について積極的に行動し、声を上げるようになったのも、その表れの一つだろう)。そんな白石和彌監督の立っている日本映画の現在地からは、どのような景色が見えているのだろうか?

宇野「前作に続いて、『孤狼の血 LEVEL2』も本当に見事な作品で。自分は今作を2つのポイントで現在の日本映画においてとても重要な作品だと思っているんです。一つは、今回、白石和彌監督が初めて自身の作品の続編を作られたということ」

白石「そうなりますね」

宇野「コミック原作ものでは近年の成功例もいくつかありますけど、プログラムピクチャーの時代が終わってから、日本の実写映画って続編映画をあまりうまく回すことが出来なくなってると思うんですね。一方、ハリウッドなんてほとんどがシリーズものだったりユニバースものだったりして、産業としてはほぼ続編で回ってるような感じで」

白石「まあ、そうですよね。いまだに『スター・ウォーズ』とか作ってますからね」

宇野「続編作品って、産業としての持続性においてもすごく重要なものなのに、コミック原作以外の実写日本映画においてはあまりフォーカスされてこなかったと思うんですよ。そのことをふまえて、作品的にも非常に高いレベルで続編を実現させている『孤狼の血 LEVEL2』について白石監督に話を訊いてみたいと思っていて」

白石「はい」

宇野「それともう一つ。『孤狼の血』シリーズが、冒頭のナレーションのスタイルを筆頭に東映の実録ものヤクザ映画へのレファレンスに満ちた作品であることはよく語られてきましたけど、『孤狼の血 LEVEL2』ではさらに、かたせ梨乃さんのキャスティングにも象徴的なように、『極妻』(『極道の妻たち』)をはじめとする実録もの以降のヤクザ映画へのレファレンスも張り巡らされている。近年の日本映画、特にメジャー配給の実写映画では、日本映画の歴史から切り離されたような作品ばかりが作られているなかで、このことも非常に重要だと思っていて。つまり、“前作を超える続編”と“映画史へのレファレンス”という、ハリウッドの優れた作品では当たり前にされていることをやれてる作品が、今回の『孤狼の血 LEVEL2』だと思うんですね」

白石「確かに、確かに」

宇野「前作『孤狼の血』の製作中には続編の話はなかったわけですよね?」

白石「そうです。前作は柚月裕子さんの原作から結末を変えたこともあって、原作の続編『凶犬の眼』をそのまま映画化するのは難しいだろうというのが、まずあって」

宇野「続編の可能性なんて考えず、フルでやりたいようにやった結果が、前作のあの結末だった?」

白石「そうです。それと、『凶犬の眼』でも日岡(松坂)は左遷されて田舎には行っているんですけど、ヤクザの抗争っていう感じの内容とはちょっと違って、登場人物も少なかった。それもあって『どうしましょうかね?』というところからのスタートだったんです。で、原作には(原作の1作目と2作目の)間の話みたいなものとして、広島のその後のエピソードが何行か書かれているんですけど、そこを膨らませたらおもしろいんじゃないかと思って、そこを手がかりに進めていったら、結果オリジナルになってしまったという」

宇野「では、当初はもう少し前作と直接つながるような要素も入っていたということですか?」

白石「最初は考えてましたね。でも、そこに引っ張られるよりも、原作の『凶犬の眼』につながるような作品を作ったほうがいいんじゃないかと思って」

宇野「これは原作も同様ですが、一作目で大上(役所広司)という作品の柱であった存在を失うわけじゃないですか。映画では、それによってクレジット上のメインロールも役所広司さんから松坂桃李さんになるという一大事でもあるわけですが、そのことで続編を作ることに躊躇はありませんでしたか?」

白石「最初から前向きでした。おっしゃったように、これまで続編をやったことがないというのもやり甲斐のあることだと思ったし、一番大きな魅力は2作目だと説明が要らないことなんですよね」

宇野「なるほど」

白石「映画って説明の部分が一番面倒くさい…と言ったらあれですけど(笑)」

宇野「まあ、いきなり壮絶な豚小屋でのシーンから始まる前作も、決して説明的な作品というわけではなかったですけど(笑)、それでもやっぱりそうですよね」

白石「どんな映画でもセットアップは必要なんで。今回はその部分が少なくて済むだろうなというのは、最初から念頭にありました。あと、1作目の『孤狼の血』も典型的ですけど、日本映画って“過去になにかあった話”が多いじゃないですか。『孤狼の血』だけじゃなく、これまで僕が撮ってきた映画もそういうものが多かったんですが、そこからも解放されるんじゃないかっていう予感があったんですよね」

宇野「“過去になにかあった話”というのは?」

白石「例えば『孤狼の血』だと、役所さんが演じていた大上の『過去に人を殺してるんじゃないか?』ということが物語の軸の一つになっていたじゃないですか」

宇野「ああ、なるほど。物語のサスペンスやミステリーの核の部分が過去の出来事にある映画ってことですね。確かに、すごく多いですね」

白石「でも、そういう“過去になにかあった話”って、映画としてはスピード感が落ちるんですよ。その点、今回の『孤狼の血 LEVEL2』では日岡の過去についてはもう前作で語っちゃってるんで、そこに物語のサスペンスを置くことは最初からできない。そうなると『なにかが起こって、そこから次はどうなっていく?』っていう転がし方ができると思ったんです。物語の展開そのものが、映画としての推進力になっていくというのが、映画の王道なので」

宇野「でも、今回も上林(鈴木亮平)については、“過去になにかあった話”の要素はありますよね」
白石「あそこは『彼はどうしてああいう人間になったのか?』っていう説明ぐらいですよね」

宇野「物語全体に影響を及ぼすようなものではないということですよね」

白石「はい。上林は五十子(石橋蓮司)に救われた男なんでしょうけど、そこでなにがあったかは細かくは語っていない」


宇野「実はこの連載、別に意識してきたわけじゃないんですけど、これまでほとんどの監督が自身で脚本も書かれる監督だったんです。日本映画で作家性の強い監督に話を訊くとなると、どうしてもそうなる傾向がある。その点、白石監督も作家性はかなり強い監督だと思いますけど、脚本は共同脚本もあるものの、基本、監督に専念することが多いですよね。今回の『孤狼の血 LEVEL2』も、前作に続いて池上純哉さんが脚本を手掛けていて」

白石「それについては、単純に時間の問題もあります。本数が多いので――本当はこうなるつもりもはなかったんですけど(笑)――脚本を書いたり、ほかの方と一緒に脚本の作業をしたりする時間がなかなか作れないというのが現状で。池上(純哉)さんとは、『日本で一番悪い奴ら』からコンビを組んでいて。お互いやりたいこともだいぶわかってきているんで、ほぼほぼ今回は手を入れなかったですね」

宇野「池上さん、白石監督以外のヤクザものとしては西谷弘監督の『任侠ヘルパー』の脚本とかも書かれていて、今回も実質的にはほとんどオリジナルですし、かなりすごい方なんじゃないかと気になってるんですが、あまり情報がないんですよね」

白石「ほとんどメディアとかに出ないですしね」

宇野「そうなんですよ。池上さんは、もともとは助監督をやられていた方なんですよね?」

白石「僕よりちょっと先輩なんですけど、高橋伴明監督の助監督をやっていて、その時代からお互い知っていて。映画的インテリジェンスがすごい高い方で。監督も昔、Vシネを何本かやったりしているんですよね。いまのC & I entertainment、当時はIMJ Entertainmentっていう会社が『ジョゼと虎と魚たち』とか『NANA』とか作っていた時期に、そこの企画開発部みたいなところに池上さんも僕も2年ぐらいいたんです。そこには(『サニー/32』や『ひとよ』の脚本家の)高橋泉くんとかもいて、そこで結構濃い関係性ができたんですよね」

宇野「へえ!じゃあ、みんな30代くらいの時の、まだくすぶっている同士の仲間みたいな?」

白石「まさにそんな感じです」

宇野「それがいまや、皆さん日本映画のキープレイヤー的存在になってるという。白石監督は、公開作の数は一時期に比べたらちょっと落ち着いてきた印象があるんですけど、やっぱり水面下では相変わらずという感じなんですか?」

白石「仮面ライダー(『仮面ライダーBLACK SUN』)をやることになったので…。特撮って、こんなに作業量が多いんだ、と愕然としてますね(笑)」

宇野「そっか(笑)。以前お会いした時にも同じ話になったと思うんですけど、現在40代半ばで、走れるうちは当分このまま走ろうという感じ?」

白石「そうですね。やりたくない映画をやることはないんで。提案を受けて、やりたい作品をやってるとこうなってしまうという感じですね」

宇野「白石監督自身は若松プロダクションでの仕事から映画の世界に入って、監督になってからも独立系のプロダクションで数多くの作品を作ってきたわけですけど、この『孤狼の血』シリーズに関しては作品の内容的にも、制作環境的にも、“東映の作品”というところがすごく大きいですよね?」

白石「東映さんって、プロデューサーの人たちも現場の人たちも、ほかのメジャー系の映画会社とはちょっと毛色が違うというか。“映画屋”感がまだ残っているんですよね」

宇野「それは“良くも悪くも”ですか?それとも“良くも良くも”?(笑)」

白石「“良くも悪くも”ですね(笑)」

宇野「具体的に、いまなお変わらない“東映イズム”みたいなものはどういうところに感じますか?」

白石「難しい質問ですね(笑)。一つの観点でいうと、今年は藤井道人監督の『ヤクザと家族』とか西川美和監督の『すばらしき世界』とか、ヤクザや元ヤクザ を題材にしたすごくよく出来た作品が公開された年でもあったと思うんですが、そこではヤクザの人権の問題だとか、世間に受け入れられない感じだとか現代社会での生き辛さみたいなものを描いていたじゃないですか。でも、そういうのは東映で作る映画ではないと思うんですよね」

宇野「現代と近過去を舞台にするのでは当然描写の仕方も違ってくるでしょうけど、そうかもしれないですね」

白石「今回の『孤狼の血 LEVEL2』に対しても、『リアリティを感じなかった』とか『あんなヤクザいねえよ』とか言われることがあるんですが、そこはあんまり自分は気にしてないんですよ。同時代でも、韓国ではリアリティなんて関係なくもっとハードな作品を作っているわけじゃないですか。そういうノワール感みたいなものは映画文化として残っていてもいいものだと思いますし。僕の育ちでいうと、当然、『孤狼の血』の企画を最初にいただいてから、深作(欣二)作品を見直したりもしましたけど、どちらかというと東映ビデオを中心とするVシネマのヤクザものが近いものとしてあって。それこそ(高橋)伴明さんとかの作品もそうですけど、記憶としてVシネのいろんなシーンが自然と頭の中に浮かんでくる」

宇野「そういう意味では、当時のVシネで仕事をしていた池上さんが脚本を手掛けているのは必然でもあるんですね」

白石「そうですね。いずれにせよ、『東映で映画を撮る』となった時に、そこがこれまで作ってきた作品とまったく関係なく作るっていうのは違うと思って。『東映でヤクザ映画を撮る意義ってなんなんだろう?』ということはものすごく考えてきました。先ほど、かたせ梨乃さんの名前を挙げてくれましたけど、『孤狼の血 LEVEL2』は時代設定的に言うと、完全に『極妻』の時期と重なっていて。当然、ファッションとか、美術とか、いろんなものを勉強するにはすごく参考になりましたしね。『極妻』も、実は結構ファンタジーなところがあるんですが、そういう部分も含めて東映のヤクザ映画だと思うので」

宇野「では、まだ“映画屋”感が残ってる東映の“良くも悪くも”の“悪くも”なところは?」

白石「“悪くも”ってわけじゃないんですけど、『四の五の言わずに映画作ったらええんや!』みたいな感じはありますよね(笑)。映画って結局は博打を打つ作業だと思うんですけど、その博打を打つ感じがまだ濃厚に残ってる。それは『孤狼の血』シリーズの紀伊(宗之)プロデューサーや天野(和人)プロデューサーにもあって、そういう“アカンやつら”を会社としてバックアップしてくれているのを現場では日々感じます。コロナで軒並み映画の撮影をストップしていたなかで、東映さんだけ『樹海村』と『孤狼の血 LEVEL2』をなんとか撮ろうといろいろ対策しながら動き続けていて。『映画会社なんだから、映画作らないでなにやるの?』みたいな感じが、すごく残っている」

宇野「話を聞いていると、あまり“悪くも”って感じはないですけど(笑)」

白石「“悪くも”は…いろんな計算がまるっとしているところですかね。いろんな意味で、ざっくりしすぎてるっていうか(苦笑)」

宇野「これは東映の作品に限った話ではないですけど、日本のいわゆるメジャーの映画会社が作る作品には、ジェンダーの描き方を筆頭に、根本的な価値観の古さのようなものを感じることも多くて。制作現場に関しては、今作で白石監督が率先して導入をしたリスペクト・トレーニングだったりと、それなりに改革は進んでいるとは思うんですけど、『そもそもどうしてこんな古くさい企画が通ったんだろう?』みたいな、観る前から戸惑ってしまう作品も少なくないんですよ」

白石「東映さんに関して言うと、やっぱりジャンルムービーの会社だと思うんです。宣伝部も営業部も企画部も、どんなに時代が変わっても、『孤狼の血』のような作品が好きな人が集まっている。逆に、いまっぽい題材を扱った作品の時は、端から見てても困っちゃってる感じもあるんで(笑)。『孤狼の血』みたいな作品は、東映の人たちが働きやすい作品でもあると思うんですよね。だから、作品でやりたいこともクリエイター・ファーストで考えてくれて。『ああしたい』『こうしたい』と言った時に、『監督がそう言うんだったらどうぞ』という部分が、多分、ほかのメジャー系の映画会社の中で一番大きいと思います。そういう意味では、自分にとってとてもやりやすい環境でしたね」

宇野「なるほど。それは『孤狼の血』のような作品だからというのも大きいんでしょうね」

白石「そうかもしれません」

宇野「Vシネも含む、過去の東映作品以外からだと、やはり同時代の韓国のノワール系の作品を参考にするところが大きかった?」

白石「そうですね。そもそも現代の映画というところでいうと、日本では北野武監督の『アウトレイジ』シリーズぐらいしかないですからね。ただ、そうそうたる役者さんたちがみんな『アウトレイジ』に一度は出ちゃってるんで(苦笑)。役者さんの年代は若くしたとして、そこからいかに『アウトレイジ』的なイメージを刷新することが出来るのか?ということは意識しました」

宇野「今回、『アウトレイジ』にも出ている俳優さんって…」

白石「寺島(進)さんぐらいですね」

宇野「言われてみると、よくかぶらないでキャスティングできてますね(笑)」

白石「別に、そこまで無理にかぶらないようにしているわけじゃないんですけど(笑)。前作だと(石橋)蓮司さんが『アウトレイジ』にも出てましたね」

宇野「『孤狼の血 LEVEL2』に出演された役者さんたちのコメントを見てると『声がかかるの待ってました!』みたいなコメントばかりで。というか、そんなコメントを見るまでもなく、みんなスクリーンの中でほかの作品では見せないような活き活きした表情をしていて」

白石「みんな本当はこういう作品をやりたいんですよ」

宇野「これでお客さんもしっかり入ったら、全員が幸せになれる映画ですよね」

白石「1作目の『孤狼の血』を撮って以来、会う役者、会う役者、みんな『広島連れてってください』って言うんですよ。で、『そこまで言うんなら』ってオファーをしたら断られたりして」

宇野「え?どうして?」

白石「刑事の役だと断ってくる人もいるんですよ。『ヤクザじゃないならいいです』って。なんなんだよ、みたいな(笑)」

宇野「(笑)。白石監督としては、いま取り掛かってる『仮面ライダーBLACK SUN』とかも含めて、この先もいろいろなチャレンジが待っていると思うんですけど。現時点で、自分が目指してきた目標に少しずつ近づいている感覚はあるんですか?それとも、やっぱり一作一作って感じですか?」

白石「あくまでも一作一作ですけど、不思議なことに助監督時代や監督をやり始めた頃はあまり好きではなかった――好きじゃなくても観てはいましたけど――マーベル映画のような作品を日本でも作りたいという気持ちになっているんですよ。(仮面)ライダーをやらせてもらうのもそういう気持ちの変化からなんですけど、その先も、できるだけそこにつながるような作品をチョイスするようになっていて」

宇野「それは、エンタテインメント作品ということですか?」

白石「エンタテインメント作品ということでは、これまでも自分はずっとエンタテインメント作品を作ってきたという自覚があるんですけど」

宇野「そうですね」

白石「より客層を広げながら、エンタテインメント作品の中でどれだけ社会性のテーマを入れられることができるかっていう、そういうことを考えるようになりました。マーベルがやってることって、そういうことじゃないですか。いまの日本映画に最も欠けているのは、そういう作品だと思うので」

宇野「わかりやすく言うと、社会派エンタテインメントってことですよね。日本の場合、社会派作品は社会派に寄りすぎちゃう、もっと言うとイデオロギーに寄りすぎちゃうから」

白石「まさに、そういう問題意識です。どうやってエンタテインメントと社会性を両立できるかということにいまは興味があるというか」

宇野「ただ、アクションとかCGとかになると、日本のある程度予算をかけた映画って、逆に予算がかかってるからこそ、ハリウッドとの規模や技術の絶望的な差が露わになってしまうような作品が多いじゃないですか」

白石「多いですよね」

宇野「そのジレンマを乗り越えるアイデアがあるんですか?」

白石「現状、ないですね(笑)。『孤狼の血 LEVEL2』も、最後のカーチェイスのシーンとか、周りからはやめろやめろって言われたんですけど、無理くり入れて。予算もないなかでやってみたんですけど、やっぱり到らないところがいっぱいあって。でも、やってみないことには日本映画の現状がどこにあるのか見えてこないので。きっと今後、NetflixとかAmazonとかで日本の監督が企画をやり始めると、いろいろ変わってくるはずなんですよ。

例えばカーチェイスのシーンで、いままでの日本映画は、そのシーンに1億円かかるとして、それを7000万でやれ、5000万でやれ、とだんだん削減されてきた歴史なわけですけど、Netflixに『じゃあ1億円でやってください』って言われたら、もうなにも言い訳はできないわけで。『ワイルド・スピード』のようなカーチェイス・シーンを普通に日本映画にも求められる時代が、もう目と鼻の先に来ている。そこで『いや、ちょっとどうやって撮るのかわかんないんですけど』みたいなことは通じないわけで。だから、現場で試行錯誤しながら、いろんな情報も入れて準備をしておかないと、日本の実写映画は本当にまずいことになるんじゃないかって思いがあって」

宇野「日本の実写映画がいろいろな岐路に立っているというのは、本当におっしゃる通りで。その一つの実践が、先ほども触れたリスペクト・トレーニングに代表される、撮影現場の勤務環境の改善でもあるわけですよね」

白石「そうですね」

宇野「でも、最初に聞いた時は、それをよりによって暴力だらけの『孤狼の血』シリーズでやるのかって(笑)」

白石「でも、『孤狼の血』みたいなインモラルな映画だからこそ、インパクトあるだろうなってことは考えました。もうね、本当に現場に若いスタッフがいないんですよ。カチンコを叩いているのが30代、40代っていうのが当たり前になってきちゃっているんで。本気で業界全体で改善しないと、作り手がいなくなりますよ。作家は出ても、それを支えるスタッフが全然いないんで。本当に危機的状況だと思います」

宇野「現場を改善するだけじゃなくて、外にアピールするのが重要っていう」

白石「そうです。監督に怒鳴られた助監督さんが病んじゃって業界やめましたとか、いまだに聞きますから。そういう人たちに対してメッセージを発したい。それと、映画業界に入りたいけど、勤務環境の話とかを聞いて、どうしようか悩んでいる若い人たちへのメッセージです」

宇野「でも白石監督自体は、怒鳴られてきたわけですよね?」

白石「怒鳴られてきたし、怒鳴ってきたこともあります」

宇野「自分の世代で、その負の連鎖を止めたい?」

白石「そうですね。ただ、これは監督の性格にもよると思うんです。日本にいるかどうかわからないですけど、(スタンリー・)キューブリックみたいな完璧主義者の人の現場では、そうもいかないこともあるっていうのは理解できるんです。僕はわりと適当というとあれですが、少々気になることがあっても撮影を先に進める性格なんです、そもそもが。だから、そういうことを言いやすいっていうのもあったと思います。それと、ありがたいことにいろんな作品をコンスタントに撮れているっていうことも重要で。これが3年や4年に一本だと、その一本で人生がどう変わるかわからないから、どうしたってできるだけ頑張っちゃう。ただ、そこでの頑張りと、現場のスタッフの生活は別のものなので、そこは変えていかないといけないですよね」

宇野「そういう意味でも、確実に数年おきに現場が再集合できる続編って重要ですね。キャリアがかかってる監督にとっても、生活がかかってるスタッフにとっても。シリーズものがうまくいけば、興業的にも読めるし、前作が一つの規範になっているから、効率的に作れるところもあるだろうし。なので、これからもなんとか『孤狼の血』シリーズを続けていただければと(笑)」

白石「いやあ、頑張りますよ。マーベルだって、ダメな作品もあったけど、それが積み重なって10年経ったらすごいところにいったじゃないですか。『X-MEN』シリーズだって、もう終わっちゃいましたけど、最後は『LOGAN/ローガン』みたいな傑作も生まれる。そうか、ヒュー・ジャックマン、こんなに年をとっちゃって…って(笑)」
宇野「それを松坂桃李さんで見たいですよ」

白石「本当にね。中年になった日岡も、やっぱりおもしろい映画になると思うんです。そういう続編のあり方って日本ではなかなか前例がないけれど、そこに可能性はすごくあるなって。だから、一つずつ成功例を積み上げていくしかないです」

取材・文/宇野維正