芸人としてだけでなく俳優、絵画などその才能は多岐に渡り、映画監督としては“世界のキタノ”と呼ばれ、唯一無二の才能を持つビートたけし。そんな彼の原点であり、師匠である深見千三郎と過ごした日々を綴ったNetflix映画『浅草キッド』(12月9日配信)の場面写真が解禁された。

本作はたけしを敬愛する劇団ひとりが監督と脚本を務め、大泉洋と柳楽優弥を主演に迎えた笑いと涙に溢れた青春映画。昭和の浅草を舞台に、数々の人気芸人を育てた深見(大泉)に弟子入りしたタケシ(柳楽)が、成功を夢見て修行に励む姿を描いていく。

このたび解禁された場面写真では、浅草フランス座の裏口で深見とタケシがまるで互いの夢を語り合っているかのようなエモーショナルなカットや、浅草フランス座の踊り子、千春(門脇麦)とタケシが並ぶカットなど、それぞれの関係性が見て取れるもの。タケシと深見の師弟愛が感じられ、タケシを取り巻く人々がどのように関わっていくのか、期待が高まるものばかりだ。

師匠と弟子の絆、そして“ビートたけし”という天才誕生の秘話を描いた本作。日本中が活気と人情に溢れていた昭和という時代背景もあいまって、笑いとともに熱い感動を与えてくれるだろう。

文/入江奈々