9月に発表され、話題になったアニメ関連のニュースをファンの声とともにおさらい。山田尚子監督の最新作や実写版「聖闘士星矢」のキャスト情報など人気作に関する情報を中心にご紹介する!

■山田尚子×吉田玲子×サイエンスSARUなどの強力布陣で「平家物語」をアニメ化!

鎌倉時代ごろから語り継がれ、その後の文学作品や演劇などに多大な影響を与えてきた軍記物語「平家物語」。2016年に刊行された古川日出男訳を底本にしたテレビアニメ「平家物語」が、2022年1月よりフジテレビ系列「+Ultra」にて放送される。

物語の語り部である琵琶法師として、アニメオリジナルキャラクターの“びわ”が主人公。彼と平清盛とその長男の重盛や、その妹の徳子をはじめとする平家の人々との交流を軸に、時代に翻弄されながらも懸命に生きた人々の群像劇が展開される。監督には「けいおん!」シリーズや『映画 聲の形』(16)、『リズと青い鳥』(18)の山田尚子。シリーズ構成と脚本を吉田玲子が務め、キャラクター原案は漫画家の高野文子が担当し、音楽は牛尾憲輔が担当する。さらに、アニメーション制作は、第78回ヴェネチア国際映画祭に出品された『犬王』(2022年初夏公開)のサイエンスSARUが手がけている。

声優陣には、主人公のびわ役を悠木碧が務めるほか、平清盛を玄田哲章、重盛役に櫻井孝宏、徳子役に早見沙織をキャスティング。さらに、千葉繁や井上喜久子、入野自由、小林由美子、岡本信彦、花江夏樹、村瀬歩、西山宏太朗、檜山修之、木村昴、宮崎遊、水瀬いのり、杉田智和、梶裕貴といった豪華な布陣が集結した。

本作の発表と合わせて、山田監督からのコメントも到着。「確かに生きた人たちの、大切な物語に真摯に向き合いたいと思いました。『平家物語』は宇宙のように果てしない存在だと思っていましたが、とても色鮮やかで、実に情の深い作品でした。どうかみなさまの心に沁みていけますよう。よろしくお願いいたします」と作品への思いを語っている。

■実写ドラマ版「ONE PIECE」のタイトルロゴと第1話仮タイトルが明らかに!

1997年より「週刊少年ジャンプ」にて連載がスタートし、コミックスの累計発行部数は全世界で4億9000万部を突破。9月3日には記念すべきコミックス第100巻が発売された「ONE PIECE」。そんな同作を実写ドラマ化するNetflixシリーズ「ONE PIECE」から、タイトルロゴと第1話の仮タイトルが発表された。

原作者の尾田栄一郎がエグゼクティブ・プロデューサーを務め、「エージェント・オブ・シールド」のマット・オーウェンズが脚本とエグゼクティブ・プロデューサーを、「LOST」のスティーブン・マエダが脚本にショーランナー、エグゼクティブ・プロデューサーを務める本作。実写版ロゴは原作のデザインを踏襲しており、「O」の文字に“麦わらの一味”を表すドクロマークが描かれ、「E」の文字が碇の形になっている。また、ドクロマークの左目下にはルフィと同じ傷があるほか、穴の空いた鼻の部分にもルフィらしき人影を確認できる。そして、第1話の台本の表紙に書かれた仮エピソード名は「ROMANCE DAWN」であり、これは原作第1巻、第1話のタイトル「ROMANCE DAWN ―冒険の夜明け―」とまったく同じものであるようだ。

■『攻殻機動隊 SAC_2045 持続可能戦争』の監督に『新聞記者』の藤井道人

「攻殻機動隊」シリーズの最新作「攻殻機動隊 SAC_2045」が、新シーンを加えて再構成された『攻殻機動隊 SAC_2045 持続可能戦争』として11月12日(金)より2週間限定で劇場公開。監督は『新聞記者』(19)の藤井道人が務めることとなった。

「攻殻機動隊 SAC_2045」はシリーズ初のフル3DCGアニメーション作品。「攻殻機動隊S.A.C.」を手がけてきた神山健治と、「APPLESEED」シリーズで知られる荒牧伸志がダブル監督を務め、Netflixにて2020年4月からシーズン1が全世界で配信開始された。

今回の劇場版は、シーズン1を再構成し全編フルグレーディングを施したもの。引き続きmillennium paradeが主題歌を担当し、「Fly with me」のフルサイズを今回の劇場版のために新たなアトモスミックスを加えている。このニュースと合わせて解禁されたメインビジュアルは、本作のキャラクターデザインを担当するイリヤ・クブシノブが描き下ろし、主人公の草薙素子ら公安9課のメンバーと、新キャラクターの江崎プリン、物語のキーとなる“ポスト・ヒューマン”シマムラタカシが描かれている。

同時に公開された特報では、「2045年」のテロップから始まり、再び結成された公安9課の面々やタチコマ、江崎プリンに加え、スミスから語られる新たな敵“ポスト・ヒューマン”の存在、そして謎に包まれたシマムラタカシの登場などがほのめかされている。

本作について藤井監督は、「オファーをいただいたとき、なにかの間違いじゃないかと驚きましたが、ご縁あってこの歴史あるタイトルの劇場版監督を引き受けることになりました。神山監督と荒牧監督が丹念に作り上げた世界を、畏れ多くも2時間の映画に再構築させていただきました。攻殻機動隊シリーズを観たことがない人でも楽しめる、濃密で見応えのある映画ができました。是非劇場でご覧ください」とコメント。オファーを受けた際の驚きや作品への手応えを明かしている。

■新田真剣佑が実写版「聖闘士星矢」の星矢役に!

累計発行部数3500万部超えの車田正美の人気コミック「聖闘士星矢」をハリウッドで実写映画化した『Knights of the Zodiac』の撮影が完了。キャスト情報も解禁され、新田真剣佑が主人公の星矢役を演じることが明らかになった。

「聖闘士星矢」は1985〜90年にかけて「週刊少年ジャンプ」にて連載され、テレビアニメや舞台、ゲームなどで展開。30年以上にわたって世界中で絶大な人気を誇ってきた。2017年に製作開始が発表された今回の実写版では、幼い頃に生き別れた姉を捜し続ける星矢が、神秘に満ちた女性、沙織と出会うことで自らの運命に直面。小宇宙(コスモ)と呼ばれる力とペガサス聖衣(クロス)と呼ばれる古代ギリシアの鎧を巡り、壮大なアクションが展開していく。

今年の春から活動拠点を海外に移した新田は、『パシフィック・リム:アップライジング』(18)に続く海外作品への出演。「ジュマンジ」シリーズのマディソン・アイズマンや『ジョン・ウィック:パラベラム』(19)のマーク・ダカスコス、『ターミネーター3』(03)のニック・スタール、「X-MEN」シリーズのファムケ・ヤンセン、「ロード・オブ・ザ・リング」シリーズのショーン・ビーンといった実力派俳優たちと共演するようだ。

監督には、Netflixオリジナルシリーズ「ウィッチャー」や「イントゥ・ザ・ナイト」の製作総指揮を務めたトメック・バギンスキー。『10クローバーフィールド・レーン』(16)の共同脚本を担当したジョッシュ・キャンベル&マット・スタッケンが脚本を担当し、『シャン・チー/テン・リングスの伝説』(公開中)のアンディ・チェンがスタント・コーディネーター兼アクション・コーディネーターを務めるとのこと。

このニュースにファンからは、「すごそう!」や「マッケン!星矢!楽しみ!コスモ高めるとこのCGやばそー!」、「原作のストーリーはあまり意識しなくていいと思う」といったコメントがSNSにアップされていた。

このほかでは、京都アニメーション製作の「ヴァイオレット・エヴァーガーデン」が「金曜ロードショー」にて2週連続で放送されることも話題に。10月29日(金)にテレビシリーズの特別編集版、11月5日(金)には劇場公開作『ヴァイオレット・エヴァーガーデン 外伝 −永遠と自動手記人形−』(19)が放送される。

文/サンクレイオ翼