9月後半以降に発表され、話題になったアニメ関連のニュースをファンの声と共におさらい。『映画大好きポンポさん』のBlu-ray発売や「ULTRAMAN」のシーズン2など人気作に関する情報を中心にご紹介する!

■スタジオコロリドの最新作『雨を告げる漂流団地』の配信&劇場公開が決定!

アニメーションスタジオ、スタジオコロリドの最新作『雨を告げる漂流団地』が、2022年にNetflixにて全世界独占配信され、日本全国で劇場公開されることが決定した。特報映像、キービジュアルも解禁となっている。

スタジオコロリドにとって、『ペンギン・ハイウェイ』(18)、『泣きたい私は猫をかぶる』(20)に続く長編アニメ第3弾となる本作。小学6年生で幼なじみの航祐と夏芽は、夏休みのある日、取り壊しの決まった団地で遊んでいると不思議な現象に巻き込まれてしまう。気づくとそこは、辺り一面の大海原。航祐たちは元の世界に戻れるのか?というひと夏の冒険物語が展開される。

監督を務めるのは、長編監督デビュー作『ペンギン・ハイウェイ』で、第42回日本アカデミー賞優秀アニメーション作品賞やファンタジア国際映画祭の今敏賞(ベストアニメーション賞)を受賞した石田祐康。特報映像では、スタジオコロリドの過去作から待望の新作へとステップアップする様子が映しだされ、新作への期待が高まる内容となっている。

このニュースにファンは、「気になる…!」や「『ペンギン・ハイウェイ』も『泣きたい私は猫をかぶる』も大好きです!楽しみ!」、「映画館でもNetflixでも何度も見返したいです!」といった期待を感じさせるコメントがSNSを駆け巡った。

■『映画大好きポンポさん』のBlu-rayが12月に発売

今年の6月に劇場公開されると、SNSを中心に話題となり、大勢のリピーターを動員したアニメーション映画『映画大好きポンポさん』のBlu-rayが、12月3日(金)に発売される(U-NEXTにて独占先行配信中)。

pixivで94万ビューを突破した杉谷庄吾【人間プラモ】の同名マンガを原作にした本作。映画の都“ニャリウッド”で、敏腕映画プロデューサーのポンポさんの製作アシスタントとして働くジーンは、映画を撮ることに憧れながらも卑屈な毎日を送っていた。そんな時、ポンポさんから依頼されて、ある映画の15秒CMを制作することに。その手腕を評価されたジーンは、ポンポさんが次に手がける映画の監督に大抜擢される。伝説の俳優マーティンと、新人女優ナタリーを迎え、波瀾万丈の撮影が始まることに。

Blu-rayは豪華版と通常版の2形態。豪華版アウターケースのデザインを、キャラクターデザインの足立慎吾が描き下ろしたほか、原作者が表紙を描き下ろしたスペシャルブックレットには、劇場入場者特典コミックやスタッフ座談会などが掲載されている。さらに、本編ではカットされたシーンを含む本編編集前の決定稿シナリオブックに加えて、映像特典として平尾隆之監督手描きのコンテ映像も収録されるとのこと。早期購入特典として、劇中に登場した映画のポスターデザインを使用したスペシャルポストカード8枚セットも先着順でプレゼントされるようだ。

■アニメ「ULTRAMAN」のシーズン2が2022年春に配信!

2019年にNetflixにてシーズン1が配信され、“アニメ界のアカデミー賞”として知られる第47回アニー賞にもノミネートされた「ULTRAMAN」。そのシーズン2が2022年春に全世界配信されることになり、本作のティザービジュアルも解禁となった。

ウルトラマンが地球を去ったその後の世界を舞台にした同名コミックを、「攻殻機動隊 S.A.C.」シリーズの神山健治監督と『APPLE SEED アップルシード』(04)の荒牧伸志監督のタッグで映像化した本作。かつてウルトラマンだった男、早田進の息子である高校生の早田進次郎が、新世代のウルトラマンとなるべく奮闘する物語が描かれる。解禁されたティザービジュアルには、早田進次郎を中心に、伝説のウルトラ6兄弟のイメージを継ぐ“6戦士”(ULTRAMAN、SEVEN、ACE、ZOFFY、JACK、TARO)が集結する姿が確認できる。

このニュースには、「この並び熱い!早く観たいです!!」や「かっかっこよすぎる…」、「ごっついのはジャック!?」といったメッセージをSNSで確認でき、ファンからの注目の高さが伝わってくる。

■『竜とそばかすの姫』のMX4D上映が実施中!

7月16日に公開されると、全国映画動員ランキングで3週連続の1位を獲得した細田守監督の最新作『竜とそばかすの姫』。その後も、9月10日には興行収入58.7億円を超え、『バケモノの子』(15)を抜いて細田監督作品として歴代No.1の興行収入を更新。さらに、10月24日まででは興収64.7億円を記録している。

この大ヒットを受けて、10月22日より本作のMX4D上映が実施中。座席が映像に合わせてダイナミックに動くほか、五感を刺激する様々な特殊効果によって没入感が高められるとあって、主人公のすず/ベルの美しい歌声やインターネット仮想世界<U>の世界観にどっぷりと浸れること間違いなしだ。

このほか、3月26日に公開された『ガールズ&パンツァー 最終章 第3話』の4D上映が実施中。全身で体感する激しい戦車戦に観客は熱狂している。

文/サンクレイオ翼