シリーズ待望の新章となる『マトリックス レザレクションズ』の日本公開日が、全米公開(12月22日)に先駆けた12月17日(金)に決定。あわせて、主演のキアヌ・リーブスをはじめとするキャスト陣が『マトリックス』を語る貴重な特別映像が解禁となった。

誰も観たことがない驚異の映像体験で世界中を熱狂させた『マトリックス』(99)。シリーズ全3作品で興行収入255.8億円を記録し、我々の生きるこの世界が実は仮想世界であるという衝撃的な設定と超絶アクション、そして斬新な映像と撮影手法で映像革命を起こしたまさに伝説の作品として語り継がれているが、待望の新章ではその1作目の続編として物語が展開。「マトリックス」シリーズの生みの親でありシリーズ全作品を監督しているラナ・ウォシャウスキーがメガホンをとり、SNS上では既に多くの考察ツイートが投稿されるなど公開へ向け大きな盛り上がりを見せている。

そしてこのたび解禁された特別映像では、リーブスをはじめトリニティー役のキャリー=アン・モス、ナイオビ役のジェイダ・ピンケット・スミスら前作からの続投キャストや、ネオを導くモーフィアス役のヤーヤ・アブドゥル=マティーン2世、ネオの宿敵エージェント・スミス役のジョナサン・グロフなど、新章で初登場するキャスト陣も多く登場。『マトリックス』の印象的なシーンや自身が『マトリックス』と出会った時の感動や衝撃などを語る貴重な姿が収められている。

「『マトリックス』を作ることは、自分を超えた新しい世界への挑戦だった」と当時を振り返るキアヌ。またモスは、本作で人生が大きく変わったことを「一生に一度のチャンスだった」と話し、「『よけてみな(Dodge this.)』があんなに有名になるなんて!」と多くのファンに愛されている劇中のセリフにも言及。キャストそれぞれが興奮気味に『マトリックス』の原点について語っている。

さらに、作品を象徴する印象的な「マトリックス・コード」がデザインされたムビチケ前売券(カード)、およびムビチケ前売券(オンライン))の発売も本日よりスタートする。本作はIMAX、Dolby Cinemaでの上映も早々に決定しており、圧巻のスケールで描かれる新章にさらなる期待が高まる!

文/富塚沙羅