『ジョジョ・ラビット』(19)のトーマシン・マッケンジーと「クイーンズ・ギャンビット」のアニャ・テイラー=ジョイが競演する、鬼才エドガー・ライト監督4年ぶりの最新作『ラストナイト・イン・ソーホー』の日本公開日が12月10日(金)に決定。このたび最新のポスタービジュアル&予告映像が解禁された。

異なる時代のロンドンに存在する2人の若い女性が、ある恐ろしい出来事によってシンクロしていく姿を描く本作。ファッションデザイナーを夢見てロンドンのソーホーにあるデザイン専門学校に入学したエロイーズ。新居のアパートで眠りに就いた彼女は、夢の中で60年代のソーホーにいた。そこで歌手を夢見るサンディに出会い、身体も感覚も彼女とシンクロする。その体験が現実にも影響を与え、充実した毎日を送るようになったエロイーズだったが、ある日夢の中でサンディが殺されるところを目撃してしまい…。

このたび解禁されたポスタービジュアルには、マッケンジー演じるエロイーズとテイラー=ジョイ演じるサンディの2人を中心に、ネオンが妖しく光り輝くソーホーの街がデザイン。またあわせて解禁された予告映像では、新生活への期待を胸にロンドンへやってきたエロイーズが、サンディとの出会いを通して変化していく姿。そしてサンディが殺される現場を目撃したことを機に現れる謎の亡霊によって、精神を蝕まれていく様が60年代を彩る名曲と共に映しだされていく。

先ごろ行われたヴェネチア国際映画祭とトロント国際映画祭で上映され、多くの批評家から大絶賛を獲得。また、第34回東京国際映画祭の「ガラ・セレクション」部門での上映も決まっている本作。果たして、2人の少女を待ち受けるものとは…エドガー・ライトが60年ロンドンとホラー映画への愛を込めて贈るタイムリープ・サイコホラーの到来に、期待はふくらむばかり。

文/久保田 和馬