45年前の今日、1976年10月16日に公開された市川崑監督の『犬神家の一族』(76)を皮切りに、現在の日本映画界にも多大な影響を与えてきた作品・監督を多数輩出してきた角川映画。その45周年企画として、実写・アニメあわせて31作品を一挙劇場公開する「角川映画祭」が11月19日(金)より開催。このたび本映画祭の目玉となる『犬神家の一族』の4Kデジタル修復版の比較映像が解禁された。

『犬神家の一族』4K修復版が上映されるのは本映画祭が世界初。このたび解禁された比較映像では、おなじみの黒背景・白文字明朝体・L型配列のオープニングクレジットはもちろん、事件の舞台となる那須市に降り立つ金田一耕助の姿や黒頭巾を取り白いゴムマスク姿を露わにする佐清(スケキヨ)の姿が、旧HDリマスター版映像と今回新たに作られた4K修復版映像と交互で表示されていき、その違いを一目で確認することができる。

「撮影当時のカメラマンやスタッフと何度も打ち合わせを重ね、フィルムの温かみを残しながらも劇場初公開時の映像を限りなく再現することを目指した」「ぜひ注目してほしいのはキャストの表情の動きやアップの映像。4K技術は映像をただクリアにするのが目的ではなく、キャストの演技がより冴え渡り、観客がスクリーンへ没入する手助けにもなることがきっと本作でわかってもらえると思います」と、修復作業を担当したIMAGICAの技術者たちもその出来栄えに太鼓判を捺すほど。

また、映画祭期間中に行われる舞台挨拶のゲスト情報も併せて発表に。テアトル新宿にて11月20日(土)12時35分から上映される『犬神家の一族』上映後には同作で次女・梅子役を演じた草笛光子が、12月10日(金)18時20分からの『メイン・テーマ』(84)上映後には同作がデビュー作となった野村宏伸が登壇。そしてEJアニメシアター新宿にて11月21日(日)11時からの『幻魔大戦』(83)上映後にはりんたろう監督が、11月28日(日)11時からの『迷宮物語』(86)上映後には大友克洋監督が登壇予定。

舞台挨拶チケットの発売日等詳細は、決まり次第「角川映画祭」公式SNSや劇場ホームページなどで発表されるとのこと。是非ともこの機会に、貴重なトークと共に伝説の角川映画のパワーをスクリーンで体験してほしい。


文/久保田 和馬