スティーブン・スピルバーグのメガホンで再び映画化する傑作ミュージカル『ウエスト・サイド・ストーリー』(12月10日公開)。あらゆる世代から愛される『ウエスト・サイド物語』(61)の60周年を祝い、東山紀之、大竹しのぶら著名人からの期待を込めたコメントが到着した。

60年前の10月18日、「Tonight(トゥナイト)」や「Somewhere(サムウェア)」などの名曲とともに紡がれた『ウエスト・サイド物語』(61)は、当時アメリカだけで約4300万ドル、北米興行収入第1位のヒットを記録、アカデミー賞でも作品賞を含む10部門を受賞し、まさに歴史に名を残す映画となった。“異なる立場を超えて、私たち手を取りあえるのか?”という、いつの時代も不変のこのテーマを軸として、1950年代のニューヨーク、マンハッタンのウエスト・サイドで、夢や成功を追い求める移民たちの、グループ間で繰り広げられる禁断の恋が多くの若者の運命を変えていく様子を描く。

公開に向け、東山紀之、大竹しのぶ、宮本亞門、佐渡裕、小倉智昭、宮野真守、草刈民代ら本作とゆかりのある著名人からコメントが到着している。2004年のジャニーズ事務所の少年隊主演で行われたミュージカルでトニー役を演じた東山は「『ウエスト・サイド・ストーリー』は僕の原点。『ロミオとジュリエット』をモチーフにした物語ですが、分断された世界を描いた数々の名作の叫びが、いまもまだ届かない虚しさ…その矛盾をスピルバーグはこの作品にぶつけたのではないか?久しぶりに待つのが楽しみな映画です」と、いまの時代だからこそ響く本作のテーマへ期待を語っている。

また、1961年版『ウエスト・サイド物語』でマリアの吹替え声優を務めた大竹は「あー、たまらない。あの音楽が、あのダンスが、あのエネルギーが再びよみがえる」と喜びをあらわにし、ブロードウェイ・ミュージカル「ウエスト・サイド・ストーリー」Season1でトニー役を務めた宮野は「スピルバーグ監督によるリメイクとのことで、興奮が抑えられません!」と期待のコメントを寄せている。

ミュージカルや映画など、幾度となく人々に感動を与えてきた物語を、スピルバーグはいかに現代に蘇らせるのか?いまだからこそ響くテーマを是非劇場で実感したい。

<著名人コメント>

●東山紀之

「『ウエスト・サイド・ストーリー』は僕の原点。これが無ければ、日本のエンターテイメントはこうなっていない。映画を何百回も観ましたし、舞台でトニー役を演じた時は本当に難しかったですが、作品のレベルを絶対に守るという製作者たちの姿勢に衝撃を受けました。『ロミオとジュリエット』をモチーフにした物語ですが、分断された世界を描いた数々の名作の叫びが、いまもまだ届かない虚しさ…その矛盾をスピルバーグはこの作品にぶつけたのではないか?彼がこの映画を撮ってくれて嬉しい。久しぶりに待つのが楽しみな映画です」

●大竹しのぶ(女優)

「あー、たまらない。あの音楽が、あのダンスが、あのエネルギーが再びよみがえる。人間は学ぶ者であるけれど、間違いを繰り返す。この美しい映画で、きっとそんなことをいまの人たちへ訴えかけて下さるのでしょう」

●宮本亞門

「私がミュージカルに生涯関わることを決意させてくれたベストワン・ミュージカル!『名作』を超えるのか、はたまた破壊によって、新たな感動を呼ぶのか、 新たな映画『ウエスト・サイド・ストーリー』の公開が、待ち遠しくてたまらない」

●佐渡裕(指揮者)

「1961年に公開された映画は、アメリカのあらゆる分野の天才が集結して作られた私の中のベスト映画。 師バーンスタインが作曲したナンバーは、60年経ったいまも燦然と輝く彼の最高傑作だ。 現代の天才スピルバーグによる本作は、初めて観る者の心も必ずや鷲掴みにすることだろう」

●小倉智昭(タレント)

「61年版『ウエスト・サイド物語』の熱狂的支持者の私を、狂わせてしまったスピルバーグ。60年間の映画制作の進歩以上の作品をスクリーンに展開する。完成度の高い映像と、360度から降り注ぐ音響デザインのバーンスタインのサウンドで『ウエスト・サイド・ストーリー』を堪能して欲しい」

●宮野真守(声優、俳優、歌手)
「『ウエスト・サイド・ストーリー』には、僕も携わらせていただきましたが、本当に大好きな作品です! しかも今回の映画化は、スピルバーグ監督によるリメイクとのことで、興奮が抑えられません!僕も、みなさまと一緒にこの歴史的瞬間を、存分に楽しみたいと思います!」

●草刈民代(女優)
「言葉が存在しないのに、これほどに物語るミュージカルはほかにないのではないか。20世紀の踊りの巨匠ジェローム・ロビンスの作品が、21世紀の映画の巨匠スティーブン・スピルバーグの手によって生まれ変わる」

文/鈴木レイヤ