10月16日・17日の週末映画動員ランキング。首位が入れ替わるなど動きのある結果となった。

■『関ヶ原』に続き、原田眞人監督×岡田准一主演の『燃えよ剣』が1位デビュー!

原田眞人が監督を務め、主演の岡田准一が新選組副長の土方歳三を演じた『燃えよ剣』が、土日2日間で動員15万4000人、興収2億1400万円をあげ初登場1位を獲得。初日から3日間の累計では動員21万人、興収2億8700万円をあげる好スタートをきった。原田監督と岡田のタッグでは、累計興収24億円の前作『関ヶ原』(17)も初登場1位を記録しており(2週連続の1位を達成)、今後の動員にも期待ができそう。

ドゥニ・ヴィルヌーヴ監督の最新作でフランク・ハーバートによるSFベストセラー小説を映画化した『DUNE/デューン 砂の惑星』は、動員9万1000人、興収1億4800万円をあげて5位に。深田恭子主演の『劇場版 ルパンの娘』は6位スタートという結果となった。

■『007/ノー・タイム・トゥ・ダイ』が2位へ。『マスカレード・ナイト』は興収31億円を突破!

既存作品では、2週連続1位だった『007/ノー・タイム・トゥ・ダイ』が、土日2日間で動員12万2000人、興収1億8600万円をあげて2位へ。累計では動員124万人、興収18億円を突破している。4位にランクインした『マスカレード・ナイト』は累計で動員230万人、興収31億円を獲得している。

今週末の公開作品では、ソリッド・シチュエーション・スリラーの先駆けとして、その後のサスペンス映画に影響を与えた『CUBE』(97)の日本版リメイク『CUBE 一度入ったら、最後』や、米国ハズブロ社のアクションフィギュアが原案のアクション「G.I.ジョー」シリーズの最新作『G.I.ジョー:漆黒のスネークアイズ』、ロボットと孤独な少年の友情を描くアニメーション『ロン 僕のポンコツ・ボット』といったタイトルが控えている。

文/サンクレイオ翼