「ヤングマガジン」に連載された柳内大樹の同名青春マンガを、劇団EXILEのメンバーで「TOKYO MER〜走る緊急救命室〜」にも出演した佐藤寛太を主演に迎えて映画化した『軍艦少年』が、12月10日(金)より公開。このたび、佐藤演じる主人公の海星を取り巻くキャスト陣の姿が確認できる場面写真が一挙に解禁された。

本作は、長崎県の軍艦島が見える街で暮らす親子の喪失と再生を描く物語。地元の高校に通う海星は、最愛の母をなくして喧嘩に明け暮れる日々。一方、小さなラーメン屋を営む海星の父・玄海は幼なじみだった妻を亡くしたことで酒に溺れ、父と息子は互いに反目しいがみ合っていた。そんなある日、海星は両親が生まれた軍艦島に2人の大切なものがあることを知り、玄海は妻が祀られた仏壇に、一通の知らない手紙があることに気付く。

このたび解禁されたのは、海星役の佐藤と玄海役の加藤雅也をはじめとした豪華キャスト陣の姿を収めた全部で6枚の場面写真。軍艦島の瓦礫の上に佇む海星の姿や、浜辺で仁王立ちする玄海の姿。大塚寧々演じる病気の母・小百合を介護する玄海のやさしさが垣間見える姿。そして海星の同級生の結役の山口まゆと純也役の濱田龍臣といった若手キャストの姿から、玄海の幼なじみの野母崎巌役の赤井英和や、海星の教師で玄海の同級生だった泉役の清水美沙といったベテラン俳優の姿も。

近年映像作品のロケーションとして脚光を浴びる軍艦島で、世界文化遺産登録後初めて映画撮影を敢行した本作。心の拠り所や魂の救済、そして自身の幸福とはなにかを問いかけ、また大切な家族を失った親子が生きる意味を見出していく珠玉の物語を、是非とも劇場でじっくりと味わってほしい。

文/久保田 和馬